日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

熊本製粉、「グルテンフリーケーキミックス」発売 創立70周年記念で

ニュース 2017.05.26 11529号 08面


 熊本製粉は18日、創立70周年記念商品として九州産米粉を100%使用した「グルテンフリーケーキミックス」の「プレーン」(写真)、「ココア」2品を新発売した。

 小麦は無論のこと7大アレルゲンにも対応した、おいしいグルテンフリーケーキが、電子レンジで加熱するだけで簡単に出来上がる。食物アレルギーを持つ親子の手作り応援商品だ。

 作り方は、袋の中に材料(豆乳・サラダ油)を入れて混ぜ、レンジで3分加熱するだけ。家庭での小麦粉混入リスクがなく、ボウルや泡立て器も不要で、洗い物が少ない。...続きを読む

農産加工

  • ニュース

    熊本製粉、「グルテンフリーケーキミックス」発売 創立70周年記念で(2017.05.26)

     熊本製粉は18日、創立70周年記念商品として九州産米粉を100%使用した「グルテンフリーケーキミックス」の「プレーン」(写真)、「ココア」2品を新発売した。

     小麦は無論のこと7大アレルゲンにも対応した、おいしいグルテン…

  • インタビュー

    日本バナナ輸入組合・吉野芳夫理事長 流通健全化へ変革急務(2017.05.24)

     日本の国民食となっているバナナは今、安定供給確保のために流通全体の変革が求められている。日本バナナ輸入組合の吉野芳夫理事長はこのほど開催された総会後、日本食糧新聞の単独インタビューに応じた。今後のバナナ流通の健全化を図るために高関税…

  • 総会

    登内英雄会長・理事長

    全国凍豆腐工業協組連・長野県凍豆腐工業協組が総会開催 会長・理事長に登内氏再任(2017.05.24)

     【長野】全国凍豆腐工業協同組合連合会、長野県凍豆腐工業協同組合は17日、長野市で開いた通常総会で役員改選を行い、それぞれ会長、理事長に登内英雄氏(登喜和冷凍食品社長)を再任した。任期は、いずれも6月から19年5月まで。

  • ニュース

    田植え作業を行う佐藤良一社長

    南相馬市で避難指示解除後、初の田植え アイリスグループ、地元農業者連携で農業再開支援(2017.05.24)

     今年も田植えの季節が到来したが、福島県南相馬市小高区で避難指示解除後、初の田植えが17日行われた。アイリスグループの舞台アグリイノベーションと地元の農業生産法人紅梅夢ファームが連携し、同地区における稲作の営農再開支援に乗り出し、その…

  • ニュース

    平成28年度産東北リンゴ、収穫・出荷量とも減(2017.05.22)

     【東北】東北農政局は17日、東北の平成28年度産リンゴの結果樹面積、収穫量、出荷量を発表した。結果、樹面積は2万7400haで前年並み、全国に占める割合は74.5%で0.2ポイント上昇した。収穫量は59万2300t(前年比5%減)、…

  • 総会

    賦課金問題を解消した経緯を話す野呂剛弘会長

    全国納豆協同組合連合会、総会開催 野呂会長が続投 賦課金の不公平感解消(2017.05.19)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)は12日、東京・上野精養軒で第63回通常総会を開催、役員改選で野呂剛弘会長の続投が決まった。納豆連は、10年前に比べて半分になったという会員減による賦課金負担の不公平感解消が最大の課題だった。これらを…

  • キャンペーン

    徳山物産、徳山冷麺10周年で冷麺・キムチキャンペーン実施(2017.05.17)

     徳山物産は、「徳山冷麺10周年 冷麺も、キムチも、ご愛顧ありがとう!」キャンペーンを全国で実施している。

     ▽徳山プレミアム商品セット(「カラダよろこぶ美人キムチ」「さむげたん」「香ばしいえごま油」「皮ごと正直花梨茶」「…

  • ニュース

    徳山物産、植物性原料100%キムチ発売 美活女性向け(2017.05.17)

     徳山物産は10日、美活女性をターゲットにした「カラダよろこぶ美人キムチ(180g、参考価格450円)」(写真)を主に高質スーパーで発売した。植物性原料100%のアニマルフリーでニンニクも不使用。無農薬青パパイアをはじめ、国産の野菜・…

  • ニュース

    スミフルジャパン、「王様バナナ」へ刷新 食シーンに特化(2017.05.17)

     青果物輸入販売業のスミフルジャパンは9日、食べ切りサイズの定番バナナをブランドリニューアルし、「おやつの王様バナナ」(写真)として発売した。これに先立ち同社は4月5日にも定番バナナをリニューアルし、「朝のしあわせバナナ」として朝食を…

  • 展示会

    FABEX2017注目商品:大麦工房ロア 国産大麦100%のクッキー(2017.05.15)

     大麦工房ロアは、栃木県産二条大麦で焼き上げた軟らかく香ばしい「大麦ダクワーズ」が看板商品だが、「さくらの大麦ダクワーズ」「大麦とお米でつくった抹茶ダクワーズ」などの季節商品のほか、「大麦ダクワーズマロン」や国産大麦100%使用の「大…

  • 展示会

    「穀物Innovation&Healthcare」をテーマに同社原料由来の新素材を提案

    FABEX2017注目商品:みたけ食品工業 穀物の可能性追求し提案(2017.05.15)

     みたけ食品工業は4月12日から14日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「ファベックス2017」に出展した。「穀物Innovation&Health care」をテーマに、米粉などのグルテンフリー製品、もち麦粉製品、ごま製品などを…

  • 総会

    野崎伸一三井会会長

    三井食品工業、「三井会」総会開催 構造的な問題改善へ(2017.05.15)

     【中部】漬物の三井食品工業はこのほど、メーカーなど取引先で組織する三井会(会長=野崎伸一・野崎漬物社長、会員49社)の平成29年度定時総会を名古屋市内のホテルで開催した。

     野崎会長は「昨年から白菜が非常に高値で推移して…

  • セミナー・催し物

    前列左から谷尻純子審査委員、原田ひ香審査委員、宮尾茂雄審査委員長、前田安彦特別審査委員、前山一美三奥屋営業部統括マネージャー、石田暢子いした専務取締役、神井弘之課長、近清剛会長、木村良審査委員

    「漬物グランプリ2017」開催 3日間で20万人が来場 青森県「いした」が農水大臣賞(2017.05.15)

     漬物の日本一を決める「漬物グランプリ2017」が4月27~29日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。法人の部のグランプリに、いした「あんず梅(しそ巻)」が選ばれ、農林水産大臣賞が授与された。神井弘之農林水産省食料産業局食品…

  • 展示会

    紀州南高梅使用の梅干し物販が好調と梅酒を販売

    食博覧会・大阪:中田食品 梅干し&梅酒の主力商品を販売(2017.05.12)

     【関西】梅干しのトップメーカーである中田食品は前回に続き2回目の出展。紀州南高梅を使った梅干し8種類と、梅酒9種類を販売した。

     梅干しでは軟らかい果肉の紀州産南高梅を塩味控えめに漬け込み、鰹節のまろやかなうまみとウメの…

  • 新設・移転

    佐藤食品工業、新社屋で業務開始 グループの新たな中枢に(2017.05.10)

     佐藤食品工業はこのほど新社屋(写真)を竣工し、8日から業務を開始した。新本社ビルは同社グループの柱事業の「もち」と「ご飯」の象徴である“稲穂”をイメージし、木材の素材感を大切にした地上4階建て。「企業活動の永続性、地域環境への貢献な…

  • ニュース

    波里、スーパーフード入りごま、きな粉に新味4品発売(2017.05.10)

     「SUPER FOODS JAPAN」を展開する波里は今春、スーパーフードを日本人の食卓に根付かせようと、長年取り扱ってきた「ごま」や「きな粉」に着目。シリーズ初のブレンド商品「金すりごまwithチアシードパウダー」(写真)、「黒ご…

  • 展示会

    カルローズを使った色とりどりのデリメニュー

    FABEX2017注目商品:USAライス連合会 カルローズの使いやすさPR(2017.05.01)

     USAライス連合会日本事務所は、カリフォルニア州産中粒種「カルローズ」の使いやすさを来場者にPRした。

     試食サンプル1500食を配布するとともに、今回は初の試みとして企業向けに個別試食会を実施。6種類のメニューを提供し…

  • ニュース

    出展ブースでのデモンストレーションには多くの人が訪れ、会場の注目企画に

    日の本穀粉、米粉で新ブランド「WAKONA」 和菓子人気追い風に海外進出も視野(2017.04.28)

     創業130年を迎える穀粉最大手の日の本穀粉は、強みの和菓子業態に加え、新たな使い方ができる進化系米粉を、新業態・業種に発信する新ブランド戦略に乗り出した。日本人にとってなじみ深い米粉だが最近、洋菓子やパンなど新規用途に向く米粉も生ま…

  • 展示会

    FABEX2017:金ごま本舗 ごまの可能性を追求(2017.04.28)

     【関西】金ごま本舗は、グループ企業・波里のブースで出展し、波里が持つ米粉やスーパーフード、きな粉などとともに、営業スタッフが作った和食にとどまらない幅広いジャンルの料理で、ごまの可能性を追求した。

     一押しの金ごま油は、…

  • 展示会

    FABEX2017:マロニー 夏場向けメニュー紹介(2017.04.28)

     【関西】マロニーのブースでは、「マロニー」が鍋物商材として冬場に最需要期を迎えるが、ツルツルした食感やあっさりした味わいで、幅広い夏場向けメニューにも向くことから、「チャプチェ」や「春雨サラダ」などを試食を行いながら紹介した。

  • ニュース

    東洋ライス、JAしまねと包括連携協定締結 「健康長寿しまね」創造(2017.04.26)

     東洋ライスはJAしまねと、医療費削減にも貢献する「健康長寿しまね」創造に向けた包括連携協定に調印する。

     今後、JAしまね管内の農家は、自家消費用のコメを、東洋ライスが開発した米ぬかの一部を残すことで自然免疫活性化作用が…

  • ニュース

    協定書を手にする(前列右から)武内秀行・全国きな粉工業会会長、香川明夫・女子栄養大学学長、(後列右から)鷲尾新治・同会副会長、栗栖恭一・同会副会長、染谷忠彦・同大常務理事、三浦理代・同大名誉教授

    きな粉を“日常食”に 全国きな粉工業会、女子栄養大と連携協定(2017.04.26)

     全国きな粉工業会は13日、女子栄養大学と「産学連携包括協力に関する協定」を結んだ。今後、両者が連携して、きな粉の栄養価や機能性の研究、メニュー開発などに取り組み、きな粉が消費者にとってさらに身近な“日常食”となることを目指す。

  • キャンペーン

    真誠、「とろけるきなこ」でとろける体験キャンペーン実施(2017.04.26)

     【中部】ふわっととろける食感が女性に人気の「とろけるきなこ」を販売する真誠は14日から、「とろける体験キャンペーン」を展開し、同商品を使用したコラボメニューや企画、コラボ商品の発売などを順次行う。

     企画の第1弾は、とろ…

  • ニュース

    凛々子の苗を植えた

    カゴメ、「凛々子」の苗配布 トマト通して食農体験(2017.04.26)

     【九州】カゴメ、大分県は昨年8月、大分ブランドの価値向上のため包括提携を行ったが、その中の一つ、食育や健康寿命の延伸などのさまざまな取組みを進めている。この一環として大分県内の小中学校21校にトマトジュース用トマト「凛々子(りりこ)…

  • ニュース

    籠島正雄社長

    新進、グループ改善経過報告 生産性向上・作業改善など取組み(2017.04.24)

     新進は11日、「第15回新進グループ改善経過報告会」を開催した。五つのグループが17年3月(16年度)まで生産性向上と作業改善などそれぞれのテーマに取り組み、その経過や改善効果金額を発表した。役員が改善効果を採点し、「販売計画・受注…

  • 総会

    日本乾燥野菜協会、総会開催 新理事長に小湊直樹氏(2017.04.24)

     日本乾燥野菜協会は11日、静岡県熱海市のさくらや旅館で定時総会を開催し役員改選を行った。(高木義徳)

     新たな役員は次の通り▽理事長=小湊直樹(理研化学工業)▽副理事長=藤田憲一(ヴィスタジャパン)、斎藤泰章(斎藤食品工…

  • 展示会

    アボカド料理研究家の緑川鮎香氏

    FABEX2017:CBC、アボカドパウダー上陸 魅力と汎用性紹介(2017.04.21)

     食品・生活関連製品をはじめとする輸出入業および国内販売などを手掛けるCBCは、栄養価が高く美容面でも注目されるアボカドをパウダー状にした日本初上陸の「フリーズドライ アボカドパウダー」を紹介。アボカド料理研究家の緑川鮎香氏が考案した…

  • 連載

    再稼働を果たした阿蘇工場

    熊本地震から1年 工場再稼働までの歩み マルキン食品・阿蘇工場(下)社内外協力に、やればできる(2017.04.19)

     社員の多くは自宅が全壊・半壊、または一部損壊し、しばらくは車中泊が続いた。その後は避難所から工場に出勤し、復旧作業に当たった。それぞれに家庭での心配を抱えていたが、社員の誰もが工場の復旧に向けてまっしぐらだった。

     坂本…

  • ニュース

    世界大豆生産高予測、期末在庫ともに上方修正 需給緩む 国産は下落(2017.04.17)

     米国農務省によれば16/17年度の世界大豆生産高予測は3億4079万tで、ブラジル産の増産予測を受け、前月比1.2%増の上方修正となった。生産量の増加が需要量の増加を上回り、期末在庫も前月比3.0%増の8282万tに上方修正した。国…

  • セミナー・催し物

    おにぎりに飾り付けを行う親子

    東海漬物、漬物を使った「親子おにぎり教室」開催(2017.04.17)

     【中部】東海漬物はこのほど、漬物を使った「親子おにぎり教室」を豊橋市のこども未来館ここにこキッチン工房で開催。3歳以上の未就学児とその保護者12組24人が花見に持っていきたくなるようなおにぎりを作った。

     最初に同社漬物…