北海道新春特集

北海道新春特集:19年度道内酒類消費数量 清酒69年ぶり低水準に

酒類 2021.01.28 12178号 18面

 札幌国税局がまとめた2019年度の道内酒類消費量は、前年比1.6%増の38万8838klと6年ぶりに増加に転じた。酒類別では、スピリッツ類が同15.8%増の2万0100kl、リキュール類が同11.6%増の12万7766klと、いずれも比較可能な1965年以降で最も多い消費量となった。果実酒類は同1%増の1万6321kl、ウイスキー同5.7%増の8578kl。ビールは同1.2%減の11万0583kl、発泡酒同6.6%減の2万9395kl、焼酎同3.8%減の3万6433kl。清

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 北海道新春特集

    北海道新春特集

    総合

     ●コロナ後の成長戦略へ道筋を 2020年は、新型コロナウイルス感染拡大に明け暮れた。道内のコロナ禍は1月28日の感染確認からほぼ1年が経過する。道独自の緊急事態宣言から始まり、全国を対象にした国の緊急事態宣言発出など、 […]

    詳細 >