日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 水産加工

    山忠、2工場でFSSC22000取得(2018.09.24)

     【九州】山忠では8月、本社工場およびリバーパーク犬飼工場の両工場で、FSSC22000を取得した。本社工場では「海藻加工食品の設計・開発及び製造」で、リバーパーク犬飼工場では「海藻加工食品の製造」となっている。

     近年、…

  • その他

    前列左から水口俊介理事、松澤佑次代表理事、下村伊一郎理事、芦谷浩明理事。後列左からアドバイザーの宮下政司氏、坂田利家氏、葛西一貴氏、柳澤幸江氏

    「噛むこと健康研究会」発足 認知拡大目指す(2018.09.24)

     「噛むこと健康研究会」がこのほど発足した。代表理事には、松澤佑次住友病院院長が就いた。同研究会は、かむことの健康についての研究を行いその効果を世の中に広めることを目的とする。かむことは健康に深く関与し、人にとって大切な基本行動である…

  • びん・缶詰

    日本缶詰びん詰レトルト食品協会、逸見賞決まる 今年度は2本(2018.09.24)

     日本缶詰びん詰レトルト食品協会は14日、「平成30年度逸見賞」の選考結果を発表した。缶詰(飲料を含む)などの製造技術の発展に寄与した研究や論文に対して毎年度贈呈するもの。今年度は以下の2本の受賞が決まった。

     ▽「甜菜糖…

  • 外食

    吉野家のおつまみメニューに合うアマゾン直輸入ワインを厳選

    吉野家とアマゾン、100円でワイン提供 利用機会拡大へ協業(2018.09.24)

     吉野家とアマゾンジャパンは18~21の4日間、吉野家有楽町店(東京都千代田区)で共同販促を展開した。「ちょい飲み」需要の取り込みを狙った「吉呑み」メニューに、アマゾンジャパンの直輸入ワイン3品を追加、グラス1杯100円で提供する。ち…

  • 農産加工

    左から角谷武彦CMO、堤口貴子社長、細川モモ代表理事

    まめプラス推進委員会と紀ノ国屋、大豆素材サンドイッチで働く女性をサポート(2018.09.24)

     不二製油グループ本社が代表を務める、まめプラス推進委員会は18日、紀ノ国屋が日本橋高島屋S.C.店に開店する「KINOKUNIYA entree(キノクニヤアントレ)」で限定販売する大豆を挟んだコッペパンサンドイッチ「SOY TIM…

  • 菓子

    バリーカレボージャパン、第4のチョコ「RB1」業務用に販売開始(2018.09.24)

     スイスに本社を置くグローバルチョコレートメーカーであるバリーカレボー社の日本法人バリーカレボージャパンは、ダーク・ミルク・ホワイトに次ぐ、第4のカテゴリーのチョコとして開発したルビーチョコレートの新商品「カレボー ルビーチョコレート…

  • 小売

    ユニー、上質PB「プライムワン」でこだわり原料のコッペパン2品発売(2018.09.24)

     【中部】ユニーは24日、上質とこだわりを提供するプライベートブランド「プライムワン」から、北海道産小麦を使用したしっとり食感が特徴のコッペパン「こだわりの贅沢コッペ」2アイテムを新発売した。

     アイテムは、「小倉&マーガ…

  • 酒類

    小西酒造、秋冬新6商品上市 ラベル刷新アイテムも(2018.09.24)

     【関西】小西酒造は、秋冬新商品として「白雪純米吟醸赤富士180mlカップ詰」「KONISHI 碧冴えの澄みきり 純米180ml紙カップ詰」「摂州男山純米バッグ・イン・ボックス3.0L詰」(業務用)、「白雪純米ひやおろし720ml瓶詰…

  • 酒類

    「アバディア・デ・ポブレ ティント 赤2015」

    国分グループ本社、スペインワイン投入 希少な数量限定品(2018.09.24)

     国分グループ本社はスペイン産ワイン「アバディア・デ・ポブレ」の国内販売権を取得し、10月1日から売り出す。品質を追求した希少性の高いワインで、3アイテムを数量限定で投入する。

     生産者のアバディア・デ・ポブレ社は860年…

  • 菓子

    森永製菓、口どけにこだわったチョコ「emo」限定発売(2018.09.24)

     森永製菓は25日、口どけにこだわったチョコレート「emo〈ショコラ〉」=写真=、「同〈キャラメルホワイト〉」を秋冬の期間限定で新発売する。

     「emo」は、仕事や家事の合間、家でのリラックス時間に、ほんの短い時間で気持ち…

  • その他

    国立健康・栄養研究所、10月13日に一般公開へ(2018.09.24)

     国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所「国立健康・栄養研究所」は10月13日、研究所の一般公開「オープンハウス2018」を開催する。

     食生活相談や体力測定、体組成計測定のほか、所内見学ツアーやパネル展示、健康食品に…

  • 菓子

    「La maison JOUVAUD 京都祇園店ブティック&サロン」店内

    パティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」 南仏スイーツが女性客ら好評(2018.09.24)

     【中部】職人手作りの南仏スイーツが楽しめるパティスリー「La maison JOUVAUD(ラ・メゾン・ジュヴォー)」。井村屋が日本国内のライセンスを契約し、展開している。

     03年に広尾店(東京)を開設すると、16年に…

  • 調味

    コーミ、新容器のチューブタイプソース2品発売(2018.09.24)

     【中部】コーミはこのほど、秋・冬新商品として、新容器の「オイスターソース」と、かけておいしいシリーズから「かけておいしい和風オニオンソース」の2品(写真)を発売した。

     オイスターソースは従来品の瓶容器を、消費者の声から…

  • 惣菜・中食

    カゴメなど4者、地元高校生と惣菜を共同開発、販売(2018.09.24)

     【中部】カゴメ名古屋支店、スーパーサンシ、三重県フードイノベーション課、同県立白子高等学校生活創造科の4者は8月25日、「野菜が美味しく摂れる惣菜」を主テーマに地元食材も含めた惣菜を開発した。その発売を記念するイベント(写真)が同県…

  • その他

    試験に使用したトレハロース

    ブロイラー飼育前期にトレハロース給与で出荷体重が増加 より安全な鶏肉へ 林原、学会で発表(2018.09.24)

     【中国】NAGASEグループの林原は、山梨県畜産酪農技術センターらと共同で、ブロイラーの育成期間に抗菌性物質無添加飼料を用いた際のトレハロース給与が生産性に及ぼす影響について調査した。その結果、トレハロースを与えたヒナの方が、通常の…

  • 水産加工

    田中食品、「鰹だしティーパック」発売 新領域拡大の起爆剤(2018.09.24)

     【中国】ふりかけの田中食品はこのほど、ティーパックタイプの鰹だし製品「鰹だしティーパックタイプ30袋入り」=写真=を新発売した。同社は、ふりかけが主力商品であることから、同商品を起爆剤に新領域の拡大、業容の拡大を目指していく方針だ。…

  • 調味

    アサムラサキ、尾道・瀬戸の味「華雷鍋」 通年楽しむ鍋商材(2018.09.24)

     【中国】アサムラサキは、今春の新商品として発売した辛味もつ鍋の素「華雷鍋」=写真=の販売を強化している。

     同商品は、瀬戸内の海の町である尾道で親しまれている魚介だしに、ゴボウの風味と牛、鶏のうまみを加え、唐辛子の辛味を…

  • 乳肉・油脂

    チチヤス、ふわとろ食感のヨーグルトにミカン 相性もピッタリ爽やか(2018.09.24)

     【中国】チチヤスは、ふわとろ食感のヨーグルトに地元瀬戸内産の温州ミカンを合わせた「瀬戸内みかんヨーグルト」=写真=を17日から期間限定で新発売した。

     同社は、16年3月から「瀬戸内」シリーズを発売し、そのおいしさが高く…

  • その他

    産地と港湾、情報連携へ 海上輸送拠点を強化 農水産物輸出で(2018.09.21)

     農林水産物・食品の輸出促進に向け、産地と港湾の情報連携や冷蔵・冷凍での海上輸送などを拠点強化によって目指す「産地・港湾連携プロジェクト」が始まる。このため、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室、内閣府、農林水産省、国土交通省は、密…

  • 機械・資材・IT

    新容器を手にする(左から)植田滋四国化工機社長、馬城文雄日本製紙社長、大林保仁同社紙パック営業本部長

    日本製紙と四国化工機、新型紙容器充填システム「NSATOM」開発 高粘度飲料に対応(2018.09.21)

     日本製紙と四国化工機は、果汁飲料やスムージーなど固形物・長繊維入りの高粘度飲料に対応した紙容器無菌充填(じゅうてん)システム「NSATOM(エヌエスアトム)」を開発し、19年度から市場投入する。ユニークな形状の口栓付き容器で、従来の…