酒類流通の未来を探る

酒類流通の未来を探る:名畑・名畑豊社長 “真の提案力”磨き上げ

酒類 2021.07.17 12263号 12面

 ◇エリア有力卸に聞く
 大阪を本拠に飲食店の繁盛サポート役を担う業務用酒類食品卸・名畑。コロナ禍の中、名畑豊社長は飲食店での感染防止対策に向け、自社開発のマウスシールドの提案などに力を入れる。21年3月には外食産業復活に向けた総合サポート提案会「食王(ショッキング)」を2年ぶりに大阪市内で開催。コロナ禍の今だからこそ、社員一人一人が“真の提案力”に磨きをかけ、企業基盤を強化するとともに飲食店との絆を深める。(藤林敏治)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酒類流通の未来を探る

    酒類流通の未来を探る

    酒類

     国内酒類業界が歴史的な苦境に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大から1年余りが過ぎる中、繰り返される緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、業務用市場は壊滅的な打撃を受けた。飲食店の倒産や業態転換が相次ぎ、コロナ […]

    詳細 >