緑茶特集

緑茶特集:伊藤園 健康性訴求で拡大を プレミアムとバリエーションに秋冬最注力

飲料 2019.07.08 11905号 10面
吉田達也リーフブランドグループブランドマネジャー

吉田達也リーフブランドグループブランドマネジャー

お茶の楽しみ方を体験する来場者(「伊藤園健康フォーラム」から)

お茶の楽しみ方を体験する来場者(「伊藤園健康フォーラム」から)

お茶の持つ歴史や文化を伝えることも大切な使命だ(伊藤園健康フォーラムから)

お茶の持つ歴史や文化を伝えることも大切な使命だ(伊藤園健康フォーラムから)

一番摘みのお~いお茶1000

一番摘みのお~いお茶1000

 伊藤園はお茶の「おいしさ」はもちろん、「楽しみ方」や「淹れ方」の提案などを訴求し、緑茶リーフ市場のさらなる拡大に注力している。最需要期となる秋冬期に向け、「高付加価値を提供するプレミアムな緑茶」と「ほうじ茶」や「玄米茶」などのお茶のバリエーションを訴求することで、さらなる成長を目指す。(本吉卓也)  同社によると、18年(1~12月)の量販店チャネルによる日本茶(リーフ)市場は、パック茶などのリーフ製品は前年比5%減(一昨年比では7%減)、ティーバッグ製品は同3%増(一昨年

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 緑茶特集

    緑茶特集

    飲料

     新茶商戦から今年の緑茶市場がスタートを切った。ただ今年の新茶商戦は天皇即位での10連休期間も重なり、量販店での新茶催事は例年より展開も地味になり売上げも厳しい状況になった。  緑茶市場はドリンクの増加に反して、食生活の […]

    詳細 >