JAグループ国産農畜産物商談会

JAグループ国産農畜産物商談会:JA全農いしかわ 「ひゃくまん穀」をPR

農産加工 2021.03.05 12196号 10面
県外販路を開拓中の「ひゃくまん穀」

県外販路を開拓中の「ひゃくまん穀」

 JA全農いしかわは、同県オリジナル米「ひゃくまん穀」を積極的にPRしている。今秋の22年産でデビュー5周年を迎え、生産面積が前年の1.2倍の1700haで拡大する計画。それに伴い、従来の県内中心から県外販路を開拓中だ。
 家庭用ではふっくら粒が大きく食べ応えがあり、子どもにも好まれることからファミリー層向けキャンペーンなどで販売を盛り上げる。業務用では炊飯後、おいしさが長持ちするメリットを生かし、外食・中食など実需者に向けた営業活動を強化する。加工品

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • JAグループ国産農畜産物商談会

    総合

     全国のJAグループの農畜産物・加工品が一堂に介する「第15回JAグループ国産農畜産物商談会」が、オンラインで31日まで開催中だ。今回、コロナ禍で失われた商談機会を創出するため、初のオンライン開催となり、公式サイトja- […]

    詳細 >