日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    山形光晴執行役員

    キリンビール19年RTD戦略 主要3ブランドで市場けん引 新規ユーザー取込み強化(2019.02.25)

     キリンビールは19年のRTD事業で、主要3ブランド全てで総市場を上回る伸びを目指す。主軸の「氷結」を中心に「キリン・ザ・ストロング」「本搾り」の情報発信を強化し、新規顧客の取り込みを加速する。事業計で前年比8.5%増の6500万ケー…

  • 小麦加工

    「ロカボデリ CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ」(右)と「同リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」

    エースコック、独自の低糖質麺 健康系の新ブランド「ロカボデリ」(2019.02.25)

     エースコックは即席麺に健康系の新ブランド「ロカボデリ」を展開する。同ブランドは同社独自の製麺技術と配合の工夫で中華麺らしい風味と食感を実現した低糖質麺を使用。加えておいしさに信頼性のある人気外食店カレーハウスCoCo壱番屋とリンガー…

  • 菓子

    ユルドゥズHD、ゴディバ一部事業をMBKパートナーズに売却(2019.02.25)

     トルコのイスタンブールに本社を置く、食品製造および小売業を展開するユルドゥズ・ホールディング(HD)は20日、傘下のゴディバ社が行う日本、韓国、オーストラリアなどのゴディバに関する事業を独立系ファンドで日本や東アジアを拠点とするMB…

  • 酒類

    アサヒビール、モーダルシフト加速 新潟に新配送センター(2019.02.25)

     アサヒビールは新潟市内に新たに配送センターを開設し、鉄道コンテナによる物流を強化した。社会的に課題となっているドライバー不足に対応するとともに、物流のモーダルシフトを進めることで環境負荷の低減につなげる狙い。

     これによ…

  • 農産加工

    高村祐輝常務

    ケンミン食品、2月期は過去最高の売上げ 海外戦略にも弾み(2019.02.25)

     拡大するビーフン市場にあって、最大手のケンミン食品は今期(2月期決算)、過去最高売上げの85億円達成が確実となった。創業70周年を迎える20年をめどに、国内外増産体制を整え、海外進出にも弾みを付ける。19日、本社内で開催したマスコミ…

  • その他

    加工品「不検出」が難しい 分別管理見直しも 消費者委・食品表示部会(2019.02.25)

     消費者委員会・食品表示部会は21日に51回目の会合を開き、「遺伝子組換え食品の表示制度」のうち、監視体制、表示に使う文言などについて議論した。現行の任意表示の「不使用」は、DNAが不検出の場合のみに変更となる中で、原材料はごく微量で…

  • その他

    明治HD、価値共創センター設立 食品・医薬品研究融合で独自価値(2019.02.25)

     明治ホールディングス(HD)は、新たな研究所として「価値共創センター」を4月1日、東京都八王子市内の明治イノベーションセンター内に設立すると発表した。食品事業と医薬品事業を持つグループの強みを生かし相互事業分野の研究を融合、発展させ…

  • 小麦加工

    寿がきや食品、6月1日から製品価格値上げ(2019.02.25)

     【中部】寿がきや食品は6月1日出荷分から、「即席袋麺」「即席カップ麺」「生タイプカップ麺」の標準小売価格を3~7.5%値上げする。

     主な商品として、即席袋麺の5食パック(「みそ煮込」「本店の味」「台湾ラーメン」「カレー…

  • 酒類

    アサヒビール、「アサヒ極上〈キレ味〉」発売2週間で2500万本突破(2019.02.25)

     アサヒビールによると「極上〈キレ味〉」の販売数量が、発売から2週間で2500万本を突破した。18日に投下した新しいTVCM「大好評!極上のアタリ」篇では、米倉涼子が好調な販売をPRする。25日からは「大好評!極上の極上」篇の投下を開…

  • 酒類

    左から石田健志部長、黒川雄司部長、中山太郎支社長、平岡敬規本部長、高宮正幸本部長、杉田雅和支社長

    キリングループ中四国エリア19年事業方針 地域密着さらに推進(2019.02.25)

     【中国】キリンビール中四国統括本部、キリンビバレッジ中四国地区本部、メルシャン中四国支社など、中四国エリアで展開するキリングループ各社は18日、広島市中区のキリンビール中四国統括本部で「キリングループ2019年事業方針発表会」を開催…

  • 味噌・醤油

    味噌汁、コーヒーが1台で提供できる新コンセプトサーバー

    コーヒーと味噌汁が1台で ハナマルキとネスレ日本、新サーバー開発(2019.02.25)

     ハナマルキとネスレ日本は共同で、味噌汁やコーヒー、コーンスープなどを1台で提供できる新しいサーバーを開発した。飲食店やレジャー施設、オフィス向けに提案し、各種飲料の販売機会増加を目指す。

     味噌汁とコーヒーの販売強化を狙…

  • 農産加工

    同社のごま製品とすり鉢、すりこぎなどがセットになった「ごますり体験セット」

    真誠、ごますり体験授業の歌とダンス作成 幼児向け食育活動の一環(2019.02.25)

     真誠は、幼児向け食育活動の一環として「ごますり体験授業」を実施している。このほど、体験授業のテーマソング「ごまごますりごま」のミュージックビデオを作成し、15日からYouTubeで公開している。同社はまた、すり鉢とすりこぎなどがセッ…

  • 惣菜・中食

    ファミリーネットワークシステムズ、ほの国百貨店と提携 健康的な冷凍惣菜「わんまいる」提供(2019.02.25)

     ファミリーネットワークシステムズ(FNS)は3月11日から、愛知県の「ほの国百貨店」と提携し、冷凍惣菜の宅配ブランド「わんまいる」の外商利用者向けのカタログ「ほの国わんまいる便」を制作する。さらにFNSが商品の充実や、センター一括運…

  • 小麦加工

    右からリンガーハットの佐々野諸延取締役生産部担当、エースコックの村岡寛社長、壱番屋の葛原守代表取締役副社長、食・楽・健康協会の山田悟代表理事

    エースコック、低糖質カップ麺「ロカボデリ」で健康訴求(2019.02.25)

     エースコックは19日、東京都内で新ブランド「ロカボデリ」の発表会を開催した。同ブランドは同社が独自開発したおいしい低糖質麺を切り口に健康系のカップ麺などを展開していく。村岡寛社長は、「多くの人に低糖質麺のおしいさを実感してもらいたい…

  • 小麦加工

    左から野田武則市長、西条優度店主、松川賢一氏、真田育則支店長

    明星食品、「新華園本店 釜石ラーメン」再発売 東北復興支援(2019.02.25)

     【東北】明星食品は岩手県釜石市にある新華園本店釜石ラーメンのどんぶり型カップ麺「明星 新華園本店 釜石ラーメン」=内容量88g、小売価格218円(税別)を3月4日全国発売する。東北復興支援商品として2015年2月に発売され、再発売の…

  • 酒類

    アサヒビール、「スーパードライ」売上げ一部を富山県に寄付(2019.02.25)

     アサヒビールは15日、「スーパードライ『富山で休もう。』」ラベルの売上げの一部を富山県に寄付した。中瓶1本につき1円で、計10万2000円。「観光振興に貢献すべく発売している限定品。県内の環境保全活動に役立てていただく」(同社)

  • その他

    日本政策金融公庫、豚コレラ患畜・疑似患畜で1府4県に相談窓口(2019.02.25)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)は、豚コレラの患畜や疑似患畜の確認で影響を受けた岐阜県、長野県、愛知県、大阪府、滋賀県内に事業所のある中小企業・小規模事業者を対象に相談窓口を設置している。受け付けている大阪府、滋賀県内の全支店の…

  • 酒類

    嘉納毅人会長

    灘の酒樽製作技術、選択無形民俗文化財への指定を(2019.02.25)

     【関西】国の文化審議会は8日、兵庫県東部の灘五郷の「灘の酒樽製作技術」を「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財(国選択無形民俗文化財)」に指定するよう、文部科学相に答申した。

     同技術は、日本酒を出荷・運搬するため…

  • その他

    嶋屋、優良経営食料品小売店等表彰事業で会長賞(2019.02.25)

     【関西】第28回優良経営食料品小売店等表彰事業(公益財団法人食品等流通合理化促進機構主催、日本政策金融公庫など後援)において18日、サツマイモに特化した商品を提供する店舗を展開する「嶋屋」(大阪市阿倍野区)が、食品等流通合理化促進機…

  • 小麦加工

    昨年のミス揖保乃糸お披露目引継式

    兵庫県手延素麺協同組合、19年度ミス揖保乃糸を募集(2019.02.25)

     【関西】兵庫県手延素麺協同組合は、「19年度ミス揖保乃糸」4人の募集を開始。応募締め切りは4月3日(必着)。「ミス揖保乃糸」には賞状と賞金20万円が贈られる。

     応募資格は「揖保乃糸」を生産している3市2町(姫路市、たつ…