本格焼酎特集

本格焼酎特集:原料別動向=コメ 商業施設に発信基地

酒類 2020.05.11 12049号 05面

 コメ製焼酎の19年課税移出数量は、前年比4.9%減で3万4569kl(構成比8.5%)だった。最大産地である熊本県では、1万1384klで前年比3.3%減となり、昨年に比べ減少率が改善している。  トップメーカーの高橋酒造は、「謹醸しろ(金しろ)」「吟醸しろ(銀しろ)」をそれぞれソーダ割りしハイボールで飲むという「金ハイ」「銀ハイ」の提案に注力してきた。若年層や女性といった、新たな顧客の開拓に向けてさまざまな工夫を凝らす。昨年は缶製品の「金しろハイボール キンハイ」「銀しろ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 本格焼酎特集

    本格焼酎特集

    酒類

     日本酒造組合中央会がまとめた19年(1~12月)の本格焼酎課税移出数量は、40万9023klとなり前年の42万5309klと比べ3.8%減だった。引き続き減少傾向にはあるが、減少率は前年比で小さくなった。原料別でみると […]

    詳細 >