乾物・海産物・豆類特集

乾物・海産物・豆類特集:干瓢 国産・中国産とも相場高

農産加工 2021.12.15 12337号 08面

 21年産の栃木県産干瓢は、生産者の高齢化による作付面積の減少や8月の悪天により、生産量は昨年と同等かやや落ち込むことが予想される。
 相場も前年と比べて1kg当たり200~300円程度上昇。生産量も一昨年比では2年連続で2割減少し、原料不足の状況が続いている。このため入札会では高値水準での落札が目立ち、庭先相場でも同様の状況となっている。
 栃木県産干瓢の生産について、お盆前までは天候が良好であったため作柄は良く、順調に生産が

  • 乾物・海産物・豆類特集

    乾物・海産物・豆類特集

    総合

     コロナ禍で家庭料理での実質重視の傾向が強まっている。これまで興味を示さなかった若年層が乾物を手に取る機会が増えている。生活者の買い物頻度が減り、乾物が「保存食」として見直される向きもある。古くからさまざまなシーンで日本 […]

    詳細 >