日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 卸・商社

    久世真也社長

    久世、提案営業力へ進化 顧客の事業展開支援(2017.09.20)

     久世の久世真也社長は、展示会前の記者会見で、「食材卸は前期比3%増、キスコフーズなど食品製造業は同約5%減、農産の久世フレッシュ・ワンは同20%増、水産の旭水産は同5%増。久世フレッシュ・ワンは通期で黒字化のめどがついた。生鮮野菜を…

  • 外食

    昭和レトロ感あふれる店内

    若竹、「川崎酒場」オープン チェーン展開始める(2017.09.20)

     お好み焼、居酒屋など15店舗(神奈川14店舗、東京1店舗)を展開する若竹は、17年5月から昭和レトロ調の大衆居酒屋「○○酒場」のチェーン展開をスタート。「新横酒場」「関内酒場」に続く3店舗目となる「川崎酒場」を19日、川崎駅前の商業…

  • 外食

    フルーツ&シーフードのココナッツカレー鍋

    ぐるなび、17年版トレンド鍋「フルーツ鍋」選出(2017.09.20)

     ぐるなびは、2017年版トレンド鍋に「フルーツ鍋」を選出した。

     今年は東日本で記録的な長雨や冷夏が続き、例年と比べ十分に夏を満喫できなかったことから戻り夏を楽しみたい消費者が多い、西日本では例年より暑い日が続いたため夏…

  • 外食

    「アレフ」がトップに ヴォーカーズ、飲食業界のホワイト度ランキング発表(2017.09.20)

     就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers(ヴォーカーズ)」を運営するヴォーカーズは先ほど「飲食業界『ホワイト度』ランキング」を発表した。

     同ランキングは、「ブラック」のイメージが強く、人手不足が深刻化する飲…

  • 酒類

    左から門田高明アサヒビール北海道統括本部長、濱本伸一郎キリンビール北海道統括本部長、住吉徳文サッポロビール北海道本社副代表、神田和明サントリー酒類北海道支社長

    ビール4社、北海道で共同配送 環境負荷低減、ドライバー不足対処も(2017.09.15)

     【北海道】アサヒビール、キリンビール、サントリービール、サッポロビールの4社は12日、全国初となる共同輸送を北海道でスタートさせた。ビール4社の商品を配送先ごとに仕分けしてコンテナに混載、札幌から釧路・根室方面へ鉄道やトラックで運ぶ…

  • 菓子

    健康と高付加価値訴求は継続強化

    菓子、需要期入り 脱デフレ優等生、新局面か(2017.09.15)

     菓子業界が需要期に入った。天候不順が続くが、気温が東日本を中心に例年を下回り、気温が高いと需要が落ち込む菓子にとって悪くはない商戦入りとなった。一方、景気は回復基調にあるものの実質賃金が低迷を続けており、小売業では「値下げ」が進む中…

  • 農産加工

    小城製粉、ドイツに日本産米粉販社設立(2017.09.15)

     小城製粉は8月、日本産米粉普及を目指す海外現地法人をドイツに設立した。ハンブルク中心部に位置し、本拠地鹿児島から輸出した自社製米粉を、独自技術でパンやスイーツなど最終製品に加工。食品産業やベーカリー・スイーツ専門店などに向け提案営業…

  • 乳肉・油脂

    ボーソー油脂、食用油を値上げ(2017.09.15)

     ボーソー油脂は12日、食用油価格を改定することを発表した。菜種の調達コスト増や仕入れ価格上昇などで採算が大きく圧迫しているためで、10月2日出荷分から業務用斗缶で1缶当たり300円以上、加工用ローリーでkg当たり20円以上本体価格を…

  • 乳肉・油脂

    金森史浩社長

    米久おいしい鶏、最大規模の新養鶏場を竣工 供給能力10%増(2017.09.15)

     伊藤ハム米久ホールディングスで鶏肉生産事業を展開している「米久おいしい鶏」(鳥取県琴浦町)は1日、第1期工事が完成した同社最大規模となる養鶏場「帽子取養鶏団地」(鳥取県琴浦町)の竣工(しゅんこう)式を行った。

     施設内に…

  • 農産加工

    ジェフリー・N・マクニール駐日代表

    カリフォルニア・レーズン協会、16年日本向け過去最高水準 17年も確保(2017.09.15)

     カリフォルニア・レーズン協会のジェフリー・N・マクニール駐日代表は13日、16年の日本のカリフォルニア・レーズンの輸入量について、「この10年で最高の2万8791MT(メトリックt)で17年1~7月でも、前年比16%増で推移している…

  • 農産加工

    たいまつ食品、売上高75億円計画 レトルト米飯に再参入(2017.09.15)

     【新潟・関東】たいまつ食品は17年、売上高で前年比4.2%増の75億円、経常利益2億円を目指す。レトルト米飯市場に再参入するほか、鏡もちのアイテムを大幅リニューアルするなど、商品ラインアップを強化する。「包装もちに加え、おかゆやレト…

  • 外食

    最初のおにぎりを自ら握る藤尾益雄社長

    神明、おにぎり専門店「五穀豊穣米処・穂」オープン 出来たて手作り(2017.09.15)

     神明は13日、出来たての手作りおにぎりを提供する専門店「五穀豊穣米処・穂(みのり)」をオープンした。日本人のソウルフードおにぎりを追求し、ご飯の素晴らしさやおいしさを消費者に伝えるとともに、コメに関する情報発信基地として、さらにはニ…

  • 外食

    謝辞を述べる新井泰道氏

    新井泰道氏の黄綬褒章受章を祝う会開催(2017.09.15)

     全国焼肉協会は11日、東京都文京区の東京ドームホテルで「新井泰道氏の黄綬褒章受章を祝う会」を開催した。全国の有力焼肉店、焼肉関連業者など約500人が出席し、日本の焼肉文化をけん引してきた新井泰道氏(叙々苑・代表取締役会長)の功績と焼…

  • 惣菜・中食

    レシピ付き「時短食材キット」の製造で業界をけん引する

    タイヘイ、カット野菜事業を強化 レシピ付きキット商品好調 次世代成長への軸に(2017.09.15)

     時代のニーズに合わせて食に関する多彩な事業を展開するタイヘイは、カット野菜・カットフルーツなどを扱うフレッシュデリカ事業を強化し、次世代の成長に向けた取り組みを加速させる。事業拡大のキーワードは「時短・簡便性」。長い歴史を持つ自社の…

  • その他

    日本公庫山形など、南陽市のワイン醸造所に連携融資(2017.09.15)

     【東北】日本政策金融公庫(日本公庫)山形支店、米沢支店は山形県南陽市のナチュラルワイン醸造・グレープリパブリックに対して山形銀行、南陽市と連携で融資する。

     対象は醸造施設、内部設備、集荷施設で約1億7000万円。「農業…

  • 水産加工

    大乾、第3回乾海苔入札会を開催 積極的な応札、中上級品人気(2017.09.15)

     【関西】大阪市中央卸売市場内の大乾は7日、今シーズン3回目となる乾海苔入札会を開いた。

     当日の結果は出品個数1022本・417万3410枚、成立個数387本・152万7690枚、金額1964万5042円、平均単価12円…

  • 飲料

    高岡浩三社長兼CEO

    ネスレ日本、抹茶・IoT軸に 顧客の課題解決に注力(2017.09.15)

     ネスレ日本は今秋、「抹茶」ビジネスをさらに加速させる。“抹茶で茶葉を食べよう”をコンセプトに「抹茶」を日常生活に取り入れることでの健康価値提案に取り組む。

     「ネスカフェ ドルチェ グスト」や家庭や職場での「抹茶」による…

  • 機械・資材・IT

    ダスティ・ラッツ米NCR社副社長

    日本NCR、ストア・トランスフォーメーションを提案 新時代実店舗でチェックアウト実現(2017.09.15)

     日本NCRは7日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急で新商品発表会を行った。新時代の実店舗におけるチェックアウトを実現するストア・トランスフォーメーション(ST)を提案した。

     米NCR社のダスティ・ラッツ副社長は「小売業…

  • 機械・資材・IT

    ストアトランスフォーメーションを実現するモバイルショッパー

    日本NCR、「ファストレーン モバイルショッパー」発表 レジ待ち時間短縮(2017.09.15)

     日本NCRは7日、新たなショッピング体験ソリューションとして「NCR Fastlane(ファストレーン)モバイルショッパー」を発表した。これにより、新たな時代の実店舗のあり方を実現するストア・トランスフォーメーション(ST)を提案し…

  • 機械・資材・IT

    日本NCRの最新POSレジ端末RealPOS XR7J

    日本NCR、一体型POSレジ端末の最新モデル「RealPOS XR7J」発表(2017.09.15)

     日本NCRは7日、一体型POSレジ端末「NCR RealPOS XR7J」を発表した。タブレット端末が持つデザイン・操作性とPOSレジに必要とされる拡張性・堅固さを併せ持った次世代のPOSレジ端末だ。

     ベゼルレスのタッ…