包装米飯特集

包装米飯特集:たいまつ食品 「もち麦ごはん」が絶好調 新たな柱に高単価

農産加工 2019.09.06 11937号 08面

 たいまつ食品は、レトルト米飯「餅屋が作った」シリーズに季節限定の新商品を投入した。今後もこだわりのレトルトだからできる高価格帯商品を、季節感を出して投入し新たな柱にしていく考え。今期は全社で前年比5.6%増を計画するなか、米飯類だけで同17.3%増を目指す。  前3月期の米飯は、売上高が同63%増の8億1300万円。うち、おかゆは同87.1%増の4億8000万円、米飯は同277.8%増の3億4000万円。包装米飯売場の拡大で間口が広がったことや、昨年6月に新発売したレトルト

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 包装米飯特集

    包装米飯特集

    農産加工

     ◆10年以内に1000億円市場へ  パックご飯を意味する無菌包装米飯市場は、9年連続で増加した。本紙推計の18年度市場規模(出荷ベース)は前年比7%前後増加の691億円と700億円に迫った。数量ベースで見ても、食品需給 […]

    詳細 >