東海・北陸・静岡流通特集

東海・北陸・静岡流通特集:カゴメ、「野菜がとれる丼」販売

調味 2019.09.19 11942号 15面
左端が稲垣慶一名古屋支社長、後列右から4人目が鈴木英敬県知事

左端が稲垣慶一名古屋支社長、後列右から4人目が鈴木英敬県知事

 カゴメは8月26日、三重県・カゴメ包括協定に基づき、同県立白子高校の生徒がプロデュースした「野菜がとれる丼」の発売イベントを県庁で開催した。同校生活創造科3年生、県フードイノベーション課、魚国総本社と協働開発した商品で、同日から29日まで県庁食堂、弁当コーナーで販売された。  同商品は三重県産のコメ、卵、鶏肉やカゴメ冷凍野菜、同菜園グリル野菜などを使用し、「野菜たっぷりつくね丼」「彩り旨辛みそ白髪ネギのせ丼」「ゴロゴロ野菜のドライカレー」「タルタルソースのチキン南蛮丼」など

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東海・北陸・静岡流通特集

    東海・北陸・静岡流通特集

    総合

     ●ビジネスモデル、新たに各社模索 キャッシュレス化図る中小  胃袋産業と言われる食品界。戦後成長期から今日までは人口の増加が食数の増加を支えてきた。ある意味、分かりやすい経済成長の時代であった。しかし国内の日本人の人口 […]

    詳細 >