包装米飯特集

包装米飯特集:JA全農 国産もち麦ごはん、もち麦品種変更で食物繊維量アップ

農産加工 2019.09.06 11937号 08面

 JA全農の「国産もち麦ごはん」は、原料のうるち米はもとより、もち麦もすべて国産を使用した商品だ。今秋に、原料のもち麦を従来の「きらりもち」から「くすもち二条」に変更。1パック(150g)当たりの食物繊維量が、3.3gから3.6gに増加した。  また同時に、くすもち二条の特徴である、大粒かつほのかな黄色の外観で、もち麦の存在感が前面に出た商品に生まれ変わった。  同品は、食品スーパーに代表される一般流通販路を開拓する、マーケットイン発想商品の第1号だ。昨年9月発売以降、徐々に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 包装米飯特集

    包装米飯特集

    農産加工

     ◆10年以内に1000億円市場へ  パックご飯を意味する無菌包装米飯市場は、9年連続で増加した。本紙推計の18年度市場規模(出荷ベース)は前年比7%前後増加の691億円と700億円に迫った。数量ベースで見ても、食品需給 […]

    詳細 >