日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • その他

    「グローバルGAP」認証を取得した北原産業ARI(農業研究室)の水耕栽培ハウス

    北原産業、グローバルGAP認証取得 国内No.1の水耕栽培ハウスへ(2017.04.12)

     【関西】設立50周年を迎えた総合食品容器メーカーの北原産業はこのほど、14年7月から参入したアグリ事業の水耕栽培ハウスで、国際基準の農業生産工程管理制度「グローバルGAP」の認証を取得した。西日本の水耕栽培ハウス事業で「グローバルG…

  • 冷凍・チルド

    ニチレイ、CSR基本方針を改定 持続可能な社会へ(2017.04.12)

     ニチレイは1日付でグループのCSR基本方針を改定し、「ニチレイの約束」としてまとめた。グローバル化する業務領域と高まる社会的要請を背景に、持続可能な社会の構築に向けた企業貢献を前面に打ち出した。

     基本方針は前文「ニチレ…

  • 外食

    サガミチェーン、入間・尾西工場でISO22000認証取得(2017.04.12)

     【中部】和食麺処サガミを展開するサガミチェーンはこのほど、同社グループ内「入間工場」(埼玉県入間市)と「尾西工場」(愛知県一宮市)の2工場で、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000の認証を取得した。

  • 冷凍・チルド

    「お弁当始めの日」ロゴマーク

    ニチレイフーズ、「お弁当始めの日」4月10日に(2017.04.12)

     冷食最大手、ニチレイフーズは4月10日を「お弁当始めの日」として日本記念日協会に登録申請し、このほど認定された。同社調べによると、弁当の食卓出現頻度や冷食の弁当カテゴリーの売上げが1年を通じて最も高いのが4月10日前後だという。この…

  • 小麦加工

    入社式訓示 日本製粉・近藤雅之社長(2017.04.12)

     3日開かれた入社式で次の通り訓示(要旨)を述べた。

         *

     皆さんがどのように成長してほしいか、キーワードは「5S」である。(1)SENSE=当社創立時の「進取の気質」を持ってほしい(2)SPEED=…

  • 卸・商社

    深尾由美子社長

    関東食品、前期業績前年並み 営業部・商品部の構造改革進める(2017.04.12)

     集団給食を主体とした業務用食材卸・関東食品の17年3月期業績(速報)は、売上高は前年並みの80億2600万円で着地したと5日、群馬県高崎市のメトロポリタン高崎で開催した「生販会議」(写真)で発表した。

     支店ごとの業績は…

  • 菓子

    アサヒグループ食品、「ミンティアブリーズ」2品リニューアル 広告・販促を強化(2017.04.12)

     アサヒグループ食品は3日、大粒タイプミントタブレット「ミンティアブリーズ〈リフレッシュブルー〉」(写真(右))、「同〈リラックスグリーン〉」(写真(左))をリニューアル発売した。「ミンティア」は錠菓市場、売上個数・金額ナンバーワンブ…

  • 農産加工

    3月のメニュー試食会で三浦理代教授(前列左)と工業会役員

    毎日1杯“きな粉”提案 全国きな粉工業会、女子栄養大と連携(2017.04.12)

     全国きな粉工業会は、女子栄養大学と連携してきな粉の消費拡大を図る。13日に産学連携包括協力に関する協定を締結し、きな粉の持つ栄養価や機能性の研究、商品開発などに連携して取り組み、日本の伝統商材である「きな粉」の価値向上につとめる。<…

  • 水産加工

    極洋の米国子会社、ニューヨークに営業所開設(2017.04.12)

     極洋の米国子会社KYOKUYO AMERICAはこのほど、ニューヨーク(NY)に営業所を開設した。同社はシアトルで水産物の買い付け・輸出入を含めた販売を行っている。NY営業所の開設により、北米東海岸で同社グループが得意とするきめ細か…

  • その他

    被災地復興応援では移動式調理台を用いた参加型の健康・栄養セミナーの開催をサポート

    味の素ファンデーションが公益認定 食通じ社会貢献活動承継(2017.04.12)

     味の素社が昨年設立した一般財団法人味の素ファンデーションが1日、公益財団法人として認定された。食を通じた社会貢献活動やソーシャルビジネスを財団へ移管し、財団へのサポートを通じて世界各国の社会課題の解決に貢献する。

     味の…

  • 惣菜・中食

    日本べんとう振興協会「平成28年度食品微生物検査技士」 受講・合格者過去最高に(2017.04.12)

     日本べんとう振興協会は3月24日、「平成28年度食品微生物検査技士」の1~3級合格者202人を発表した。今回は受講者が446人、合格者202人となり、2005年の制度開始以来過去最高を更新。1級21人、2級78人、3級103人となっ…

  • 乳肉・油脂

    「DBJ環境格付」認定のロゴマーク

    雪印メグミルク、「DBJ環境格付」取得 環境負荷低減経営に評価(2017.04.12)

     雪印メグミルクは3月28日、日本政策投資銀行(DBJ)の「DBJ環境格付」認定を受け、その評価に基づく融資を受けた。地球環境や地域社会における環境負荷低減に向けた取組みなどが評価された。

     同格付は、DBJが開発したスク…

  • その他

    東京工科大学、ライ麦成分の老化抑制効果を発見 「地中海食」有用性を裏付け(2017.04.12)

     東京工科大学は3日、ライ麦などの種子外皮に含まれる成分「アルキルレゾルシノール」が、老化抑制や生命維持に効果があることを発見した、と発表した。今井伸二郎応用生物学部教授の研究グループと、萱嶋泰成山梨学院短期大学植物栄養科准教授らとの…

  • 調味

    ガラス張りのソース工房や物販スペースも備えた店舗(イメージ)

    オタフクソース、初のコンセプトショップ「ベジラビット」 野菜と健康にこだわり(2017.04.12)

     【中国】オタフクオースは28日にオープンする地元流通大手イズミの新型商業施設「LECT(レクト)」に同社として初出店するコンセプトショップ「Vege Love it!(ベジラビット)」の概要を5日、発表した。

     レクト1…

  • 小麦加工

    敷島製パン、「国産小麦の安納いもスイートポテトケーキ」発売(2017.04.12)

     【中部】敷島製パンは1日、「ゆめちから」を使用したシリーズから「国産小麦の安納いもスイートポテトケーキ」(写真、オープン価格)を関東、中部、近畿、中国、四国エリアで新発売した。

     同品は国産小麦の生地に種子島産安納芋のペ…

  • 調味

    ヤマモリ、「そのままうどんつゆ」発売 鯛醤を使用、上品で香り高い味わい(2017.04.12)

     【中部】ヤマモリはこのほど、発売30年以上のロングセラー「そのままつゆ」シリーズから、ストレートタイプのめんつゆ「そのままうどんつゆ」(写真、希望小売価格361円=税込み)を新発売した。

     同社は今回、和食との相性が良く…

  • 菓子

    ロッテ、今年も母の日ガーナ展開 特別デザイン投入(2017.04.12)

     ロッテは、今年も「母の日ガーナ」を展開する。11日、5月14日の母の日に向けて、特別デザインの「ガーナミルクチョコレート」(写真)を発売する。同社が、2001年から実施している「母の日ガーナ」は、「『ガーナミルクチョコ』で日本中のお…

  • 酒類

    メープルとレモンを漬けた酒でつくる「メイプリッチレモンサワー」、右が独自に開発した剣山型スクイーザー

    眞露、20~30代獲得へ多彩なレモンサワー提案 自分でつくる楽しみを(2017.04.12)

     眞露は、20~30代の若年層に向けたレモンサワーの提案として、五つのオリジナルレシピを訴求している。メープルとレモンを漬けた酒にレモンを搾るぜいたくな「メイプリッチレモンサワー」などを6日から、同社ホームページで公開を開始。家飲み時…

  • 農産加工

    スミフルジャパン、「しあわせバナナ」発売 朝テーマに定番刷新(2017.04.12)

     青果物輸入販売会社のスミフルジャパンは5日、定番バナナのブランドをリニューアルし、すっきりとしたおいしさの「朝のしあわせバナナ」(写真)を発売した。これまで「グレイシオ」として販売していたバナナを、新たに「朝」をテーマにしたブランド…

  • 酒類

    売り子によりサーバーから提供される「しぼりたて生原酒」

    日本盛、サーバーで生原酒 甲子園球場で提供(2017.04.12)

     【関西】日本盛(兵庫県西宮市)は7日から阪神甲子園球場(同市)で、同社人気商品「しぼりたて生原酒」の販売を始めた。同日の阪神・巨人戦から、観客席の売り子が蔵元直送の生原酒をサーバーから提供した。売り子が球場でサーバーを使って日本酒を…