日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=浜松パワーフード

コラム 2019.04.22 11867号 01面

 静岡県長泉町が本社のマックスバリュ東海と名古屋市が本社のマックスバリュ中部が9月1日付で合併するに当たり、本社を両社の中間地点となる「浜松」に置くことを決め、流通界で浜松が脚光を浴びた▼浜松市は「大都市の健康寿命」で2016年から3年連続1位を獲得。同市もその理由の一つに浜名湖や遠州灘など、豊かな自然と豊富な食材に恵まれていると挙げる▼また、同市が打ち出すのが「出世の街浜松」。これは長命でもあった徳川家康など浜松城主の多くが出世したことに由来し、浜松城は出世城とも呼ばれる

 ...続きを読む

その他

  • コラム

    胃心伝真=浜松パワーフード(2019.04.22)

     静岡県長泉町が本社のマックスバリュ東海と名古屋市が本社のマックスバリュ中部が9月1日付で合併するに当たり、本社を両社の中間地点となる「浜松」に置くことを決め、流通界で浜松が脚光を浴びた▼浜松市は「大都市の健康寿命」で2016年から3…

  • ニュース

    「糖質最前線バランス食特集」に興味津々の生徒

    関西調理師学校に糖質最前線バランス食特集を配布(2019.04.22)

     【関西】関西調理師学校(大阪市旭区)で18日、生徒約40人に小紙「糖質最前線バランス食特集」(4月10日発行)掲載紙を配布した。同特集は、糖質や炭水化物にまつわる消費者の誤解を解くことを目的として発行している。

     柏木康…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会「機能評価技術やビッグデータ用いた食品開発の新展開」5月17日開催(2019.04.22)

     日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は「機能評価技術やビッグデータを用いた食品開発の新展開」のテーマで、軽部征夫東京工科大学学長を座長に迎え、5月17日に東京・アキバプラザで開催する。

     機能性評価技術や機器…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会「環境と容器包装の最新動向」テーマに開催(2019.04.22)

     日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は3月5日、東京・秋葉原で「環境と容器包装の最新動向」をテーマに開催した。日清製粉グループ本社・原田隆常務取締役が座長を務め、同会員など45人が参加した。

     講演(1)環境…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会講演:環境省・井関雄一郎氏(2019.04.22)

     ◆「プラスチックを取り巻く国内外の状況」 環境省環境再生資源循環局総務課リサイクル推進室・井関雄一郎氏

     ●プラスチックを取り巻く現状とわが国での対策の検討状況

     プラスチックは、その機能の高度化を通じて食品…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会講演:凸版印刷・香川幸子氏(2019.04.22)

     ◆「環境対応型パッケージへの取り組み」 凸版印刷生活・産業事業本部ビジネスイノベーションセンター開発本部第一開発部包材開発2チーム・香川幸子氏

     包装容器は保存性や使用性、輸送耐性、美装性といった多様な機能を有している一…

  • 展示会

    初日に行われた関係者らによるテープカット

    「FABEX2019」きょうまで 「食の未来戦略」訴求(2019.04.19)

     東京ビッグサイト西ホールで開催中の日本食糧新聞社主催「FABEX2019」(ファベックス、デザート・スイーツ&ベーカリー展)と「食品&飲料OEMマッチングEXPO」はきょう最終日を迎える。「麺産業展」「食肉産業展」「ワイン&グルメ」…

  • コラム

    胃心伝真=ダイバーシティ(2019.04.19)

     液体ミルクなどの表示「母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養です」がネット上で物議をかもしている。「母乳の出ない母親が罪悪感にとらわれる」という批判だ。批判者は消費者庁やコーデックス委員会のルールに従ったという回答では納得するまい。母乳に…

  • 展示会

    ジム・リュウ氏(右)とケイト・バー氏

    シアル・チャイナ 出展4300社、5月14日から上海で開催(2019.04.19)

     食品・飲料総合国際見本市「SIAL CHINA2019(シアル・チャイナ)」が5月14~16の3日間、上海SNIECで開催される。記念の第20回を迎え、4300社の出展、11万2000人の来場を見込む。2000年の第1回との比較で、…

  • 統計・分析

    日食笑味川柳(2019.04.19)

     ・平成の プレイバック 特集号

     ・バブルから 価格破壊し デフレへと

     ・流行語 格差社会や 爆買いも

     ・大賑わい 平成最後の FABEX

     ・想い込め 平成号が 出航へ

    <…
  • セミナー・催し物

    4社の担当者と試食に供されたメニュー

    オタフクソースら、4社協同で試食会 食物アレルギーに配慮(2019.04.19)

     食物アレルギー配慮商品を持つオタフクソースと永谷園、日本ハム、ハウス食品は4社共同によるマスコミ向けの試食会を12日、ホテルニューオータニで開催した。当日は4社の食物アレルギー配慮商品を使用したメニュー6品の試食を行うとともに、NP…

  • ニュース

    太陽化学、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果を検証(2019.04.19)

     太陽化学はこのほど、奈良女子大学と共同で日本農芸化学会2019年度大会で、身体的疲労の軽減や回復に対して「モリンガ種子抽出物」が有用な可能性があると発表した。現在は動物組織中でのPPAR活性化への影響を検討中で、今後はヒトでの有効性…

  • 新刊紹介

    池田弘著『ライフデザイン力未来を切り開く力の育み方』東京書籍刊(2019.04.19)

     「ライフデザイン力」とは、自分の未来を設計・構想し、実現していく力のことです。(ライフデザイン力未来を切り開く力の育み方「はじめに」から一部抜粋)

     生活設計や人生設計とは異なり、明確な目標を持ち、達成するまで、そして達…

  • インタビュー

    農研機構・久間和生理事長に聞く 日本農業を強い産業へ 人工知能とデータ連携基盤の活用を(2019.04.19)

     国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、1893(明治26)年に設立された農商務省農事試験場にその起源を持ち、本部を茨城県つくば市に置く常勤職員約3300人(うち研究職員約1800人)を抱える農業分野における日…

  • 展示会

    ふれあいクッキング料理教室(18年会場)

    「ふれあいクッキング☆スタジアム」東京ビッグサイトで25日開幕 市販食品の魅力紹介(2019.04.17)

     日本食糧新聞社は、市販食品の魅力を紹介する食の体験イベント「第8回ふれあいクッキング☆スタジアム」を25~27日、東京・有明の東京ビッグサイト西ホールで開催する。エスビー食品、キユーピー、J-オイルミルズ、正田醤油、日本即席食品工業…

  • ニュース

    ラグビーW杯をサポートする「ハイネケン」は、各種施策の展開で大会を盛り上げる

    ラグビーW杯を商機に 4300億円の経済効果期待(2019.04.17)

     新元号「令和」の発表以降、食品業界では祝賀ムードをとらえた改元商戦が熱を帯びているが、19年の食品市場の先行きは極めて不透明感が強い。最大の懸念事項は、10月に迫った消費増税の実施による需要の冷え込みだ。そうした中、下半期の消費の起…

  • コラム

    胃心伝真=スイーツの懐(2019.04.17)

     ひな祭りや節句などの伝統行事に加え、クリスマスやハロウィーンなど、海外発のイベントも定着しているわが国。最近では“復活祭”で知られるイースターが認知度を高めている▼言わずもがな、食品業界にとって歳時やイベントはビジネスチャンス。売場…

  • セミナー・催し物

    首相主催、平成最後の「桜を見る会」(2019.04.17)

     安倍晋三首相主催の平成年代最後の「平成31年桜を見る会」(観桜会)=写真=が13日、東京・新宿御苑で開催された。安倍内閣としては第一次政権時代を含めて8回目となる。

     各界各層、それぞれの分野で活躍する著名人をはじめ各国…

  • セミナー・催し物

    HACCP義務化対応「食品技術者養成学校」 通算300人超が受講(2019.04.17)

     食品製造現場の監督者、中堅幹部候補者、製造や品質管理の担当者、生産委託先工場の管理指導者などを対象に食品工場の改善活動の推進に不可欠なリーダーシップをもち必要な知識と技術を兼ね備えた“食品技術者”を養成します。

     修了証…

  • ニュース

    北海道HACCP、7施設・10食品群を新たに認証(2019.04.17)

     【北海道】北海道庁は5日、北海道HACCPで新規認証された7施設、10食品群を発表した。道は2006年度から取り組んだ「北海道HACCP自主衛生管理認証制度」でHACCP導入を推進。

     認証食品には北海道HACCP自主衛…

  • セミナー・催し物

    農水省、気候変動と農業技術で国際シンポジウム開催(2019.04.17)

     【関西】農林水産省は気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム「地球規模で考える気候変動と農山漁村」を5月13~15日、滋賀県内で開催する。参加無料。

     5月8~12日に京都市で開催される「気候変動に関する政府間パネル(…

  • ニュース

    前回のコンテストの風景

    国立循環器病研究センター、減塩食レシピを募集(2019.04.17)

     【関西】国立循環器病研究センター(以下国循)では、循環器病予防を目的としたおいしい減塩食のレシピコンテスト「第4回S-1g(エス・ワン・グランプリ)大会」のレシピ募集を8日から開始した。

     国循は12年12月に刊行した「…

  • セミナー・催し物

    食品経営者フォーラム「デジタル資本主義がもたらす未来」4月23日開催(2019.04.15)

     日本食糧新聞社主催食品経営者フォーラムは日戸浩之野村総合研究所上席コンサルタントを迎え、23日にホテルニューオータニ東京で開催する。テーマは「デジタル資本主義がもたらす未来~生活者1万人アンケート調査からみる生活者の変化~」

  • 展示会

    初日の来場登録所(2018年)

    「FABEX2019」17日開幕 全7展、総力挙げ新提案(2019.04.15)

     「令和」新時代スタートを前に、日本食糧新聞社主催の食品総合見本市「FABEX2019」(第22回ファベックス、第16回デザート・スイーツ&ベーカリー展)が17日、東京・有明の東京ビッグサイト西ホールで開幕する。同時開催の「第7回食品…

  • コラム

    胃心伝真=大阪に世界遺産(2019.04.15)

     近畿2府4県で唯一、世界遺産がない大阪府。なんとである。だが今夏、もしやは起こるかもしれない。わが街堺から羽曳野にかけて世界文化遺産登録の期待がかかる。社会の教科書でご存じの世界三大墳墓・仁徳天皇陵を含む「百舌鳥古墳群と古市古墳群」…

  • 新刊紹介

    日本食糧新聞社、『2019年版食品業界ビジネスガイド(食糧年鑑)』好評発売中(2019.04.15)

     日本食糧新聞社発行の『2019年版食品業界ビジネスガイド(食糧年鑑)』が完成しました。本書の「資料・統計編」は、平成の総括として平成の食品業界の出来事を見やすくまとめています。2018年の食品産業界の総括および12業種110品目の業…

  • コラム

    胃心伝真=平成秘話(2019.04.12)

     世論紙・提言紙・応援紙--。社是の一つであり、弊紙の報道基本方針でもあるこの標語、「応援紙」は以前「擁護紙」だった。このコラムの前身、昭和40年3月2日から平成3年9月30日まで続いた「仁王門」も食品業界の盾となる意が込められていた…

  • ニュース

    クローゼット(Clozette)Webサイト

    クールジャパン機構、インフルエンサーを使ったマーケティング会社に出資(2019.04.12)

     クールジャパン機構は9日、シンガポールを拠点とするベンチャー企業「クローゼット(Clozette)」(https://www.clozette.co/)への出資を発表した。同社はシンガポール、インドネシアを中心にマレーシア、フィリピ…

  • 統計・分析

    2月家計調査 消費支出は1.7%増(2019.04.12)

     総務省が発表した2月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は27万1232円となり、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比1.7%増加した。3ヵ月連続の増加だった。

     惣菜・外食などを含む食料…

  • 展示会

    ブースイメージ

    オリエンタル酵母工業、ファベックス2019に出展 業務用製品を提案(2019.04.12)

     日清製粉グループのオリエンタル酵母工業は、17日から19日の3日間、東京ビッグサイトで開催される惣菜デリカ・弁当・中食・外食業界に特化した国内最大級の業務用専門展「第22回ファベックス2019」に出展する。中食・外食企業および食品メ…