東北乾物・乾麺特集

東北乾物・乾麺特集:稲庭うどん小川 オイシックスと熱風乾燥麺

小麦加工 2020.08.12 12095号 12面

 稲庭うどん小川は、新型コロナの影響で3月、4月にかけて稲庭うどん小川も首都圏市場中心に前年比3倍の注文が入った。ただ、手延べであり製造に日数がかかるため、徳用タイプは注文の半分程度の対応にとどまった。4月決算だが、前期は売上げ、利益ともに厳しく前年並み。  稲庭うどん業界全体では、高級麺であり、ギフト市場で存在感を示してきたが、法人、個人ともに右肩下がりがくっきりで、百貨店の扱いが大きいメーカーは苦戦している。同社はギフト3割、家庭用7割の売上構成比で、これまで家庭用に比重

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北乾物・乾麺特集

    総合

     ●加工メーカー、原料確保に苦慮 農産・水産乾物は天産物であり、出来不出来はその年の天候に左右される。温暖化の影響で近年は不漁、不作が続いている。産地では生産者が減少していて、相場の上昇に拍車がかかり、加工メーカーは原料 […]

    詳細 >