日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 卸・商社

    國分晃社長

    国分グループ本社、質の追求を優先 経常益180億円狙う 第10次長計後半3ヵ年(2018.04.09)

     国分グループ本社は第10次長期経営計画(2016~2020年度)の後半3ヵ年予算を明らかにした。売上高は今期に掲げていた中間予算の2兆円を据え置き、経常利益は17年度比87.5%増の180億円を目指す。深刻化する物流コストの高騰や改…

  • 乳肉・油脂

    雪印メグミルク、5月から家庭用チーズ価格改定(2018.04.09)

     雪印メグミルクは5月1日出荷分から家庭用プロセスチーズ(PC)35品、ナチュラルチーズ(NC)24品の価格改定を行う。諸経費の上昇に加え、今月取引分からチーズ向け原料乳価格が引き上がっており、増加分を自社努力で吸収するのが困難となっ…

  • その他

    国連WFP人道支援、日本77億円(2018.04.09)

     日本政府は、国連WFPの人道支援活動に対し約77億円(7225万米ドル、以下すべて米ドル)の拠出を決定した。この支援で国連WFPは、中東・アフリカ・アジア23ヵ国の人々に必要不可欠な食料と栄養を届ける予定だ。

     国連WF…

  • 飲料

    大黒湯の店外

    アサヒビール、ノンアルビール風飲料「ドライゼロ」飲用促進 銭湯でサンプリング(2018.04.09)

     アサヒビールは今春、全国の銭湯でノンアルコールビールテイスト飲料「ドライゼロ」の飲用喚起に乗り出す。全国各地で順次、9万本規模の無料サンプリングを実施。人気の銭湯漫画「テルマエ・ロマエ」とタイアップしたポスターなどを展開し、“風呂上…

  • 水産加工

    日本適合性認定協会、水産エコラベル認定に養殖業も(2018.04.09)

     総合認定機関の日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、日本発の水産エコラベルの認定プログラムに養殖業認証を加えた。5月初旬から申請を受け付ける。すでに漁業認証の認定を1月末から開始しており、漁業・養殖の水産資源全般をカバーする形とな…

  • 調味

    タマノイ酢、FSSC22000認証取得(2018.04.09)

     【関西】タマノイ酢の本社工場は3月8日、国際的な食品安全マネジメント規格である「FSSC22000」の認証を取得した。

     食品安全マネジメントシステムFSSC22000はオランダの食品安全認証団体FFSCが、ISO220…

  • 農産加工

    坂口幸司社長

    坂口製粉所、ISO22000:2005認証取得 道内きな粉メーカーで初(2018.04.09)

     【北海道】きな粉製造大手の坂口製粉所は3月27日、食品安全マネジメントシステムISO22000:2005の認証を取得した。道内きな粉メーカーでは初となる。登録範囲は焙煎、製粉加工品の製造から販売まで。

     坂口製粉所は19…

  • 小麦加工

    入社式訓示 日本製粉・近藤雅之社長(2018.04.09)

     日本製粉の近藤雅之社長は、2日開催の入社式で次の通り訓示(要旨)を述べた。

     経営の要である「ヒト・モノ・カネ」の中でも、最も大切なのは「ヒト」だと考えている。当社の「挑戦する気概」を受け継ぎ、自らの力でグループを改革・…

  • 飲料

    左から春日俊彰、劇団ひとり、ビートたけし、澤部佑

    アサヒ飲料、「ワンダ」新戦略 働く人を前向きに(2018.04.09)

     アサヒ飲料の宮野款マーケティング本部執行役員マーケティング一部長は、「働く人たちへ前向きな気分を提供するブランドでありたい。1997年の誕生以来『ワンダ』ブランドは21周年を迎えた。この18年のブランド戦略は前向きなブランドとしての…

  • 乳肉・油脂

    森永乳業「ビフィズス菌A1」、軽度認知障害の機能改善 人対象に可能性確認(2018.04.09)

     森永乳業は「ビフィズス菌A1(Bifidobacterium breve A1)」が軽度の認知障害の疑いがある人の認知機能を改善する可能性を確認した。

     同菌が100億個入ったカプセルを1日2回摂取することで、16週後と…

  • 卸・商社

    伊藤忠食品、和歌山県と協働し流通向けカタログ発行 地産品の販路拡大(2018.04.09)

     伊藤忠食品は地産全消を目指した取組み「地域産品プロジェクト」における地域連携事業の一環として、和歌山県との協働による流通向けPRカタログ「和歌山の贈り物2018」(写真)を3日、発行した。「和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨制…

  • その他

    真剣なまなざしで入社式に臨む意欲あふれる新入社員(セブン&アイ・ホールディングス)

    18年新入社員へのメッセージ 変化恐れずチャレンジを(2018.04.09)

     1日、2日と相次いだ食品企業、食品関連企業の入社式では、変化を恐れずチャレンジを--などとトップから新入社員へ数々のメッセージが贈られた。それらは、これからの食品界を支える若き力への期待の大きさを物語っている。(伊藤哲朗、海野裕之、…

  • 乳肉・油脂

    日本野菜ソムリエ協会公認ロゴ

    森永乳業「フレッシュモッツァレラ」、「旬の野菜をひき立てるチーズ」に公認(2018.04.09)

     森永乳業の「クラフト フレッシュモッツァレラ」は、このほど日本野菜ソムリエ協会から「旬の野菜をひき立てるチーズ」として公認された。これに合わせて2日、同品のブランドサイトで、野菜ソムリエが考案した同品と旬の野菜が楽しめるオリジナルレ…

  • 小売

    辻晴芳支社長

    イオン、ポイントカード発行開始 新生「御園座」とタイアップ(2018.04.09)

     【中部】イオンマーケティングとイオンリテール東海カンパニーはこのほど、名古屋の老舗劇場「御園座」と連携し、1日からイオンの共通ポイントカード「御園座WAON POINTカード」を発行開始した。

     同カードは、1日に新劇場…

  • 機械・資材・IT

    政府・省庁資料DB化、Webで横断的解析 角川アスキー総研・日本みらい研が政策リサーチ説明会(2018.04.09)

     角川アスキー総合研究所は、昨年度日本みらい研との共同研究・開発商品である国内唯一の政府・官庁関係情報の検索・閲覧・解析サービス「政策リサーチ」を上市した。23日に東京・文京区の文京シビックホール会議室で事業説明会を行う。同サービスは…

  • 機械・資材・IT

    日本包装技術協会、パッケージコンテスト作品を募集(2018.04.09)

     日本包装技術協会(JPI)は5月28日まで、2018日本パッケージコンテスト(第40回)の出品作品を募集している。時代と社会の要請に対応した、生活文化に優れたパッケージやその技術の開発普及に資するのが目的。日本のパッケージ技術の最高…

  • 飲料

    イノベーションセンター

    UCCホールディングス、イノベーションセンターを神戸に新設 発信機能を強化(2018.04.06)

     【関西】UCCホールディングスは2日、「UCCイノベーションセンター」を稼働開始した。同センターは研究開発機能の強化とグループ総合力の最大化するため、神戸本社敷地内に新設。最新テクノロジーを備えた設備で味覚分析・検査や研究開発し、コ…

  • 農産加工

    JA全農、木徳神糧に出資(2018.04.06)

     全国農業協同組合連合会(JA全農)が、大手米穀卸木徳神糧に出資することで3日、合意した。取得株式数は30万株(全株式の3.5%)で、処分価格1株721円、投資額は2億1630万円に上る。取得日の19日以降、JA全農が持ち株比率第4位…

  • 酒類

    ビール大手、関西~九州間で鉄道の共同配送(2018.04.06)

     ビール大手4社は9日から、関西・中国エリアと九州エリア間の社内輸送で、鉄道による共同配送を開始する。ドライバー不足が深刻化する中、物流での協調を一層進め解消を図る。

     これによって4社計で大型トラック2400台分の輸送能…

  • 菓子

    仲尾綾PM(左)とカロリーナ・ステチェンスカ女流1級

    大塚製薬、「考える人に」へ訴求 「カロリーメイト」で外国人女流棋士とスポンサー契約(2018.04.06)

     大塚製薬は、「考える人」に「カロリーメイト」という提案を強化する。体に必要な5大栄養素が手軽に取れるバランス栄養食「カロリーメイト」が「考えること」に対し提供できるベネフィットを、川島隆太東北大学脳科学センター教授との共同研究で得た…