酒類流通の未来を探る

酒類流通の未来を探る:全国系卸の戦略=三菱食品 卸機能・商品、磨き込み

酒類 2021.07.17 12263号 09面

「LFE ダンシングフレイムプレミアム カベルネソーヴィニヨン」

「LFE ダンシングフレイムプレミアム カベルネソーヴィニヨン」

「シゲキックスチューハイソーダ味」

「シゲキックスチューハイソーダ味」

一合飲みきりの日本酒「蔵べる」シリーズ(スーパーマーケット・トレードショー2021)

一合飲みきりの日本酒「蔵べる」シリーズ(スーパーマーケット・トレードショー2021)

 ◇三菱食品・橋本和典常務執行役員酒類事業本部長
 三菱食品は今期、卸機能の磨き込みと卸ならではのオリジナル商品の開発といった事業を同時推進する。卸のノウハウを生かした商品提案で収益を創出。物流や情報システムといった非競争分野では、デジタル化や異業種も含めた協業でコスト削減を一層進めていく。新中計で掲げる地域コミュニティーの活性化に対しても、酒類視点での長期的な取組みに着手する考えだ。橋本和典常務執行役員酒類事業本部長に市場環境や重点戦略を聞いた。(丸

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 酒類流通の未来を探る

    酒類流通の未来を探る

    酒類

     国内酒類業界が歴史的な苦境に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大から1年余りが過ぎる中、繰り返される緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、業務用市場は壊滅的な打撃を受けた。飲食店の倒産や業態転換が相次ぎ、コロナ […]

    詳細 >