野菜・果実飲料特集

野菜・果実飲料特集:長野地区=「地力」にリンゴ不作の影 ニンジン系などで新機軸も

飲料 2022.03.30 12380号 05面

 リンゴやトマト、桃、ブドウなど、多彩な農産物と水資源に恵まれた長野県。高い訴求力を持つ「信州」ブランドの下、野菜・果実飲料は県の食品産業を黎明(れいめい)期からリードしてきた。業容拡大に伴い輸入原料への依存度が高まった現在も、地域メーカーは地域密着の強みを生かした地産・国産原料による高付加価値型アイテムの展開などで、「地力」を示している。
 その足元を支える地産・国産原料だが、異常気象がもはや常態化した中での不作続きや農家の高齢化、後継者不足で生産基

  • 野菜・果実飲料特集

    野菜・果実飲料特集

    飲料

     新型コロナウイルスによる、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の政府からの発出により、定着しつつある在宅での一定程度の勤務。健康志向への関心は、新型コロナウイルスと向き合う上で、消費者の関心事としては大きな比重を占めてい […]

    詳細 >