日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    アサヒGHD、福岡・大分に義援金を寄付(2017.07.19)

     アサヒグループホールディングス(GHD)は12日、九州北部で発生した豪雨の被災地を支援するため、福岡県に1000万円、大分県に500万円の義援金を寄付した。「今後、各自治体や避難所、ボランティアセンターと連携し、『おいしい水 六甲 …

  • 味噌・醤油

    甘酒や大豆粉など多彩に展開するマルコメの秋冬商戦

    マルコメ、17年秋冬新商品発表会を開催 「発酵健美」テーマに展開(2017.07.19)

     【長野】マルコメは10日、東京都内のホテルで8月下旬に発売する秋冬新商品の発表会を開いた。

     「発酵健美」をテーマに、甘酒などの好調が続く「プラス糀」や大豆肉・粉の「ダイズラボ」、減塩味噌やメニュー用調味料などを展開する…

  • 調味

    20周年を機に改定するキムチチゲ用スープ2品

    モランボン、20周年を機にチゲ用スープを改定 うまみ追求(2017.07.19)

     モランボンは20日、精肉売場向け商品の「マイルドキムチチゲ用スープ中辛」「濃厚キムチチゲ用スープ辛口」を改定販売する。ストレートタイプの両品は同社発売20周年を迎える。

     1997年の発売以来、焼肉に次ぐ第2の韓国メニュ…

  • 調味

    だしを味わうそばつゆ6 袋

    シマヤ、秋の新製品4品発売 だし味わう粉末つゆなど(2017.07.19)

     【関西】シマヤは秋の新製品として、だしにこだわった粉末つゆの素やレトルト雑炊の新アイテムなど、計4品を9月1日に発売する。

     「だしを味わう粉末つゆの素」シリーズは同社が長年培ってきただしのノウハウを生かし、和食の基本と…

  • 菓子

    丸大堀内、B-1グランプリ公認の「コーンスナック十和田バラ焼き味」発売(2017.07.19)

     【東北】トモシアグループの丸大堀内(青森市)は湖池屋と共同開発したB-1グランプリ公認商品「コーンスナック十和田バラ焼き味」(写真)を8月1日から新発売する。

     バラ焼きは2014年の郡山開催でグランプリを受賞、甘辛い醤…

  • 冷凍・チルド

    ナンのピザスパイシーカレー

    ジェーシー・コムサ、夏限定「ナンのピザ スパイシーカレー」を発売(2017.07.19)

     家庭用「ナン」を製造・販売するジェーシー・コムサは、デルソーレブランド夏季新商品「ナンのピザ スパイシーカレー」=写真=を7月1日~8月31日の期間限定で販売している。

     日経POSデータで8年連続ナンバーワンの同社商品…

  • 農産加工

    ねば~る君と左から武子直輝、花村想太、井澤勇貴

    avex納豆部と茨城マルシェ、納豆の日にコラボ 納豆メニュー3品を披露(2017.07.19)

     avex納豆部と茨城マルシェはコラボ企画として7月10日の「納豆の日」に、東京・銀座の茨城マルシェで納豆部員の3人が考案した納豆メニュー3品を発表した。3品は31日までマルシェで提供する。3人は4日、「納豆盛り上げ大使」に任命された…

  • 菓子

    種清、「菓楽」ブランドの新商品9品を発表(2017.07.19)

     【中部】種清の独自ブランド「菓楽(かぐら)」の新商品9品が5日開催の同社見本市で発表され、多くの来場者が関心を寄せていた。

     主な商品は、「黒大豆のチョコレート」(22g、150円)=写真=は女性の間食シーンに提案。女性…

  • 卸・商社

    広瀬弘幸社長

    種清、三重・尾張に物流センター開設を検討(2017.07.19)

     【中部】種清は5~6日、恒例の秋季見本市を名古屋市港区のポートメッセなごやで開催した。広瀬弘幸社長から前期決算、今期方針などが話され、前期決算は得意先CVSの再編に伴う減少が大きく減収減益となったが、今期から新規獲得、既存先の帳合増…

  • 卸・商社

    イズミック、岡イズミックを吸収合併 経営資源を集中(2017.07.19)

     【中部】イズミックは7月1日、100%出資子会社の岡イズミック(本社広島県廿日市市、竹原末治社長)を吸収合併した。

     国内の酒類・食品流通市場を取り巻く環境が大きく変化する中、「吸収合併を図ることで経営資源を集中し、当エ…

  • 農産加工

    「井村屋フーズ七根工場」(愛知県豊橋市)

    井村屋フーズ、粉末小豆「アズキ薫るパウダーFU73」新発売 沈降しにくく溶解使用に最適(2017.07.19)

     【中部】井村屋グループで、調味料事業やOEM事業などのBtoBビジネスを担う「井村屋フーズ」は今年5月、乾燥あんにはない小豆(アズキ)特有の香りを高く保持し、各種商品への溶解使用に適した「沈降しにくい」商品設計を実現した粉末小豆「ア…

  • 小売

    マックスバリュ東海、地域密着経営推進の一環で4アイテムを発売(2017.07.19)

     【中部】マックスバリュ(MV)東海は、地域密着経営推進を掲げ、各地域における地元食材を使用した商品を積極的に導入している。その取組みの一環として、このほど、4アイテムを発売した。発売商品は以下の通り。

     ▽「牧之原産 粉…

  • 味噌・醤油

    サンジルシ醸造、グルテンフリー商品など新商品を発売(2017.07.19)

     【中部】サンジルシ醸造は8月28日、「塩ひかえめ料亭赤だし」(750g・袋入り)=写真(右)=をはじめ、「グルテンフリーぽん酢」(300ml)=写真(中)、「グルテンフリー和風ブロススープ」(3食入り)=写真(左)=の新商品と、リニ…

  • 小売

    ファミリーマート、次世代POSレジを導入(2017.07.19)

     ファミリーマートはPOSレジを約11年ぶりに全面刷新する。7月末からより作業を効率化した「次世代POSレジ」を順次導入し、18年2月末までに導入を完了する計画。新POSレジは操作するレジボタンを約3割削減し、年齢性別ボタンの廃止や公…

  • 小売

    ローソン、オフィス設置型コンビニにセルフレジを導入(2017.07.19)

     ローソンはオフィス内で菓子やカップ麺などをセルフ販売する設置型オフィス内コンビニ「プチローソン」に交通系電子マネー専用セルフレジを導入し、東京23区内で先行運用する。昨年5月からオフィスコンビニを都内6企業で実験してきたが、非現金化…

  • 小売

    薬王堂、店内作業の効率化へ 発注・補充・物流を改革(2017.07.19)

     東北地区のドラッグストアチェーン、薬王堂は、人手不足を背景にした人件費増加、接客サービス充実対策として新自動発注システム、店内商品補充作業の外部委託、物流の集約・再構築に取り組む。

     新自動発注システムは6月から導入。欠…

  • 酒類

    17年上半期ビール類課税移出数量、5年連続で過去最低を更新(2017.07.14)

     ビール大手5社が12日発表した17年上半期(1~6月)の課税移出数量は、5社のビール類計で前年比1.3%減の1億9025万ケース(大瓶換算)と、上期としては5年連続で過去最低を更新した。長年の減少基調に加えて、6月1日施行の改正酒税…

  • その他

    平成29年九州豪雨のお見舞い 日本食糧新聞社(2017.07.14)

     このたびの九州豪雨で大きな被害を受けられた食品関連産業・流通業の皆さまに心からお見舞い申し上げます。一日も早い被災地の復興をお祈り致します。

     日本食糧新聞社

  • 卸・商社

    フェア会場内でGC型イートインの実際のモデルを再現

    三菱食品、GC型イートインを提案 SMリアル店舗の強みに(2017.07.14)

     三菱食品は食品スーパー(SM)向けに、グローサラント(グロサリーとレストランを掛け合わせた造語、GC)型イートインのパッケージ提案を始める。店内の食材や調理設備などの既存リソースを活用しながら、SMのイートインスペースにレストラン並…

  • 飲料

    品田英明社長

    味の素AGF、第2の創業スタート 「ジャパニーズコーヒー」の発売目指す(2017.07.14)

     味の素AGF(AGF)は、1日から新たな社名で第二の創業のスタートを切った。従来の3本部体制から2本部体制へと組織を大幅に変更し、意思決定のシンプル化と迅速化を図っている。加えて、AGF Shared Value(AGFの事業活動を…