缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集:極洋 減塩タイプ拡充、定番化目指す

びん・缶詰 2021.09.15 12292号 08面

 極洋の缶詰事業は今期、4~7月累計売上が前年比で減収となった。昨年は新型コロナによる特需があったが、今期は際立った需要がない状況が続いたため青魚缶(サバ・イワシ・サンマ)は苦戦したが、ツナ缶は前年を維持した。上半期(4~9月)は前年割れでの着地を見込むが、下半期については前年比増収を目指し、通期でも前年比増収を見込む。商品戦略として(1)サバ・イワシ・ツナ缶を中心に「健康基軸」をベースとした商品開発(2)他業種・他業界とタイアップした商品開発に注力する。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    びん・缶詰

     新型コロナウイルス感染拡大から2年目の夏を越え、缶詰・瓶詰・レトルト食品の需要は昨年からの反動減に見舞われつつもおおむね堅調に推移している。依然として感染終息が見通せない中、外食機会の減少に伴う内食シフトは常態化し、家 […]

    詳細 >