酒類流通の未来を探る

酒類流通の未来を探る:全国系卸の戦略=伊藤忠食品 消費者起点の戦略描く

酒類 2021.07.17 12263号 11面

「カバランディスティラリーセレクト No.2」

「カバランディスティラリーセレクト No.2」

「ベルルッキ キュベ・インペリアーレ ブリュット」

「ベルルッキ キュベ・インペリアーレ ブリュット」

「Food waveオンライン2021秋冬」の画面イメージ

「Food waveオンライン2021秋冬」の画面イメージ

 ◇伊藤忠食品・角田憲治取締役常務執行役員営業統括部門部門長代行兼商品本部本部長
 伊藤忠食品は酒と食を組み合わせたフードペアリング提案を加速し、消費者起点の新しい売場作りに力を入れる。レシピ動画メディア「デリッシュキッチン」を運営するエブリーのデジタルサイネージの導入店舗をさらに広げ、売場と連動したレシピ提案で需要を掘り起こす。「消費者起点に立ち返り、実際の購入につながる売場作りをメーカー・小売業と一体的に進める姿を目指す」と語る角田憲治取締役常務執

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酒類流通の未来を探る

    酒類流通の未来を探る

    酒類

     国内酒類業界が歴史的な苦境に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大から1年余りが過ぎる中、繰り返される緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、業務用市場は壊滅的な打撃を受けた。飲食店の倒産や業態転換が相次ぎ、コロナ […]

    詳細 >