チョコレート特集

チョコレート特集:ロッテ ブランドごとに最適提案

菓子 2021.11.12 12322号 09面

 ロッテの今期上期のチョコレートカテゴリーの実勢は、前年比約2%増と好調に推移している。ブランド別の状況は、「ガーナ」がほぼ前年並みで推移。「クランキー」は、前年比約30%増と大幅伸長を達成。「紗々」も同約3%増と好調に推移。アーモンドチョコなどナッツ系チョコレートも同約3%増と好調。一方、「パイの実」「トッポ」「コアラのマーチ」「乳酸菌ショコラ」は、前年実績を割り込んだ。
 21年秋冬のマーケティング施策は、コロナ禍を経た消費環境を「ブランド志向」「

  • チョコレート特集

    チョコレート特集

    菓子

     全日本菓子協会が公表している2020年のチョコレートの生産数量は、前年比2.1%減の24万3870t、生産金額は3870億円で同2.8%減、小売金額は5470億円で同2.8%減となった。ただ、生産・小売金額の2.8%の […]

    詳細 >