緑茶特集

緑茶特集:産地動向=京都地区 加工場数2位 京番茶も人気

飲料 2020.06.19 12067号 07面

 京都地区の荒茶の生産量は2912tで全国5位、加工場数は静岡に次ぐ2位。茶の種類はてん茶、玉露など覆茶が多い。また京番茶も人気がある。生産の中心地は和束町、宇治市、宇治田原町。  「宇治茶ブランド新展開プロジェクト協議会」は主に旅館、ホテル、料亭の業務用向けの瓶入り宇治玉露ドリンク「玉兎(たまうさぎ)」を今春発売した。業務用でもお茶を有料で飲まれるきっかけにしたいとしている。  宇治の抹茶専業の老舗丸久小山園が、中国浙江省の茶企業に「宇治小山園」で抹茶を販売していたことに対

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 緑茶特集

    飲料

     新茶の時期に入った。今年はコロナ自粛の真っ最中で、新茶のイベントや、流通界でのキャンペーンも中止で、例年とは違った厳しいスタートになった。またコロナの影響は茶業界にも大きな打撃を与えた。巣ごもり需要の拡大でスーパーを中 […]

    詳細 >