全国味噌特集

全国味噌特集:プロモーション=広告宣伝、見直し必至 顧客接点増加が成功への鍵

味噌・醤油 2020.09.16 12114号 07面

 リアルなイベントや展示会が中止になり、メーカー各社はプロモーションの見直しを迫られている。店頭でのマネキン販売やチラシ販促が制限される中、消費者とのタッチポイントをいかに増やせるかが成功への鍵と言えそうだ。  マルコメは、「コラボレーション」で顧客との接点を強化する。7月には、内閣府職員食堂で大豆ミートなどを使ったベジメニューを提供。8月にグランスタ東京にオープンしたおむすび専門店「ほんのり屋」の新業態では、味噌汁を販売した。順天堂大学医学部小林弘幸教授監修の即席味噌汁や、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国味噌特集

    全国味噌特集

    味噌・醤油

     新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、味噌・即席味噌汁の市場環境が大きく変化した。自宅での調理機会が増加したことにより、家庭用商品や加工食品向けの味噌の出荷が伸びた一方、外食や事業所給食、宿泊施設向けへの供給は大きな打 […]

    詳細 >