酒類流通の未来を探る

酒類流通の未来を探る:イズミック・盛田宏社長 理念は得意先経営支援

酒類 2019.09.21 11944号 12面

「イズミックマーケットアイ」による独自の切り口提案

「イズミックマーケットアイ」による独自の切り口提案

 リテールサポート(得意先経営支援)を経営理念とするイズミック。今期は前期比1%増の2093億1900万円が目標。同社独自の切り口で情報発信を行う「イズミックマーケットアイ」は運用から1年が経過するなど、「価格競争から付加価値競争へ」に向けた取り組みを着々と実行中だ。中部をはじめとするエリアで存在感を増し続ける同社・盛田宏社長に、酒類業界および同社の現状と今後について話を聞いた。(藤田順也)  ●原点回帰し質向上図る  --改正酒税法後の現状と課題は。  盛田 一昨年6月に施

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酒類流通の未来を探る

    酒類流通の未来を探る

    酒類

     ●消費動向、不透明な一年  初夏の明るい雰囲気の中、「令和」への改元を迎えた19年。酒類業界では、日本酒を中心に改元記念商戦で予想以上のにぎわいをみせた。一方では「試練の年」とも言われる今年。市場環境を年間で考える場合 […]

    詳細 >