東北乾物・乾麺特集

東北乾物・乾麺特集:はたけなか製麺・佐藤秀則社長 創業130年・白石温麺の先見据える

小麦加工 2020.08.12 12095号 12面

 白石温麺で知られる東北の有力麺産地・白石市のはたけなか製麺が創業130年を迎えた。初代佐藤善六氏が手延べ温麺を始め、現社長の秀則氏は5代目。大手食品メーカー、量販店勤務の経験を生かした商品づくり、流通対応、組織づくりに手腕を発揮してきた。白石の麺業界は生産量の減少や地元麺業者の経営破たんなどがあってかつての勢いは見られない。失地回復への思い、業界の課題など産地を引っ張る一人として時に舌鋒(ぜっぽう)も鋭い。  ●マーケットありきの時代 有力産地と戦える商品を  大学卒業後、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北乾物・乾麺特集

    総合

     ●加工メーカー、原料確保に苦慮 農産・水産乾物は天産物であり、出来不出来はその年の天候に左右される。温暖化の影響で近年は不漁、不作が続いている。産地では生産者が減少していて、相場の上昇に拍車がかかり、加工メーカーは原料 […]

    詳細 >