緑茶特集

緑茶特集:産地動向=九州地区 かごしま茶シェア増へ

飲料 2020.06.19 12067号 07面

 鹿児島県は全国2位の荒茶生産地。農林水産省が2020年2月に公表した「農林水産統計」によると、令和元年産生産量は2万8000tで、全国で占める割合は37%。近年そのシェアは増加傾向にある。かごしま茶の大きな特徴は、各産地の環境に合わせ、品種が多様化している点。芽吹く時期もそれぞれに異なる。主な品種を芽吹く順番に並べると、「ゆたかみどり」「さえみどり」「あさつゆ」「やぶきた」「おくみどり」となる。一方、産地ブランドとしては知覧が突出して強い。地域ごとの多様性を生かし、県内他産

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 緑茶特集

    飲料

     新茶の時期に入った。今年はコロナ自粛の真っ最中で、新茶のイベントや、流通界でのキャンペーンも中止で、例年とは違った厳しいスタートになった。またコロナの影響は茶業界にも大きな打撃を与えた。巣ごもり需要の拡大でスーパーを中 […]

    詳細 >