包装米飯特集

包装米飯特集:大塚食品 「マンナンごはん」食物繊維摂取など独自価値を訴求

農産加工 2019.09.06 11937号 09面

 大塚食品が展開する「マンナンごはん」は、コンニャク生まれの米粒状加工食品「マンナンヒカリ」と北海道産「ゆめぴりか」をブレンドして、炊き上げたパックご飯。レンジで温めるだけでおいしく食べられる簡便性に加え、糖質やカロリー摂取を抑えつつ、食物繊維が摂取できるなどの特徴が消費者に支持され、需要拡大が続く。自分サイズの食事を提案する「マイサイズ」シリーズの「150kcalマイサイズ マンナンごはん」と合わせ、少子高齢化や共働き世帯の増加による個(孤)食化が進む社会環境へ対応し、さら

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 包装米飯特集

    包装米飯特集

    農産加工

     ◆10年以内に1000億円市場へ  パックご飯を意味する無菌包装米飯市場は、9年連続で増加した。本紙推計の18年度市場規模(出荷ベース)は前年比7%前後増加の691億円と700億円に迫った。数量ベースで見ても、食品需給 […]

    詳細 >