乾物・海産物・豆類特集

乾物・海産物・豆類特集:道産豆類 PR奏功で回復の兆し

農産加工 2021.12.15 12337号 08面

 2021年産の北海道産豆類は金時のみ収量が平年を下回ったが、軒並み平年作以上となった。昨年のコロナ禍で消費が大幅に落ち込む中、ホクレンは小豆の道産切り替えやポスター・SNSによるPR、和菓子の取りまとめ販売など積極的な消費拡大対策を実施。小豆消費が前年に比べ8万俵増加するなど、回復の兆しが見え始めている。
 主産地の十勝エリアでの生育状況は、8月中旬まで高温干ばつが続き例年より生育が悪かったが、中旬以降からは降雨もあったことで気温が落ち着き回復したこ

  • 乾物・海産物・豆類特集

    乾物・海産物・豆類特集

    総合

     コロナ禍で家庭料理での実質重視の傾向が強まっている。これまで興味を示さなかった若年層が乾物を手に取る機会が増えている。生活者の買い物頻度が減り、乾物が「保存食」として見直される向きもある。古くからさまざまなシーンで日本 […]

    詳細 >