日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 飲料

    吉松民雄社長

    CCBJH、変革を加速 経営陣変更など(2019.02.22)

     コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(CCBJH)は19年、復旧と成長に向けた変革を加速させる。カリン・ドラガン・ザ コカ・コーラカンパニー ボトリング・インベストメント・グループ(BIG)プレジデントを3月26日付で新…

  • 乳肉・油脂

    よつ葉乳業、牛乳類など値上げ(2019.02.22)

     【北海道】よつ葉乳業は4月1日納品分から、牛乳類、加工乳、乳飲料、はっ酵乳などの製品価格改定を実施する。メーカー希望小売価格を設定している対象品目で3.2~4.4%、同価格を設定していない品目の出荷価格で3.6~4.1%引き上げる。…

  • 小麦加工

    東洋水産、即席麺を価格改定(2019.02.22)

     東洋水産は19日、即席麺商品の価格改定を発表した。原料費の上昇や包材費、物流費、人件費などの高騰が主な原因としている。値上げ幅は、希望小売価格約5~8%。6月1日出荷分から実施する。

     主な対象商品の新価格(税別)はカッ…

  • 飲料

    小郷三朗社長(左)と齋藤和弘サントリー食品アジア社長

    サントリー食品インターナショナル、世界のBOSSへ 強固な経営基盤確立(2019.02.22)

     サントリー食品インターナショナルは、この19年、売上げ増を着実に利益増につなげる「稼ぐ力の再構築」と多国展開ブランドの育成を図る「次なる成長戦略」を推進し、持続的成長のための強固な経営基盤を作り上げる一年と位置付ける。「次なる成長戦…

  • 冷凍・チルド

    右からマンティンガ社のクレメンサス・アジェンタス会長、ジェーシー・コムサの大河原愛子会長、マンティンガ社のマンタス・アジェンタス副本部長

    ジェーシー・コムサ、冷凍パン市場に本格参入 マンティンガ社と業務提携(2019.02.22)

     ピザの草分け的メーカー、ジェーシー・コムサは15日、バルト3国最大規模の冷凍パンメーカーであるリトアニアのマンティンガ社と、同社製品の日本での独占販売契約を柱とする業務提携を結んだ。EU圏でも高級ホテルなどで採用される品質の高さを訴…

  • 乳肉・油脂

    高田和明社長

    アトリエ・ド・フロマージュ、加工食品卸事業を強化 3本目の柱へ育成(2019.02.22)

     長野県のチーズメーカーであるアトリエ・ド・フロマージュは、チーズを使用した加工食品の卸売事業を強化する。常温流通が可能で加工食品販売ルートに乗せることができる同社初の商品「ノンオイルドレッシング カマンベール」の販売を強化する。高田…

  • 農産加工

    福井智昭社長

    グレイン・エス・ピー福井智昭社長がコメ需要拡大策 「米マッチングフェア2018」(2019.02.22)

     「米マッチングフェア2018」を全国農業再生推進機構とともに主催するグレイン・エス・ピーの福井智昭社長は、コメの需要拡大策について次のように述べた。

     「平成30年度産米から行政による生産数量目標の配分がなくなり、産地と…

  • 水産加工

    ニコニコのり春の新製品 注目3トレンドに対応(2019.02.22)

     【関西】ニコニコのりは春の新製品として、「トレンド商材」「用途訴求」「素材志向」の三つの注目トレンドに対応した4品を3月1日(一部を除く)に発売し、新たな付加価値を提案する。

     トレンド商材として提案するのはモズクスープ…

  • その他

    第37回食品ヒット大賞・第32回新技術・食品開発賞祝賀会 会場彩る個性豊かな32品(2019.02.22)

     「第37回食品ヒット大賞」「第32回新技術・食品開発賞」の贈呈式および祝賀会が15日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ東京で開催され、政官界や食品・流通関連業界から約550人が参加した。両賞の選考委員長が選考経過を報告し、受賞企…

  • 調味

    キユーピー、ドレッシング180ml容器がワールドスター賞受賞(2019.02.22)

     「キユーピー ドレッシング」の180ml容器が、世界包装機構(WPO)主催の「ワールドスターコンテスト2019」のフード部門で「ワールドスター賞」をこのほど受賞した。「軽さ」「開けやすさ」「注ぎやすさ」「分別しやすさ」が評価された。…

  • 外食

    スシローグローバルホールディングス、日本政策投資銀行と食で業務協力協定(2019.02.22)

     スシローグローバルホールディングス(SGH)は18日、日本政策投資銀行(DBJ)と次世代の「食」に関わる産業の構築・育成に貢献することを目的とした共同投資プログラムに関する業務協力協定を締結した。

     両社は同協定に基づき…

  • 水産加工

    合食、加工用水産原料需給ひっ迫で養殖魚取り扱い強化 未利用魚の開拓も(2019.02.22)

     合食の砂川雄一社長は15日、加工用水産原料の需給ひっ迫に備えて、養殖魚の取り扱い強化や新産地・未利用魚の開拓などを進めていく考えを示した。

     昨年の水産加工業は、気候変動や資源管理などの問題を背景に、天然魚の漁獲量が減少…

  • 酒類

    霧島酒造、アカデミー賞祝賀会で今年も本格焼酎採用(2019.02.22)

     【九州】霧島酒造が発売する主要銘柄「黒霧島」=写真、「白霧島」「赤霧島」が、米国・ロサンゼルスで現地時間24日に開催される「第91回アカデミー賞授賞式」後の祝賀会で振る舞われることになった。宮崎県を代表する食材の「宮崎牛」と合わせ、…

  • 水産加工

    合食、和洋女子大と共同開発へ ヘルシースナッキング新パッケージ(2019.02.22)

     合食は、和洋女子大学と共同で、産学連携プロジェクトの一つとして「ヘルシースナッキング」シリーズの新商品パッケージを開発する。2019年秋に販売する予定だ。

     ヘルシースナッキングは、適度に間食を取ることを提唱した新しい食…

  • 水産加工

    なとり、水産つまみに新基軸 春夏新商品第1弾7品を発売(2019.02.22)

     なとりは、つまみにおいて、健康イメージが強い水産素材がトレンドとなっていることに加え、水産系つまみの中で構成比が高い、イカ製品が長期的な不漁によって原料調達が困難になる中、「あなご」や「カキ」など、従来のつまみにはない素材に挑戦し、…

  • 冷凍・チルド

    明治、冷食春夏新商品 リゾット再編を(2019.02.22)

     明治は冷凍食品の今春夏向け新商品5品を2月下旬から順次、全国発売する。加工食品営業本部の河原恒調理食品営業部長は発表の場で、「夏場に弱い品揃えの中で、日本の暑い夏にも手を伸ばしてもらえる商品を提案する。また食機会を広げる新たなチャレ…

  • 菓子

    カルビー、レンジ対応のポテトチップス新提案 数量限定で2品(2019.02.22)

     カルビーは、ポテトチップスで新たな提案をする。電子レンジに対応した耐熱性の包材を使用し、袋に入れたまま電子レンジで温めることができる「レンジdeポテリッチ 濃厚バター醤油味」=写真(右)=を19日から、「同ピザポテト」=同(左)=を…

  • その他

    日本農業経営大学校、卒業生が経営計画発表(2019.02.22)

     農業経営者教育を専門とする国内唯一の教育機関、日本農業経営大学校は14日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで「卒業研究発表会」=写真=を開催した。

     大学を運営するアグリフューチャージャパン(AFJ)の会員をはじめと…

  • 調味

    キッコーマン食品、業務用ステーキしょうゆにトリュフ風味など2品(2019.02.22)

     キッコーマン食品は18日、業務用商品「ステーキしょうゆ トリュフ風味」「ステーキしょうゆ 和山椒風味」の2品=写真=を新発売。新商品は、従来の「ステーキしょうゆ」の肉との相性の最適なブレンド、具だくさんの特徴をそのまま生かし、新たに…

  • 調味

    サンジルシ醸造、甘酢だれなど新商品 リニューアル品も(2019.02.22)

     サンジルシ醸造は27日、「ネイチャースイート甘酢だれ」(1袋=2人前×2入り)をはじめ「ブレンドしょうゆ」(330ml)など、数々の新商品=写真=およびリニューアル商品を発売する。

     「ネイチャースイート甘酢だれ」は、「…