チョコレート特集

チョコレート特集:森永製菓 独自価値磨き上げ強化

菓子 2021.11.12 12322号 10面

 森永製菓のチョコレートカテゴリーの今期上期(21年4~9月)実績は前年を上回って推移した。ブランド別の状況は「カレ・ド・ショコラ」は、前年実績を上回るなど好調に推移。特に9月発売の新商品〈ピスタチオ〉は好調な滑り出しを見せる。「小枝」も前年実績超えと好調。「チョコボール」も好調に推移した。一方、「ダース」、健康系チョコレートの「シールド乳酸菌チョコ」などは、前年実績に届かなかった。
 21年秋冬のチョコレートカテゴリーのマーケティング方針は、主力ブラ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • チョコレート特集

    チョコレート特集

    菓子

     全日本菓子協会が公表している2020年のチョコレートの生産数量は、前年比2.1%減の24万3870t、生産金額は3870億円で同2.8%減、小売金額は5470億円で同2.8%減となった。ただ、生産・小売金額の2.8%の […]

    詳細 >