東海・北陸・静岡流通特集

東海・北陸・静岡流通特集:静岡県有力食品メーカー動向

総合 2019.09.19 11942号 16面

 日本の象徴である富士山の優美な風貌が望める静岡県。東中西の各地域で異なる特色を持つといわれる同県は、年間1億5000万人以上が訪れる全国有数の観光地である一方、農林水産業やものづくり産業といった多彩な産業集積地でもある。温暖な気候と豊かな自然に恵まれ育まれた食文化。少子高齢化や単身者増加などによって、変化が問われる時代の中で、静岡県の食文化を長きにわたり支えてきた食品メーカーが持つ魅力的な商品をあらためて紹介するとともに、現状をどのように捉えているか、話を聞いた。(立川大介

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東海・北陸・静岡流通特集

    東海・北陸・静岡流通特集

    総合

     ●ビジネスモデル、新たに各社模索 キャッシュレス化図る中小  胃袋産業と言われる食品界。戦後成長期から今日までは人口の増加が食数の増加を支えてきた。ある意味、分かりやすい経済成長の時代であった。しかし国内の日本人の人口 […]

    詳細 >