塩特集

塩特集:味食研 業務用需要は安定的 新機軸に健康食品分野

調味 2019.08.19 11926号 07面

 【中部】味食研の前期(19年7月期)売上高は、前期比3%増で着地。伸長要因には、市販用での新規採用が一例として挙げられる。また、売上げの大半を占める業務用では、結晶塩である「ソフト塩」と微粒で付着性に優れる「ハイソフト塩」が堅調であった。  近年は、消費者の間で広がる健康志向の高まりで、家庭での塩の使用量が減少傾向にある。ただその一方で、加工品に関する使用量は増加していることから、木葉裕章社長は「人間にとって塩分摂取は必須。今後も業務用での塩の需要は安定的にある」と話す。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 塩特集

    塩特集

    調味

     【中部】味食研の前期(19年7月期)売上高は、前期比3%増で着地。伸長要因には、市販用での新規採用が一例として挙げられる。また、売上げの大半を占める業務用では、結晶塩である「ソフト塩」と微粒で付着性に優れる「ハイソフト […]

    詳細 >