日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 小麦加工

    『チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子』が好評(2018.11.16)

     【関西】「チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子」=写真=(編者=安藤百福発明記念館)が9月20日、中央公論新社から発売され好評を博している。

     NHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインのモデルとなった、日清食品創業者・…

  • 菓子

    商品情報:島ごころ「瀬戸田レモンケーキ 島ごころ」(2018.11.16)

     ▽発売元(製造者)=(株)島ごころ▽商品名=瀬戸田レモンケーキ 島ごころ 5個入DP=写真=▽JANコード=4580344380021▽品目=菓子▽発売年月日=09年7月▽発売地域=全国、米国ロサンゼルス▽価格=1250円(税込み)…

  • 菓子

    商品情報:八仙「オーガニックゴジベリーカカオ」(2018.11.16)

     ▽発売元(販売者)=(株)八仙▽製造者=(株)平田農園▽商品名=オーガニックゴジベリーカカオ=写真=▽JANコード=4540787000146▽品目=スプレッド類▽発売日=18年7月1日▽発売地域=東京▽価格=1680円(税抜き)▽…

  • 調味

    東洋水産、「おだしのきいたおもちすうぷ」新発売(2018.11.16)

     東洋水産は26日、カップ入り即席スープ「マルちゃん 食べるスープ おだしのきいたおもちすうぷ」(写真)を新発売する。税抜き170円で、全国のCVSやSMなどで販売する。

     「食べるスープ」シリーズは、「カップ1杯 食べて…

  • 小麦加工

    キッチンカーの「マルちゃん 正麺 GO!」を背に、左から東洋水産加工食品部販売促進課の大出篤氏、天野ひろゆき、クラシルの高山彩さん

    東洋水産、「マルちゃん正麺」キッチンカー披露 除幕式でレシピ紹介(2018.11.16)

     東洋水産は、多くの人に袋麺「マルちゃん正麺」のおいしさを多くの人に広める目的で、キッチンカーの「マルちゃん正麺 GO!」を制作した。8日、東京都内で「マルちゃん正麺 GO!」を披露する除幕式を開催した。キッチンカーの活動を通じ、しっ…

  • 外食

    「牛丼の具」個食タイプ

    吉野家、介護食「吉野家のやさしいごはん」シリーズ好評 店舗グッズ貸し出しも(2018.11.16)

     吉野家は、17年春に介護食用の「牛丼の具」を発売。7日に行われた「2018ヤグチ秋季見本市」の介護食コーナーに出展し、「吉野家のやさしいごはん」シリーズを紹介した。高齢者からの「吉野家の牛丼をもう一度食べたい」という要望に応えたもの…

  • 外食

    縞ホッケと赤魚の干物を使用した干物鍋「骨取り干物絶品だしちゃんこ」

    銀座伴助、「干物鍋」の提供開始 魚のうまみたっぷり(2018.11.16)

     ブランド干物の製造・販売を行う福島県の「伴助」と神奈川県内に飲食店16店舗を展開する「若竹」が提携して運営する「高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店」は、業界初の「干物鍋」の提供を10月からスタートした。

     「干物鍋」の…

  • 外食

    プロント、初のキャッシュレス店 20年までに30店舗展開(2018.11.16)

     プロントコーポレーションは8日、「PRONTO」初のキャッシュレス店舗「PRONTO二重橋スクエア店」を東京都千代田区丸の内にオープンした。同店は、キャッシュレスやメニューのスリム化、自動コーヒーマシン導入による店舗スタッフの作業削…

  • 小麦加工

    大人なパン屋「タニ6ベーカリーパネーナ」オープン(2018.11.16)

     【関西】子どもが寝静まってから食べてほしい大人なパンを焼いています--とは、13日にオープンした「タニ6ベーカリーパネーナ」=写真。大阪市内でもグルメ通が夜な夜な飲み歩くとされる「谷6(たにろく)」に開業したパン屋では、朝食や子ども…

  • 卸・商社

    日食協、トラック予約システム普及拡大 荷待ち時間改善へ 来年1月末から(2018.11.14)

     日本加工食品卸協会(日食協)はテスト運用していた卸向け入荷予約システムを再構築し、来年1月末から実用へ乗り出す方針を固めた。クラウド型の業界標準システムとして卸各社へ普及拡大を推進し、業界規模で拠点へのトラック集中の緩和、ドライバー…

  • その他

    ホルヘ・オライアンチリ国貿易振興局(プロチレ)総局長

    チリ国、対日輸出75億米ドル見込む 南米のハブの役割担う(2018.11.14)

     ホルヘ・オライアンチリ国貿易振興局(プロチレ)総局長が8日、東京の目黒雅叙園で行われた食品展示商談会に合わせて来日し、両国の貿易の概況を語った。チリ国は2007年9月にEPAが発効している。12月の環太平洋経済連携協定(TPP)の発…

  • 小売

    三宅香イオン執行役

    イオンと中部電力、余剰電力を店舗に 電力量に応じWAONポイント(2018.11.14)

     【中部】イオンと中部電力は12日、太陽光発電による再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)が終了する世帯向けに、新サービスを提供することで合意した。19年11月開始の同サービスでは、各家庭が太陽光で発電した電気のうち、余剰…

  • 酒類

    アサヒビール、「555mlジョッキ」取扱店3万店へ(2018.11.14)

     アサヒビールが飲食店で展開している「オリジナル東京2020オリンピック555mlジョッキ」の取扱店が、10月末で3万店となり、上方修正した目標の2万店を突破した。新たに目標を当初の4倍となる4万店に再修正する。同社によれば「採用店さ…

  • 飲料

    「スペシャル・T」を前にする早坂由香利部長(左)と自作スイーツを前にする秋本純一氏

    ネスレ日本と福寿園、ほうじ茶の新しい楽しみ方提案 ティーカプセル開発(2018.11.14)

     ネスレ日本と福寿園は15日、人気が高まるティーマシン市場とほうじ茶市場における新しい「お茶」の楽しみ方提案として、ティーカプセル「スペシャル.T チョコほうじ京の匠福寿園」を共同開発し、ネスレ通販オンラインショップと専門店で発売する…

  • 飲料

    笑顔で来店者の注文に応えるA君

    アサヒ飲料、カルピスづくりでコミュニケーション発達支援研究 実践女子大と推進(2018.11.14)

     アサヒ飲料などアサヒグループは15年から実践女子大学生活科学部生活文化学科の長崎勤教授が取り組む「『カルピス』づくりによるコミュニケーション発達支援の研究」の共同研究や支援を行っている。

     「カルピス」をつくる体験は、「…

  • 小売

    川野澄人社長

    ヤオコー、久喜菖蒲店オープン 3月に新旗艦店(2018.11.14)

     ヤオコーは来年3月に新旗艦店となる久喜菖蒲店(埼玉県久喜市)を開店する。川越的場店(同県川越市)での生鮮強化とゾーン構築のコンセプトを発展・進化させたもの。近隣郊外型商業施設の核店舗で、売場面積4138平方m、年商20億円を見込む。…

  • 小麦加工

    日本製粉、家庭用小麦粉・ミックス値上げ(2018.11.14)

     日本製粉は12日、家庭用の小麦粉とミックスの製品価格を19年1月4日出荷分から改定すると発表した。輸入小麦の政府売渡価格が10月1日から引き上げられるとともに、物流費、包材費なども上昇しており、これらの価格変動に対して企業努力だけで…

  • 小麦加工

    個食販売で新たな需要を掘り起こす

    サンヨー食品、「サッポロ一番」4年連続拡大へ みそ50周年プロモ本格化(2018.11.14)

     サンヨー食品の主力の袋麺「サッポロ一番」シリーズが好調だ。即席麺市場で袋麺カテゴリーが苦戦しているものの、同シリーズは安定して売上げを伸ばしている。水上幸重サンヨー食品販売代表取締役社長は「3年前から前年超えを達成しているが、今上期…

  • 農産加工

    「なごみ甘酒」できなこ入り甘酒の新ジャンルに挑戦。女性好みの外観で訴求

    キングフーズ積極展開 ミニパック設備へ投資 FSSC・ISO22000認証取得(2018.11.14)

     家庭用きな粉を主軸に展開するキングフーズ。一昨年10月、みたけ食品工業グループ企業として誕生した。10月に「FSSC22000」と「ISO22000」の認証を取得したほか、来年早々、ニーズの高い分包タイプきな粉に設備投資する。加えて…

  • 酒類

    日本人初の“タップスター”佐藤裕介氏(左)とアサヒビールマーケティング第一部の栗原茉利氏(ビアブルヴァードで)

    アサヒビール、「ウルケル」着実に拡大 日本人初の伝道師認定(2018.11.14)

     アサヒビールが輸入販売するチェコ産ビール「ピルスナーウルケル」の取扱店が着実に広がっている。4月から新設した専任チームが業務用での提案を進めており、現在全国50店で楽しめる。先月には同ブランドの伝道師に位置付けられる「タップスター」…