ふりかけ・お茶漬け特集

ふりかけ・お茶漬け特集:お茶漬け 前年比2桁成長 反動減も微少

水産加工 2021.04.19 12216号 05面

 お茶漬け市場は前期、前年比11%増の194億円で着地したとみられ、久しぶりの2桁増を果たした。ふりかけ同様に20年2月から急伸し、以後も好調。もともと年末年始に続く第2の需要期の夏に大幅に伸ばした。続く秋も増大し、永谷園の「めざまし茶づけ」が後押し。21年2月からの反動減も微少とみられる。増えた家のご飯食、食欲を増進する価値が再評価された。
 市場は永谷園の「お茶づけ海苔」「さけ茶づけ」「梅干茶づけ」で大半を占め、前期は8、6食入りの大容量品に消費が

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • ふりかけ・お茶漬け特集

    ふりかけ・お茶漬け特集

    水産加工

     ふりかけ・お茶漬け市場は前期、明暗を分けた。ふりかけは規模を微減し、お茶漬けは大幅に拡大した。前年の特需からの反落もふりかけで大きく、お茶漬けは微少。今期は失った弁当・おむすび利用の回復案、用途拡大策、内食を習慣にする […]

    詳細 >