日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ピックルスコーポレーション、グループ5工場でFSSC22000認証取得

ニュース 2019.01.23 11823号 02面

 ピックルスコーポレーションとグループ会社の5工場は18年12月16日までに、食品安全マネジメントシステムの国際規格FSSC22000を認証取得した。登録活動範囲は「漬物及び惣菜の製造及び開発」。

 同グループでは、ISO9001認証取得などに取り組んできたが、食品安全に対する取組みを今まで以上に強化するためFSSC22000認証取得に取り組んだ。認定機関はDNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン。

 登録事業所は次の通り。▽ピックルスコーポレーション所沢工場、宮城ファク...続きを読む

農産加工

  • ニュース

    ピックルスコーポレーション、グループ5工場でFSSC22000認証取得(2019.01.23)

     ピックルスコーポレーションとグループ会社の5工場は18年12月16日までに、食品安全マネジメントシステムの国際規格FSSC22000を認証取得した。登録活動範囲は「漬物及び惣菜の製造及び開発」。

     同グループでは、ISO…

  • セミナー・催し物

    漬物2団体、賀詞交歓会を開催 外国人技能実習制度2号移行活用を(2019.01.23)

     全日本漬物協同組合連合会(全漬連)と全国漬物検査協会(全漬検)は15日、東京・日比谷の松本楼で行政との新年賀詞交歓会を開催した。野崎伸一全漬連会長は、外国人技能実習制度が2号に移行したのを受け、「農林水産省の指導、漬物振興議員連盟(…

  • セミナー・催し物

    籠島忠作理事長

    東京都漬物事業協同組合、賀詞交歓会を開催 変化はチャンス、情報交換でヒントを(2019.01.23)

     東京都漬物事業協同組合(東漬協)は10日、東京都内で「平成31年新年賀詞交歓会」を開催した。籠島忠作理事長は、「今年は元号が変わる。消費税の増税、参院選、当組合も任期満了となる。いろいろなことが変わる年になる。それをチャンスとして経…

  • ニュース

    「HARKIS野菜のそぼろ」を紹介する林善博ひかり味噌社長(左)とインカリーサ・ハカラフィンランド大使館副商務官

    ひかり味噌、「ハーキス 野菜のそぼろ」3月展開 グローバル視点で顧客満足追求(2019.01.23)

     【長野】ひかり味噌は、そら豆を主原料にしたフィンランドの植物性ミート、「HARKIS(ハーキス)」を3月下旬から日本で輸入展開し、「野菜のそぼろ」シリーズ3品を発売する。林善博社長は、「ひかり味噌のブランドコンセプトに合致した、サス…

  • 連載

    JA直営の「湖東のやさい畑」。野菜の売上げは26%、弁当・惣菜の販売も伸びている

    JAあきた湖東 選択と集中・新たな成長へ(中)伸びる直売所売上げ(2019.01.23)

     JAあきた湖東は、管内生産力の底上げと新たな市場出荷者の育成を目的に2011年にJA直営農産物直売所「湖東のやさい畑」を開設した。売場面積は160平方m。規格外農産物や組合員が自家用として生産する農産物を中心に、大潟村という地域性を…

  • ニュース

    豆腐業界、5月に公正取引準備協議会を発足(2019.01.21)

     日本豆腐協会(日豆協)や全国豆腐連合会(全豆連)の加盟企業で構成する豆腐公正競争規約設定委員会は、規約の制定に向けた最終段階として5月に「とうふ公正取引準備協議会(仮称)」を発足させる。3月から参加事業者の募集を開始、豆腐業界のみな…

  • ニュース

    マコト、4月からごま製品を値上げ(2019.01.21)

     ごま専門メーカーのマコトは、4月1日出荷分からごま製品の価格改定を実施する。段階的に相場上昇を続けていた原料ごまについて同社は「品質を基本に考えながら輸入先を分散させるなど製品価格の安定に努めてきたが、近年の物流費・燃料費などのコス…

  • 連載

    6次産業化とブランド開発に取り組むあきた湖東農業協同組合

    JAあきた湖東 選択と集中・新たな成長へ(上)枝豆生産量日本一へ(2019.01.21)

     JAあきた湖東は担い手の育成と農地集積・生産組織活動の支援強化を推進。また、生産力強化と農業所得の向上を目指し、枝豆を中心とした主力青果物の生産振興にも取り組み、JA直営農産物直売所「湖東のやさい畑」と漬物加工所「アグリサポート湖東…

  • セミナー・催し物

    畠山愛理さんの美と健康は納豆のおかげ

    納豆連、糸引き納豆の日記念イベント開催 畠山愛理氏招く 美と健康効果説明(2019.01.18)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)とUSSEC(アメリカ大豆輸出協会)は8日、筑波大学東京キャンパス文京校で「糸引き納豆の日記念粘りが勝負!アスリートーーク!」を開催した。納豆が大好きで体重管理にも活用しているという元フェアリージャパ…

  • セミナー・催し物

    中島洋人会長

    日本ナッツ協会、賀詞交歓会を開催 今年はナッツイヤー(2019.01.16)

     日本ナッツ協会は9日、東京都千代田区霞が関の東海大学校友会館で賀詞交歓会を開催し、約170人の関係者が参加した。中島洋人会長は「19年は、ドルと円の為替の大変動などがあり、激動の年始となった。今年は、亥(い)年であり、亥に木をつける…

  • 展示会

    第1回の会場

    全国米麦改良協会主催「国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会」2月12日~19日開催(2019.01.16)

     全国米麦改良協会は、2月12日~19日の期間中、土日を除く6日間、東京・千代田区神田小川町の「むぎくらべ」で、国内産麦の需要拡大を目的とした「国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会」を開催する。今回は「日本の麦に、であう、たべる…

  • ニュース

    木徳神糧、新潟製粉工場でFSSC22000認証取得(2019.01.14)

     木徳神糧の米粉製造設備・新潟製粉工場(新潟県阿賀野市)は昨年12月、幅広い食品の原材料として国内外普及を目指し、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格「FSSC22000」認証を取得した。

     有力米穀卸の同社は、コ…

  • インタビュー

    2019新春の抱負:東洋ライス・雑賀慶二社長 環境保全や健康寄与(2019.01.14)

     国内のコメの消費量が減り続ける中、当社が開発してきた独創的な加工技術で生産されているコメが、市場のシェアを大きく伸ばしております。

     コメのとぎ汁による環境汚染を防止することを目的に1991年に開発したBG無洗米は、コメ…

  • ニュース

    8日の新潟県産米出荷式で行われた新潟県産米引渡式

    JA全農、新潟米の中国輸出が再開 原発事故以来(2019.01.11)

     新潟県産米の中国向け輸出が再開する。全国農業協同組合連合会(JA全農)と子会社の全農インターナショナルが上海の富裕層向けに家庭用1袋2kgの新潟県産コシヒカリの精米を最短で輸出できるよう、すでに登録済みの日本産米のパッケージに中国語…

  • ニュース

    新潟県産米出荷式の主催者と来賓ら

    吉川農相「首脳外交の成果」 JA全農、新潟米の中国輸出再開(2019.01.11)

     新潟県産米の中国輸出向けの出荷に先立ち、全国農業協同組合連合会(JA全農)は8日、新潟県産米の国際輸送を担う日新の神奈川埠頭倉庫の敷地で、吉川貴盛農林水産大臣=写真前列右から3人目、宋耀明中国駐日大使館公使=同左から3人目、花角英世…

  • ニュース

    アルファフーズとケンミン食品、アレルゲン27品目不使用の非常食米めん開発(2019.01.11)

     アルファフーズは、業界初のアレルゲン27品目不使用で5年以上の長期保存可能な防災・非常食用米めんを、ビーフン最大手ケンミン食品と共同開発し、「UAA食品美味しい非常食シリーズ・フォー(米めん)」=写真=の商品名で昨年末、新発売した。…

  • ニュース

    MBSFが製造した日本向け乾燥キャベツ

    ミャンマーベル新進フーズ、乾燥野菜製造で国際認証規格を取得(2019.01.11)

     新進とミャンマーのミャンマーベル社との合弁企業ミャンマーベル新進フーズ(MBSF)は18年11月9日、「乾燥野菜の製造」の範囲でFSSC22000を認証取得した。ミャンマーでの乾燥野菜製造では初の取得で、同年12月16日に認証授与式…

  • セミナー・催し物

    もちつきしたい人全員集合。子どもも大人も楽しんだ

    マルシン食品、歳末大感謝祭開く もちつきの場提供(2019.01.11)

     【新潟】マルシン食品は昨年12月29日、年末恒例の「歳末大感謝祭」を白根第二工場(新潟市南区)で開催した。もちつき大会や振る舞いもち、大抽選大会など盛りだくさんのイベントで、家族連れなど多くの人でにぎわった。

     当日は、…

  • 決算

    ピックルスコーポレーション、2019年2月期第3四半期連結決算(2019.01.09)

     19年2月期第3四半期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高309億8400万円(10.1%増)▽営業利益11億6000万円(5.9%増)▽経常利益12億7700万円(8.7%増)▽親会社株主に帰属する四半期純利益7億58…

  • ニュース

    愛媛県、機能性表示食品「河内晩柑ジュース」開発 松山大などと連携で(2019.01.09)

     愛媛県は、松山大学が行ってきた柑橘「河内晩柑」(かわちばんかん)の機能性に関する基礎研究成果を基に産学官連携による研究を行ってきた。

     これは、同大学と愛媛大学、えひめ飲料との連携による「『河内晩柑』に含まれるオーラプテ…

  • 統計・分析

    18年は野菜高騰の年 よく食べるは「キャベツ」 タキイ種苗調べ(2018.12.28)

     18年は野菜高騰の年で、よく食べた野菜は、首位キャベツで2位玉ネギ、トマト4位と定番野菜がランクインし、これから食べたいのは「季節野菜」と「スプラウト」「ハーブ」。これは、種苗最大手のタキイ種苗が年末を前に実施したインターネット調査…

  • 統計・分析

    平成を代表する野菜はパクチー、アボカド、フルーツトマト タキイ種苗調べ(2018.12.28)

     種苗最大手のタキイ種苗は、平成の30年間を振り返り、「流行した野菜」「代表する野菜」「定着したと思う野菜」について、310人にインターネット調査を行った。結果、全項目で上位四つが「パクチー」「アボカド」「フルーツトマト」「ズッキーニ…

  • ニュース

    東洋ライスら、金芽米継続摂取で便通改善を確認(2018.12.28)

     東洋ライスと東京農業大学らの研究チームは、「金芽米」を継続摂取することにより、便通が改善することを、長野県松本市の協力の下に行った臨床試験で確認した。

     今回、学生ボランティアや通販顧客モニター、農業関係者ら健康な大人1…

  • ニュース

    幸せの健康ご飯

    フラット・フィールド・オペレーションズ、機能性表示食品に「幸せの玄うどん」など2品が認可(2018.12.26)

     【関西】フラット・フィールド・オペレーションズはこのほど、食物繊維含有の麺「幸せの玄うどん」と新たに開発した「幸せの健康ご飯」の2品で、機能性表示食品認可を取得した。冷凍麺や包装米飯での許可は日本で初めて。

     創業者で現…

  • 人事

    日の本穀粉、営業部組織を一新 よりきめ細かく(2018.12.26)

     日の本穀粉は19年1月15日、営業部組織を一新する。営業本部に本社営業部と大阪営業部、名古屋営業部を置く。

     同時に、本社営業部を東京都文京区からさいたま市に移転する。変化する市場ニーズをいち早く把握し、顧客によりきめ細…

  • ニュース

    復興支援あま酒

    マルクラ食品、豪雨被災の農家支援 CFで資金調達 コメ買い入れあま酒など(2018.12.26)

     【関西】麹・甘酒・味噌の製造販売を行うマルクラ食品はこのほど、「平成30年7月豪雨」の影響で有機米認定を受けられなくなった農家からコメを買い入れ、独自の加工技術であま酒やライスシロップを製造すると発表。そのためのコメの買い入れ費用(…

  • ニュース

    アイエー・フーズ、こんにゃく麺「J・konjac」で輸出(2018.12.26)

     アイエー・フーズは今期、こんにゃく麺を欧米など海外輸出向けと業務用の素材提案で拡売する。海外向けは「J・konjac」のブランドで、化学調味料無添加、畜肉エキスフリーのスープ付きでメニューとして販売する。日本国内でも低糖質麺の需要が…

  • セミナー・催し物

    イベントには大勢の親子が参加した

    納豆苦手な子どもゼロに 納豆連、横浜でイベント「なっとう幼稚園」開催(2018.12.26)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)は15日、子どもたちに納豆の知識や興味を深めてもらうイベント「なっとう幼稚園」を横浜市の「らびすた新杉田」で開催した。協力はスズキヤと神奈川県納豆組合。周辺の幼稚園、保育園に参加を呼び掛けたほか、スズ…

  • ニュース

    右から原田陽一郎原田製油社長、ロズ・リークUSSEC北アジア地域代表、伊丹一貴伊丹食品社長

    アメリカ大豆輸出協会、米国産大豆使用の豆腐と納豆を表彰(2018.12.21)

     アメリカ大豆輸出協会(USSEC)は14日、米国産大豆を使用して作られた優秀な食品を表彰する「アメリカ大豆サステナビリティ アンバサダーアワード」贈呈式を東京都内で開催し、今年は原田製油(大分市)の納豆「ねばり一番」と伊丹食品(札幌…

  • ニュース

    波里、米粉2品と米麺1品新発売(2018.12.21)

     家庭用米粉最大手の波里は、米粉商品2品と米麺1品を新発売した。

     「お米の粉手作りパンの薄力粉」=写真(右)=は、国産うるち米を100%使用。食品添加物無添加で、型焼きのグルテンフリーパンが焼ける。もっちりふんわりした仕…

新製品 農産加工