本格焼酎特集

本格焼酎特集:雲海酒造 「木挽BLUE」注力 小容量など店頭導入を

酒類 2021.05.10 12225号 06面

 雲海酒造の2020年度の振り返りでは、19年の消費増税による影響が続く中、特に業務用に関してコロナ禍による厳しい状況が続いた。一方、家庭用では、昨年10月以降「オンラインの飲み会」「家飲み需要」への対応として販促に注力。量販店での、「木挽BLUE」飲み方提案の告知活動なども奏功し、パック製品が好調に推移。結果として、同社新年度(2020年10月~)で順調なスタートを切ることができたという。
 飲食店との関係強化につながっているのが、福岡エリアで放映す

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 本格焼酎特集

    本格焼酎特集

    酒類

     日本酒造組合中央会がまとめた20年(1~12月)の本格焼酎課税移出数量は、39万6383klとなり前年の40万9023klと比べ3.1%減だった。減少率は前年同期並みとなっている。原料別で見ると「芋」が17万6803k […]

    詳細 >