近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:コノミヤ・芋縄隆史社長 強固な経営体制構築を目指す

小売 2020.09.26 12121号 12面

 ◇コノミヤ 芋縄隆史代表取締役社長
 近畿・東海の広域でチェーン展開するコノミヤは、19年9月に「コノミヤ尼崎店」を出店し兵庫県初進出、20年5月に「スーパーおくやま」(奈良県、6店舗)を買収し奈良県初進出を果たし、店舗展開エリアをさらに拡大している。グループ全体の店舗数は91店舗となった。また、2月にはホールディングスを立ち上げ、グループ再編にも着手、組織を一新し、より強固な経営体制を構築することで、今後も積極的に業容拡大を進める。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     新型コロナウイルス感染拡大の影響による長引く外出自粛や学校休校、テレワークの増加などで内食需要(巣ごもり需要)が高まったことが追い風となり、食品スーパーは概ね好調に推移している。保存性の高い加工食品だけでなく、家庭内で […]

    詳細 >