缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集:缶詰=価格で青魚缶苦戦 ツナ缶など他カテゴリー好調

びん・缶詰 2021.09.15 12292号 07面

 缶詰市場(丸缶のうち飲料除く、以下同)は、最大カテゴリーの青魚缶(サバ・サンマ・イワシ)を除き、新型コロナの2年目に襲った市場の反動減傾向の中でも好調を保っている。
 この間、コロナによる海外工場の稼働低下やコンテナ不足などが原因で、海外の水産物全般の大幅な輸入減が生じた。大手メーカーを除く商社などの製品輸入にも影響していて、比較的安価な缶詰製品の市場供給は減少した。
 青魚缶はこの影響に原料高も重なり、単価は上昇傾向となった

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    びん・缶詰

     新型コロナウイルス感染拡大から2年目の夏を越え、缶詰・瓶詰・レトルト食品の需要は昨年からの反動減に見舞われつつもおおむね堅調に推移している。依然として感染終息が見通せない中、外食機会の減少に伴う内食シフトは常態化し、家 […]

    詳細 >