野菜・果実飲料特集

野菜・果実飲料特集:果実系=ヤクルト本社 親しみ・おいしさ原点回帰

飲料 2022.03.30 12380号 06面

 ヤクルト本社は22年度へ向けて、「ジョア」のパッケージデザインを一新し、同品の原点イメージである「おいしさ」や「親しみやすさ」をより強めて訴求することで巻き返しを図る。「きになる野菜」も昨秋のリニューアルで顔触れを新たに展開し、商品の栄養価値などをわかりやすく伝えていく。機能性表示食品では、10月からアヤムラサキを使った「肝ファイン」をエリア限定で投入し、ネット購入でも反響を得ている。
 21年度は、2月までの累計本数で「きになる野菜」が前年比1.7

  • 野菜・果実飲料特集

    野菜・果実飲料特集

    飲料

     新型コロナウイルスによる、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の政府からの発出により、定着しつつある在宅での一定程度の勤務。健康志向への関心は、新型コロナウイルスと向き合う上で、消費者の関心事としては大きな比重を占めてい […]

    詳細 >