包装米飯特集

包装米飯特集:越後製菓 「日本のごはん」フィルム包装拡大 売上高10億円目指す

農産加工 2019.09.06 11937号 09面

 越後製菓の米飯事業は2日から、新商品「もち麦ごはん」2品を「日本のごはん」と同様のフィルム包装で投入した。国産原料100%と健康機能性を訴求し、消費者ニーズに対応する。「日本のごはん」も早期に単品で10億円の売上高を目指すなどフィルム包装で差別化を図り、今期は無菌米飯で前年比20%増の18億円を計画。中長期的には50億円の事業にまで拡大したい考えだ。  前3月期は、一貫してフィルム包装の「日本のごはん」販売に注力し拡大。従来型の容器入り米飯「越後のごはん」など12品は昨年4

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 包装米飯特集

    包装米飯特集

    農産加工

     越後製菓の米飯事業は2日から、新商品「もち麦ごはん」2品を「日本のごはん」と同様のフィルム包装で投入した。国産原料100%と健康機能性を訴求し、消費者ニーズに対応する。「日本のごはん」も早期に単品で10億円の売上高を目 […]

    詳細 >