本格焼酎特集

本格焼酎特集:紅乙女酒造 江口寿史コラボボトルでアジア圏販路拡大

酒類 2021.05.10 12225号 07面

 紅乙女酒造は、直近1年間の実績を見ると、家飲み需要の高まりもあり「紅乙女 STANDARD」を中心に紙パック商品が堅調だったという。
 ごま焼酎全体のリブランディングに関しては、全体像イメージは固まっている。実施タイミングは、コロナ禍の動向を見ながら検討する予定。具体的には、「胡麻祥酎 紅乙女」を「紅乙女 SHIRO」へ、長期貯蔵酒の「紅乙女ゴールド」を「紅乙女 GOLD」へと刷新する。既存の「紅乙女 STANDARD」「紅乙女 KURO」と合わせた

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 本格焼酎特集

    本格焼酎特集

    酒類

     日本酒造組合中央会がまとめた20年(1~12月)の本格焼酎課税移出数量は、39万6383klとなり前年の40万9023klと比べ3.1%減だった。減少率は前年同期並みとなっている。原料別で見ると「芋」が17万6803k […]

    詳細 >