近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:さとう・佐藤総二郎社長 SMの社会的意義を再認識

小売 2020.09.26 12121号 13面

 ◇さとう 代表取締役社長・佐藤総二郎氏
 京都府福知山市に本部を置く総合小売業「さとう」を中核とする「さとうグループ」の19年度の連結売上高は939億円(前年比1.2%増)と過去最高を更新し10年連続の増収を成し遂げた。20年度の経営方針のテーマを「私たちは創業354年を迎え、引き続きお客様の本当のニーズやご要望に耳を傾け、気付き、新しい時代の消費生活への対応を一段と進めます」とし、売上高990億円(同5.4%増)を目指す。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     新型コロナウイルス感染拡大の影響による長引く外出自粛や学校休校、テレワークの増加などで内食需要(巣ごもり需要)が高まったことが追い風となり、食品スーパーは概ね好調に推移している。保存性の高い加工食品だけでなく、家庭内で […]

    詳細 >