緑茶特集

◆緑茶特集:お茶市場もコロナの影響、変革の時

飲料 2020.06.19 12067号 06面

新茶の時期に入った。今年はコロナ自粛の真っ最中で、新茶のイベントや、流通界でのキャンペーンも中止で、例年とは違った厳しいスタートになった。またコロナの影響は茶業界にも大きな打撃を与えた。巣ごもり需要の拡大でスーパーを中心とした家庭用商品は売上げ増加、一方外食、給食向けの業務用商品は大幅なダウンだった。百貨店やSCのテナントで専門店展開をしている企業も影響を受けた。今期の中元市場は環境から一層厳しさを増すことが予想されている。インバウンドを機に加工用を中心に伸び続けていた抹茶需要は輸出を含め打撃を受けている。どの販売市場分野にウエートがあるのかで各企業の業績は大きく変わってきた。

お茶の1世帯当たりの年間支出額(家計統計)は19年3780円で、18年からは99円の減少(前年比2.6%減)であった。18年は同224円減少、17年も65円減で、お茶の購入金額は18年で4000円を割り、家庭での消費額は19年も回復できなかったことになる。内訳では100g商品の平均購入金額は16年490.79円、17年482.49円、18年486.42円、19年477.63円。購入数量も16年849g、17年850g、18年798g、19年791gと減少傾向。

全国の主要産地の19年荒茶生産は7万6500t。18年に比較して5000t(6.1%減)減少した。19年の全国の摘採実面積は3万2400haで、前年比900ha(2.7%減)減少している。19年はドリンク原料と抹茶の増加がけん引し、抹茶は加工用原料として輸出も増加した。ただ抹茶は飲み茶としての需要の拡大は多くなかった。その中でもミルクとブレンドするラテメニューが外食を中心に増加。市販用商品でも各社から抹茶ラテ商品が発売されている。ただ生産地状況では主力生産県の静岡が荒茶生産2万9500tで12%減、ここ数年2~3%減、19年は5%減と年々生産量が減少している。生産者の高齢化、市場低迷から収入減ともなり後継者がいないことを含め、生産意欲も減退。特に良質茶の生産にも影響が出ている。その後を継ぐのが鹿児島県。静岡と違い平坦な耕地が多く機械化しやすい。秋冬の10番茶まで摘採をしているなど、荒茶の生産量は19年2万8000tと静岡に肉迫してきた。業界関係者はここ数年で生産量のトップは鹿児島に変わるとみている。

抹茶のインバウンドが海外でのお茶需要に結びついてきた。茶の輸出は米国、台湾、ドイツ、東南アジア諸国・地域、カナダを中心とした海外に18年度は前年比6.8%増の153億3334万円と政府目標の150億円を突破して過去最高になった。数量も同9.9%増の510万2406kgになった。特にインバウンドを契機に和食ブーム、加工用使用が追い風になり、需要が高まっている抹茶がけん引役になった。19年度は輸出量は510万7574kgで前年並みだが、輸出額は146億4161万円で前年比4.6%減少している。海外茶市場への中国企業の販売攻勢で単価が5%ダウンしたのが響いた。またコロナの影響で20年1~4月輸出量は175万1590tで前年比3%増だったが、単価が7%ダウン、輸出額は47億0908万円で4%減少している。ただ5月以降は輸出に影響が出るものとみられている。(大居政光)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 緑茶特集

    飲料

     新茶の時期に入った。今年はコロナ自粛の真っ最中で、新茶のイベントや、流通界でのキャンペーンも中止で、例年とは違った厳しいスタートになった。またコロナの影響は茶業界にも大きな打撃を与えた。巣ごもり需要の拡大でスーパーを中 […]

    詳細 >