JAグループ国産農畜産物商談会

JAグループ国産農畜産物商談会:JAグループ岡山 カキがら活用「里海米」

農産加工 2021.03.05 12196号 10面
「里海米コシヒカリ」

「里海米コシヒカリ」

 JAグループ岡山では、地元瀬戸内海のカキがらを肥料・飼料として有効活用する循環型アグリ事業に取組み、生産者から実需者、消費者までを巻き込んだ「瀬戸内かきがらアグリ推進協議会」を結成。「SDGs」が、産地間競争を生き抜く手だてとなっている。
 カキがらにはカルシウムや良質なタンパク質、天然ミネラルが豊富に含まれるため、この資材を土壌改良材として田んぼに播(ま)くと、コメの収量や品質、食味が向上。「里海米」としてPRに努めている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • JAグループ国産農畜産物商談会

    総合

     全国のJAグループの農畜産物・加工品が一堂に介する「第15回JAグループ国産農畜産物商談会」が、オンラインで31日まで開催中だ。今回、コロナ禍で失われた商談機会を創出するため、初のオンライン開催となり、公式サイトja- […]

    詳細 >