新春特集第1部

新春特集第1部:パッケージ最前線 21年は包装見直す転換期 「持続可能性」キーワード

機械・資材・IT 2021.01.01 12166号 05面

 ●食の未来支える技術に期待

 コロナ禍に伴い、生活者の消費行動は劇的に変化した。新しい生活様式(ニューノーマル)が“ノーマル”になるであろう2021年は、食品包装の在り方を見直す転換期になるかもしれない。日本食糧新聞が予想する今年のパッケージトレンドのキーワードは「サステナビリティー(持続可能性)」。省資源、新素材、コミュニケーションを軸に、食の未来を支える技術や取組みに期待したい。(涌井実)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 新春特集第1部

    新春特集第1部

    総合

     2021年は、団塊世代が後期高齢者となり始める22年を目前に控え少子高齢化と生産年齢人口の減少が加速する中で、ワクチンの普及次第ではあるものの、新型コロナウイルスへの感染リスクとは依然、背中合わせ、感染症対策の影響を受 […]

    詳細 >