近畿中四国小売流通特集

近畿中四国小売流通特集:きむら・木村宏雄社長 鮮魚の活用で差別化徹底

小売 2020.09.26 12121号 18面

 ◇きむら 木村宏雄代表取締役社長  きむらは、魚港での直の卸権利や加工センターを持ち、鮮魚を中心に生鮮の差別化で成長してきた。新鮮市場きむらには、他の食品スーパー(SM)とは差別化できる材料は揃っている。今後はその魅力をもっと生かしていきたいとする木村宏雄社長に同社の現状と今後の方針について聞いた。  ●水産加工センター武器に 鮮魚の活用で差別化徹底  --コロナの影響での業績は。  木村 当社規模のSMは家庭内需要が増加した影響で好調なところが多いと思うが、当社も5、6月

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国小売流通特集

    近畿中四国小売流通特集

    小売

     新型コロナウイルス感染拡大の影響による長引く外出自粛や学校休校、テレワークの増加などで内食需要(巣ごもり需要)が高まったことが追い風となり、食品スーパーは概ね好調に推移している。保存性の高い加工食品だけでなく、家庭内で […]

    詳細 >