近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:関西地区百貨店動向=コロナ禍打撃、回復基調も足取り鈍く

小売 2020.09.26 12121号 04面

 ●巣ごもりでEC販売は好調
 日本百貨店協会によると、20年上期の大阪地区百貨店売上高の対前年増減率は、1月2.2%減、2月21.0%減、3月42.2%減、4月78.9%減、5月68.0%減、6月24.2%減で、計39.5%減となった。新型コロナウイルスの影響拡大により、2月から全国的に国内外顧客の集客・売上げともに厳しい環境下に入った。緊急事態宣言明けの5月下旬からは回復基調に転じている。7月はコロナ第2波による新規感染者数の急拡大の影響が懸念され

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     新型コロナウイルス感染拡大の影響による長引く外出自粛や学校休校、テレワークの増加などで内食需要(巣ごもり需要)が高まったことが追い風となり、食品スーパーは概ね好調に推移している。保存性の高い加工食品だけでなく、家庭内で […]

    詳細 >