日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 外食

    なか卯、特製キムチ使用のうどん・定食発売 8月まで(2018.07.13)

     なか卯が展開する丼と京風うどんの「なか卯」では12日、“なか卯特製キムチ”の使用で暑い夏にぴったりの「冷やし豚しゃぶキムチ担々うどん」(写真(上))、「豚キムチ定食」(同(下))を新発売した。全460店舗で、8月下旬までの期間限定販…

  • 乳肉・油脂

    「小麦ブラン三元豚」のロゴ

    スターゼン、高質カナダ産ポーク「小麦のブラン三元豚」発売(2018.07.13)

     スターゼンは、カナダの大手パッカーであるオリメル社と共同開発したカナダ産ブランドポーク「小麦のブラン三元豚」を7月に新発売した。近年人気の高まる高品質な輸入ブランド肉の販売強化の一環として、「おいしさ」と「安心」を追求し開発した。<…

  • 乳肉・油脂

    スターゼン、本格レンジアップ品「麦黒牛ハンバーグ」発売(2018.07.13)

     スターゼンは、同社オリジナルブランドビーフ「麦黒牛」を使用した本格的なレンジアップ商品「麦黒牛ハンバーグ」(写真)を6月中旬に発売した。

     「麦黒牛ハンバーグ」は核家族化、共働き世帯の増加などに伴い、需要が高まっている惣…

  • 酒類

    サッポロビール、イタリア酒ベースのRTD発売 今秋限定2品(2018.07.13)

     サッポロビールは、イタリアの酒をベースに開発した甘さとほろ苦さが特徴のRTD「リモンチェッロイタリアンレモンサワー」(写真(左))と「アランチェッロイタリアンブラッドオレンジサワー」(同(右))を、9月11日から数量限定発売する。<…

  • 乳肉・油脂

    業務用(6本入り)(左)と家庭用(2本入り)

    マリンフード、外食で新チーズメニュー創造 「クッキングモッツァレラ」で(2018.07.13)

     【関西】モッツァレラチーズの串カツや天ぷらなど、従来の概念を超えた外食メニューが続々誕生している。仕掛けは多様な業務用チーズを手がけるマリンフードで、今春、新発売した「私のクッキングモッツァレラ」の応用メニューだ。同品は、先行発売し…

  • 小売

    KIPS近商カード

    近商ストア、電子マネーサービス開始 ポイントカード発行 10月下旬から(2018.07.13)

     【関西】近商ストアおよび近鉄グループホールディングスは、18年10月下旬からスーパーマーケットKINSHOおよび食品専門館ハーベスの各店で利用できる、電子マネー機能を付加した近鉄グループのポイントカード「KIPS近商カード」を発行し…

  • 卸・商社

    国分中部・トーカン、経営統合へ協議 来春、持ち株会社も(2018.07.11)

     国分グループ本社とグループの中部エリアを担う国分中部、有力地域卸のトーカンは9日、国分中部とトーカンの経営統合に向けた協議を開始すると発表した。具体的な内容は今後3社で詰めていくが、来春に統合2社の株式移転による共同持ち株会社の設立…

  • その他

    「気候変動イニシアティブ」の設立メンバー

    「気候変動イニシアティブ」設立 脱炭素社会目指す(2018.07.11)

     日本国内でも中央政府以外の企業、自治体、NGOなどの団体が参加して脱炭素社会を目指す取組みが始まった。「気候変動イニシアティブ」は6日、東京・内幸町のプレスセンタービルで設立記者会見を行った。

     イニシアティブは再生エネ…

  • その他

    押し流され、倒壊する家屋(写真は広島市安佐北区口田南地区=7日撮影)

    西日本豪雨、被害は甚大 断水・停電、道路寸断 農林水産被害25億円以上(2018.07.11)

     九州北部、四国、中国、近畿、東海地方の多くで6月28日~7月8日、24時間・48時間・72時間の降水量が観測記録を更新する大雨となった西日本豪雨(平成30年7月豪雨)は、河川の増水・氾濫・浸水、土砂崩れなどで甚大な被害をもたらした。…

  • 小売

    西日本豪雨:流通各社、募金活動を展開(2018.07.11)

     西日本豪雨を受け、被災地にも店舗を展開するナショナルチェーンは支援物資の送付や義援金の募金活動などを展開している。

     セブン&アイ・ホールディングスは、被害が明らかになった6日夜から被災地へ支援物資の送付を開始。8日には…

  • 小売

    西日本豪雨:トーホー、C&C全店は9日から通常営業(2018.07.11)

     【関西】トーホーは、交通規制など物流の混乱から業務用食品卸事業で配送に遅れが生じている。「A-プライス」では岡山から北九州での店舗で、休業や時間短縮での営業となった。7日は2店舗休業したが、9日には全店で通常営業。社内では新卒採用面…

  • その他

    西日本豪雨:日本公庫大阪支店、農林漁業者向け相談窓口を設置(2018.07.11)

     【関西】日本政策金融公庫大阪支店農林水産事業は9日付で、「平成30年台風第7号及び梅雨前線による6月28日からの大雨により被害を受けられた農林漁業者等の皆さまの相談窓口」を設置した。問い合わせ先は日本公庫大阪支店農林水産事業、電話0…

  • その他

    お見舞い 日本食糧新聞社(2018.07.11)

     西日本を中心とした記録的な豪雨による河川の増水・氾濫・浸水、土砂崩れなどで甚大な被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。早期の復旧をお祈りいたします。

     日本食糧新聞社

  • 菓子

    牛膓栄一社長

    ロッテ、中期ビジョン発表 売上高5000億円目標 海外事業など拡大(2018.07.11)

     ロッテは中期ビジョンとして、売上高5000億円、営業利益500億円、海外売上高構成比15%以上を数値目標に掲げ、達成のための具体戦略(1)マーケティング力の強化(2)海外事業の拡大推進(3)社会的価値の向上--に注力する。また、上場…

  • その他

    インバウンド消費をとらえた新たな需要創出が注目される

    農水省、国産食材消費拡大へ オリジナル飲料自販機の活用で(2018.07.11)

     農林水産省はインバウンド消費を国産食材の消費拡大につなげようと、飲料自販機の活用に向けて本格的に動き始めた。国産食材のみを使用したオリジナルの飲料自動販売機を開発、全国の空港・駅、大規模商業施設での設置拡大を目指し、提携先を募ってい…

  • その他

    管理栄養士がだしの取り方を丁寧に分かりやすく説明

    農水省「Let's! 和ごはんプロジェクト」開始 和食を身近・手軽に(2018.07.11)

     和食は「健康的」「栄養バランスがよい」といったプラスのイメージが持たれている一方で、「手間がかかる、面倒」と敬遠されがちだ。日本の食文化を継承していくためには、子どもたちの食経験が重要だが、女性の就業率は年々伸びていて、「和食を家庭…

  • 調味

    長南収社長

    キユーピー、下期は各事業で強化策 中計最終年度最高業績へ(2018.07.11)

     キユーピーは6日、来期の創業100周年と新中計始動へ向け、今下期、グループでの強化施策を各事業で加速、過去最高業績での着地を図る方針を示した。上期、最高業績での折り返し(後日詳細)となった同社だが、下期も売上総利益率の改善などを推進…

  • 酒類

    フィオナ・ヒスロップ大臣

    スコットランド・ヒスロップ大臣訪日 クラフトジンの魅力語る(2018.07.11)

     スコットランド政府文化・観光・対外関係大臣のフィオナ・ヒスロップ氏が4日、東京・日本橋人形町のグローバル・ジントニック・ギャラリー水天宮前店を訪れ、「ハリス島で作られるハリスジンは、海藻を使用したボタニカルジンでピンクグレープフルー…

  • 調味

    キユーピー、主力ドレッシングを刷新 風味や食感向上(2018.07.11)

     キユーピーは8月3日から、ドレッシングの主力商品「シーザーサラダドレッシング」と「すりおろしオニオンドレッシング」(写真)をリニューアルする。使い切り・持ち運びニーズに対応したスティックタイプや、独自開発した使いやすく環境にも配慮し…

  • 乳肉・油脂

    雪印メグミルク、磯分内工場の新棟建設で地鎮祭(2018.07.11)

     雪印メグミルクは6月29日、磯分内工場(北海道標茶町)内のバター製造新棟などの建設に向け、地鎮祭を行った。昨年7月に公表していた約200億円の設備投資に着手する。生乳処理能力は現行の1.1倍となる年間21万t。20年度下期からの稼働…