日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

神明・トオツカ、「大粒ダイヤ」作付け拡大 コメ需要回復へ

ニュース 2018.06.22 11720号 01面

 コメ卸最大手の神明とトオツカ種苗園芸(トオツカ)は20日、良食味多収穫品種「大粒ダイヤ」の作付け拡大に向けた共同取組みで合意した。今後両社は、作付けから集荷、販売まで一元的に取り組む。生産者収入の安定化や、実需ニーズに合致した良質米の安定供給を図り、コメ需要回復と日本農業・食文化発展への貢献を目指す。

 両社の役割分担は、トオツカが種もみ生産、神明が作付面積拡大と収穫したコメの集荷、市場流通を担う。初年度の19年産米は全量神明が扱い、以後種もみの販売に関しては神明の合意を前提...続きを読む

農産加工

  • ニュース

    神明・トオツカ、「大粒ダイヤ」作付け拡大 コメ需要回復へ(2018.06.22)

     コメ卸最大手の神明とトオツカ種苗園芸(トオツカ)は20日、良食味多収穫品種「大粒ダイヤ」の作付け拡大に向けた共同取組みで合意した。今後両社は、作付けから集荷、販売まで一元的に取り組む。生産者収入の安定化や、実需ニーズに合致した良質米…

  • ニュース

    木村良理事長

    全国米穀販売事業共済協同組合、コメ需要拡大へ具体策(2018.06.22)

     米穀卸売業者が組織する全国団体、全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)は今期、コメ需要拡大取組みに具体的に乗り出す。ネット通販への本格参入や、組合員を対象に、ご飯食の有用性などに関する知識の習得機会を設ける。「コメの需要が年間8万t…

  • ニュース

    左から鶴保庸介参議院議員、二階俊博幹事長、林幹雄衆議院議員、小渕優子衆議院議員

    梅振興議員連盟、決議案を採択 「梅」を学校給食に(2018.06.22)

     「第22回梅振興議員連盟総会」が13日、参議院議員会館講堂で開催された。前年総会での、梅の健康効果を立証し消費拡大を図るなどの議決内容に対し、農林水産省が特徴ある品種のラインアップによる需要拡大に取り組んでいることなど対応を報告した…

  • 総会

    秋本大典会長

    関東漬物協議会、総会開催 青年部神奈川大会参加を呼び掛け(2018.06.22)

     関東漬物協議会(関漬)は12日、神奈川県箱根湯本で「第64回通常総会」を開催した。秋本大典会長は神奈川県漬物工業協同組合の理事長でもあり、全日本漬物協同組合連合会(全漬連)青年部会「第37回全国大会神奈川大会」が10月26日に新横浜…

  • ニュース

    CoCo壱番屋・JAぎふ・木徳神糧、業務用米多収穫品種栽培へ(2018.06.20)

     大手カレーチェーンCoCo壱番屋を展開する壱番屋とぎふ農業協同組合(JAぎふ)、大手コメ卸木徳神糧は連携し、業務用米多収穫品種の栽培に取り組む。橋渡し役は木徳神糧で、従来、壱番屋のカレーに合うコメを提案してきたが、生産地を巻き込んだ…

  • ニュース

    「番号表示をきっかけに米粉の消費が広がれば」と話す黒田敬子企画室課長(左)と川島孝之業務部次長

    波里「お米の粉」シリーズ、用途別に番号表示(2018.06.20)

     波里は、農林水産省の「米粉の用途別基準」による分類を米粉製品に取り入れ、1番が菓子・料理用、2番がパン用と、消費者に分かりやすい番号表示を開始した。同社は家庭用米粉ではトップシェアを誇り、年間生産量は約3000tとなる。藤波孝幸副社…

  • ニュース

    みたけ食品工業、「越後しらたま本舗」設立(2018.06.20)

     みたけ食品工業は、新会社「越後しらたま本舗」を1日から新潟市内でスタートさせた。前身となる大槻食品は地元で長年白玉を製造販売し、同社にも供給してきた。今回、みたけ食品グループに事業を継承し再出発することで、良質な製品の充実と販売網の…

  • ニュース

    まつや、「本格中華ほたて粥」が災害食大賞で特別賞(2018.06.20)

     【新潟】新潟市北区で米加工品を製造・販売するまつやは、即席タイプ「本格中華ほたて粥」(写真)で災害食大賞2018の新製品・開発部門「日本食育学会賞」をこのほど受賞した。長岡市のエコ・ライス新潟「わかめご飯」も復興支援賞を受賞。中越地…

  • ニュース

    国産米粉、市場拡大に期待 みたけ・波里、表示ガイドラインに沿った商品発売(2018.06.18)

     国産米粉普及取組みが一歩前進した。みたけ食品工業(みたけ)は、グルテン含有量1ppm以下の米粉を認証する「ノングルテン米粉認証」商品、波里は、「米粉の用途別基準」に沿い番号表示した商品を発売。農林水産省公表の「米粉製品の普及のための…

  • ニュース

    パイミート、南山大と連携 ご飯にかける豆腐発売(2018.06.18)

     【中部】豆腐メーカーのパイミートはこのほど、南山大学経営学部上野ゼミと連携し、ご飯にかける豆腐「ぶっちゃん」(写真、税別300円、130g×2個)を新発売した。地元ローカルスーパーをはじめ、名古屋市内ホテルの朝食メニューなどに採用さ…

  • 総会

    山本純三理事長

    全国片栗粉組合、総会開催 品質向上と安定供給を(2018.06.15)

     片栗粉の加工メーカーなどで組織する、全国片栗粉組合の山本純三理事長(山本貢資商店専務)は6日、「われわれを取り巻く環境は、物流費や資材費の値上がりもあり、販売安とコスト高の板挟みで苦しい状況だが、組合員が使用できる全農系北海道バレイ…

  • 決算

    佐藤食品工業18年4月期 コスト増で大幅減益 包装米飯は好調(2018.06.15)

     佐藤食品工業の18年4月期連結決算は、包装米飯の好調などで増収も、人件費・物流費・販促費増加などで大幅減益となった。今期は他社と差別化できる競争力ある商品開発や需要創造を目指し拡販を図る。同時に経営の効率化を促進し、増収増益を目指す…

  • セミナー・催し物

    上西一弘教授

    雪国まいたけ、セミナー開催 ビタミンDが豊富 上西教授、必要性を説明(2018.06.15)

     雪国まいたけは、5月30日、東京都千代田区で同社では初めてとなるメディア向けセミナーを開催した。「紫外線の季節こそまいたけパワー」と題し、ゲストスピーカーに招かれた女子栄養大学栄養学部の上西一弘教授が、マイタケに特に多く含まれるビタ…

  • セミナー・催し物

    オーストラリア柑橘類産業協会ベン・カント会長

    オーストラリア総領事館、セミナー開催 ジューシーでヘルシー 柑橘類の市場拡大期待(2018.06.15)

     オーストラリア総領事館はこのほど、大阪市福島区のリーガロイヤル大阪で「オーストラリア産シトラスセミナー」を開催し、産業の傾向や生産予測、輸出、加工製品市場、販促活動、サポート体制などを報告した。会場には青果物流通関係者ら約50人が参…

  • 総会

    関西漬物協会、総会開催 70周年事業想定(2018.06.15)

     【関西】関西漬物協会(河島歳明会長)は8日、神戸市内の「西村屋和味旬彩」で定時総会=写真=を開催した。今回も加盟10団体の代表者ら16人だけのスリムな総会を継続。議案審議では2017(平成29)年度事業報告・収支決算、18(同30)…

  • ニュース

    17年度乾燥おから生産量、前年比11%増 健康志向などで拡大(2018.06.13)

     日本乾燥おから協会は、17年度の食品用乾燥おからの生産量が前年比11%増の1278tになったと6日、東京都内で開催した総会後の会見で発表した。乾燥おからは、16年の夏に健康に関する情報がTV番組で放映され、需要が一気に拡大し16年度…

  • ニュース

    認証取得で食品安全への企業努力を内外にアピール

    みたけ食品工業、FSSC22000を取得 米粉輸出へ弾み(2018.06.13)

     みたけ食品工業は、食品安全管理の国際認証「FSSC22000」を取得した。「安心・安全」「ニーズ」「高品質」な製品の提供を経営理念に掲げる同社は、海外輸出をにらんだ国際標準規格の取得に業界に先駆けて取り組んできた。社内には今年、海外…

  • 人事

    佐藤食品工業、佐藤功氏退任 相談役会長に(2018.06.13)

     佐藤食品工業の佐藤功取締役会長は、7月25日開催予定の株主総会で取締役を退任し、相談役会長に就任する。1961年4月の会社創設期から経営に携わり、グループの発展に多大な貢献をしてきたが、同社が定める役員地位ごとの定年年齢に達したため…

  • ニュース

    箱石文祥 代表理事常務

    ホクレン、17年度取扱高3年連続1兆5000億円超え 今期、さらなる自己改革を(2018.06.08)

     【北海道】ホクレンの箱石文祥代表理事常務はホクレンの事業概況などに触れ、17年度取扱高が1兆5146億円と3年連続で1兆5000億円を超えたことや、18年度さらなる自己改革を進める考えを5日、札幌市内で開かれた「緑友会総会」で明らか…

  • ニュース

    全国無洗米協会認証マークエコメちゃん

    全国無洗米協会、無洗米の誤解説明 食味や健康など(2018.06.08)

     全国無洗米協会は5月31日、東京都中央区の東洋ライスビルで記者会見を実施し、無洗米の認知は向上しているものの誤解が多いことから、食味や健康・環境効果、副産物「米の精」の項目ごとに、梅澤政久理事長が詳細に説明した。

     そも…

  • ニュース

    東洋ライス、産地連携など注力 コーポレートスローガンに沿った活動で貢献(2018.06.08)

     東洋ライスは、年初に制定したコーポレートスローガン「人も自然もすこやかに」に沿って、独自開発した健康米「金芽米」「金芽ロウカット玄米(ロウカット玄米)」の普及活動として、産地連携や海外輸出に注力。日本農業や地域活性化貢献を狙う。

  • 人事

    北海道はまなす食品、新社長に佐藤靖史氏(2018.06.06)

     北海道はまなす食品は5月25日開催の定時株主総会で代表取締役社長の永田吉則氏が退任し、佐藤靖史氏を選任した。

  • ニュース

    雑賀慶二社長

    東洋ライス、コメ事業が機器事業抜く 健康米の販売増(2018.06.06)

     健康志向の高まりを受け、東洋ライスの18年3月期は、独自開発した健康米のけん引で、コメ事業の売上高が精米機器関連事業を上回った。

     金芽米と金芽ロウカット玄米(ロウカット玄米)が、長年の地道なPR活動が実を結び、通信販売…

  • ニュース

    三幸、「ごはんのおかずプロジェクト」第2弾2品発売 惣菜風漬物定着へ(2018.06.06)

     三幸は11日から19年3月までの期間限定で、「ごはんのおかずプロジェクト」第2弾商品を全国発売する。今年2月から発売した「おかず昆布」シリーズで「子持ち昆布」(写真)、「松前キムチ昆布」の2品を投入。惣菜分野強化の一環として、水産売…

  • セミナー・催し物

    講師の岡崎正輝氏(左)と浅井一浩氏

    カリフォルニア・レーズン協会、セミナー開催 前処理方法と活用テーマに(2018.06.04)

     カリフォルニア・レーズン協会は、「今だから知りたい カリフォルニア・レーズンの前処理方法とその活用について」と題したセミナーを、2012年のル・モンディアル・デ・ザール・シュクレで優勝した岡崎正輝氏(コンラッド東京・ペストリーシェフ…

  • 人事

    川光商事、新社長に川井清光氏(2018.06.04)

     川光商事は5月25日開催の株主総会および取締役会で、常務取締役の川井清光氏が代表取締役社長に選任され就任した。川井光之社長は代表取締役会長に就いた。

  • 総会

    杉本宗一理事長

    和歌山県漬物組合連合会、総会開催 活発な情報発信を(2018.06.04)

     【関西】和歌山県漬物組合連合会は25日、紀伊田辺シティプラザホテル(和歌山県田辺市)で通常総会を開催した。

     杉本宗一理事長は「この一年は原料問題に悩まされた年だった。梅は2年続きの不作で、たくあんの原料大根やほかの漬物…

  • セミナー・催し物

    おいしいアボカド選別法や健康・栄養面における優位性を知る講座を開催

    APEAM、アボカド消費促進へ 表参道でイベント開催(2018.06.01)

     メキシコ産アボカド生産者・輸出梱包業者協会(APEAM)は6月28日から7月1日までの昼と夜の各2回、COMMUNE 2nd表参道で、アボカド消費促進イベント「AVOGADOS MAKE ME FIT!」を行う。ヘルシーで栄養価が高…

  • ニュース

    内科医認定の字が目をひくPOP

    ファーマインド、濃味仕立てバナナが内科医認定商品に(2018.06.01)

     青果総合グループで日本に流通するバナナの約4割の熟成加工を手掛けるファーマインドはこのほど、自社ブランド「濃味仕立てバナナ」が内科医認定商品としての認可を取得したと発表した。5月上旬から売場展開を始め、生活者の高い関心を集めている。…

  • 人事

    秋本食品、5月8日付役員人事(2018.06.01)

     5月8日付

     ▽相談役秋本幸男

     ▽代表取締役社長秋本大典

     ▽代表取締役専務秋本善明

     ▽常務取締役 管理本部長磯崎登、広域営業部長上山裕

     ▽取締役 首都圏営業部長大塚…