東北乾物・乾麺特集

東北乾物・乾麺特集:後文 手延べパスタで新需要開拓

小麦加工 2020.08.12 12095号 12面

 稲庭うどんの後文は受注急増で、3、4月は前年比15%増という数字をみたものの、5月に入ってからは収まった。また、昨年4月には輸出が伸びたが、今年はキャンセル続きで落ち込んだ。「乾麺が伸びているとはいうものの、低価格帯の商品に需要が集まり、稲庭うどんはそれほど動かない」(佐々木丑弘社長)という。  商品づくりでは今年からそうめん、ひやむぎの原料小麦を見直し、北海道産に替えている。うどんはすでに替えている。従来の国産小麦では難しいとされたつややかな乳白色の麺が4日間の熟成を繰り

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北乾物・乾麺特集

    総合

     ●加工メーカー、原料確保に苦慮 農産・水産乾物は天産物であり、出来不出来はその年の天候に左右される。温暖化の影響で近年は不漁、不作が続いている。産地では生産者が減少していて、相場の上昇に拍車がかかり、加工メーカーは原料 […]

    詳細 >