緑茶特集

緑茶特集:共栄製茶、「京都テクノセンター」が本格稼働 研究開発の拠点に

飲料 2019.07.08 11905号 14面
京都テクノセンターの外観

京都テクノセンターの外観

 共栄製茶は、京都府木津川市に生産と研究開発を行う「京都テクノセンター」を建設し、4月から本格的稼働を始めた。  同社は抹茶の国内、海外販売が好調で、その対応のため既存の「宇治東山工場・宇治久保工場」への設備導入も行ってきたが、将来的な需要増への対応として安全・安定的な生産拠点として「京都テクノセンター」を建設した。  同センターは敷地3万1818平方mで、そこに建設面積3026平方m、鉄骨2層の延べ床面積4657平方mの施設が作られた。土地を入れた総投資額は約21億円。  

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     新茶商戦から今年の緑茶市場がスタートを切った。ただ今年の新茶商戦は天皇即位での10連休期間も重なり、量販店での新茶催事は例年より展開も地味になり売上げも厳しい状況になった。  緑茶市場はドリンクの増加に反して、食生活の […]

    詳細 >