日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=古典籍

コラム 2018.01.24 11650号 01面

 特に価値が認められている古書を古典籍というそうだ。そうした古典籍をデジタル化して活用する取組みを知った。23年までに30万点の全冊画像を作成するという▼江戸時代前期の料理人向け料理書と、後期の庶民向け料理本もその一つ。古典籍を知ってもらうため、まずは料理本に取り組んだ。味の素食の文化センターの図書館所蔵の約300点を人間文化研究機構の国文学研究資料館がデジタル化、昨年5月からWebで公開した

 ▼趣旨に賛同したクックパッドも日本家政学会食文化研究部会と連携、「江戸ご飯」として...続きを読む

その他

  • コラム

    胃心伝真=古典籍(2018.01.24)

     特に価値が認められている古書を古典籍というそうだ。そうした古典籍をデジタル化して活用する取組みを知った。23年までに30万点の全冊画像を作成するという▼江戸時代前期の料理人向け料理書と、後期の庶民向け料理本もその一つ。古典籍を知って…

  • ニュース

    飛田稔章JA北海道中央会会長(左)と内田和幸ホクレン会長

    JA北海道中央会・飛田稔章会長が会見 「安全・安心最優先で」(2018.01.24)

     【北海道】JA北海道中央会の飛田稔章会長は19日、札幌市内で定例記者会見を行い、組織の自己改革や米国との経済対話についての考えを示した。

     飛田会長は自己改革について「基本目標と実践方策の進捗(しんちょく)状況はまだ道半…

  • ニュース

    農水省、輸出に取り組む優良事業者表彰 大臣賞にスギヨなど5事業者(2018.01.24)

     農林水産省は12日、昨年度に続き2回目となる「平成29年度輸出に取り組む優良事業者表彰」の受賞者を決定し、農林水産大臣賞にスギヨ(石川県七尾市)など5事業者、食料産業局長賞に三島食品など10事業者を選んだ。表彰式典は2月2日、東京都…

  • インタビュー

    コックス・バザール事務所スニー・シン氏((C)WFP/Saikat Mojumder)

    国連WFPバングラデシュのコックス・バザール事務所 スニー・シン氏に聞く ロヒンギャ難民支援(2018.01.24)

     国連WFPバングラデシュ、コックス・バザール事務所のスニー・シン氏は、ロヒンギャ難民が大規模発生した17年8月、真っ先に支援に取り組んだ。危機発生から3ヵ月、昨年12月に当時の状況を聞いた。(三輪周二)

  • セミナー・催し物

    鵜飼良平理事長

    日本食品衛生協会、新春賀詞交歓会を開催 HACCP普及けん引(2018.01.24)

     日本食品衛生協会は15日、東京都港区の明治記念館で18年新春賀詞交歓会を開催して創立70周年を祝い、HACCPの制度化に向けて一層の事業推進を確認した。

     鵜飼良平理事長は、厚生労働省が食の安全性のさらなる向上を図るため…

  • セミナー・催し物

    中村正己会長

    日本能率協会、新春の集いを開催 今までのJMA超えに向け挑戦(2018.01.24)

     日本能率協会(JMA)の中村正己会長は、創立100周年に向けての第4クオーターのスタートとなる今年の方針として「今までのJMAを超えるJMAに向かって挑戦する」と表明した。12日に東京都港区の東京プリンスホテルで開催した「2018年…

  • ニュース

    日清ペットフード、「愛犬キッチン」にお徳用ハンバーグ(2018.01.24)

     日清製粉グループの日清ペットフードは、17年9月に新設した「Lovely 愛犬キッチン」ブランドの冷凍ハンバーグシリーズから、「お徳用ハンバーグ」2品を9日から新発売した。

     商品特徴は、(1)ハンバーグをオーブンで焼い…

  • 統計・分析

    17年の訪日客飲食費 2桁増の8800億円超 18年1兆円も視野(2018.01.22)

     観光庁によると17年の訪日外国人客の旅行消費額(速報値)は4兆4161億円、前年比17.8%増、過去最高を記録し、うち飲食費も8856億円、16.9%増と伸長した。費目別で飲食費は全体の20.1%を占め、ほぼ16年の水準を確保。18…

  • コラム

    胃心伝真=薫陶(2018.01.22)

     14日、北海道枝幸町歌登では今季国内で最も低い-28.6度Cを記録。一方、札幌ではこの1ヵ月で7回も雨が降った。記録的な猛吹雪、極寒、降雨のサイクルは異常である▼北海道新春特集向けに寄せてもらった年頭所感では、異常気象を吹き飛ばす力…

  • インタビュー

    2018新春の抱負:国民生活産業・消費者団体連合会・小川賢太郎会長 組織強化への支援を(2018.01.22)

     来年の今上陛下のご退位と皇太子さまの新天皇ご即位が決まり、平成もあとわずかとなりました。東京オリンピック・パラリンピックも秒読みとなり、未来への希望を積み重ねていくにはまたとない好機の年といえるでしょう。しかしその半面、来年10月に…

  • 統計・分析

    日食笑味川柳(2018.01.22)

     ・列島に 寒波襲来 冬化粧

     ・冷え込んで 野菜高値で 鍋思案

     ・ご予約は 早めと急がす 恵方巻

     ・電車内 猫も杓子も スマホやり

     ・宅配で 満足運ぶと 強調し

     〈…

  • セミナー・催し物

    岡山県、名古屋で「晴れの国おかやま企業立地セミナー」開催(2018.01.19)

     岡山県は31日午後4時から、名古屋東急ホテルで「晴れの国おかやま企業立地セミナー」を開催する。伊原木隆太岡山県知事が県の魅力や優位性を紹介するほか、三宅昇岡山県産業振興財団理事長と産本弘之岡山県工業技術センター所長が立地企業へのサポ…

  • コラム

    胃心伝真=SNS拡散(2018.01.19)

     「最初は何が起こったか分からなかった」とメーカー側が異口同音に話すのが、SNS拡散による急激な受注増。三島食品の「ゆかり三姉妹」しかり、マリンフードの「たらこスプレッド」しかりだ。

     「ゆかり三姉妹」は、ロングセラー「ゆ…

  • 展示会

    東京都、「TOKYOイイシナ展示商談会」23日に初開催(2018.01.19)

     東京都は23日、東京都立産業貿易センターで、東京都地域特産品認証食品(Eマーク認証食品※)や都内産農林水産物などの販路開拓・PRを目的とした「TOKYOイイシナ展示商談会」を初開催する。商談会には、東京都地域特産品認証食品事業者、都…

  • ニュース

    ファントゥファン、本社に東京採用センターを新設(2018.01.19)

     人材総合サービスのファントゥファンは15日、東京都千代田区の本社内に東京採用センターを新設した。これまで本社内にあった東京営業所は立川に移転し、多摩地区の食品関連人員需要に対応する。

     同社は昨年12月に茨城県守谷市に採…

  • セミナー・催し物

    関西食品界・新春の集い 環境変化への対応強調(2018.01.19)

     【関西】新春恒例の賀詞交歓会や新年会が各方面で催され、関西食品界の2018年が幕を開けた。各代表者のあいさつでは、加速する環境変化への対応の重要性をあらためて説いたものや、「ワンダフルな年に」「オンリーワンを目指して」など、戌(いぬ…

  • セミナー・催し物

    吉田稔支部長

    関西食品界・新春の集い:日本弁理士会近畿支部 地域の知財活性化へ(2018.01.19)

     【関西】日本弁理士会近畿支部は12日、インターコンチネンタルホテル大阪(大阪市北区)で、「新年賀詞交歓会」を開催した。会員や関係者ら約160人が出席し、近畿圏での知財ネットのワーク充実を誓った。

     あいさつで吉田稔支部長…

  • ニュース

    日本政策金融公庫神戸支店、北條製餡に融資 低糖質あん拡大(2018.01.19)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)神戸支店中小企業事業は17年12月28日、北條製餡(あん)(兵庫県姫路市)に「新事業育成資金」を適用し、設備資金3000万円を融資したと発表した。

     同社は、主に業務用あん類を製造する…

  • ニュース

    石積忠夫日展協会長

    ビッグサイト休館問題 日本展示会協会、再考を求める 2兆円消失で(2018.01.17)

     日本展示会協会(日展協)は12日、東京都内で18年の新年会を開催し、東京2020オリンピック・パラリンピック開催のため休館・閉鎖を予定する江東区有明にある東京ビッグサイト(東京国際展示場)の使用をめぐって、再考を求める意見交換を行っ…

  • セミナー・催し物

    約540人が参加して行われた「第5回中部食品界賀詞交歓会」

    本紙中部支社主催「中部食品界賀詞交歓会」開催 「日本食」価値向上を(2018.01.17)

     【中部】本紙中部支社が主催する「第5回中部食品界賀詞交歓会」が10日、ホテルメルパルク名古屋で開催され、中部地区を代表する食品スーパー、ドラッグ、外食、中食、卸、メーカーなど約540人が参加した。(立川大介)

  • セミナー・催し物

    食品産業文化振興会「宅配がなくなる日」1月30日開催(2018.01.17)

     日本食糧新聞社主催の食品産業文化振興会は松岡真宏フロンティア・マネジメント社長を迎え、30日に東京・アキバプラザで講演会を開催する。テーマは、「宅配がなくなる日~同時性解消の社会論~」。

     講演内容は、(1)「時間資本主…

  • コラム

    胃心伝真=商品価値(2018.01.17)

     工場で作られた製品が流通に乗って商品となっていく流れを見ていると、優れた製品が優れた商品になるとは限らないことが分かる▼商品は商うもの。人から人へと動いていく中で、その価値に見合ったものに人は対価を払い、手に取る。そぐわない時、そこ…

  • セミナー・催し物

    本紙中部支社主催「静岡県食品業界賀詞交歓会」開催(2018.01.17)

     「第45回静岡県食品業界賀詞交歓会」(写真)が5日、本紙中部支社主催の下、静岡食品卸同業会と静岡食品メーカー同業界の共催によって、静岡商工会議所で開催された。当日はスーパー、中食、卸、メーカーなど、過去最高の314人が参集した。

  • セミナー・催し物

    日本食品添加物協会、賀詞交歓会を開催 信頼関係醸成結ぶ年に(2018.01.17)

     日本食品添加物協会は11日、東京都千代田区の如水会館で賀詞交歓会を開催、関係者380余人が参加した。

     國本裕会長(味の素社)は「昨年、食品業界に大きな不祥事は起きなかった。食中毒発生や加工食品の自主回収も続いており、食…

  • セミナー・催し物

    林原、2月10日岡山でライフセミナー開催(2018.01.17)

     【中国】林原は、「林原ライフセミナー」を2月10日に岡山で開催する。初開催となる今回は、「健康・長寿のための食事づくり最前線」をテーマに、生活習慣病対策から嚥下(えんげ)食・介護食の調理や提供方法などを専門講師が紹介する。

    <…
  • 人事

    アイリスオーヤマ、新社長に大山晃弘氏(2018.01.15)

     アイリスオーヤマは11日、7月1日付で大山晃弘取締役が代表取締役社長に就任する人事を発表した。現社長の大山健太郎氏は代表取締役会長に就く。経営の若返りが目的。

        *

     大山晃弘氏(おおやま・あきひろ)1…

  • コラム

    胃心伝真=人手不足(2018.01.15)

     2018年がスタートした。昨年に続き株式市場は好調で、今年中には平均株価が2万5000円台に乗るのではといった臆測もすでに出始めている▼一方で、「人手(人材)不足」や「原材料・資材価格の上昇」、19年10月に予定されている「消費税増…

  • コラム

    ポイント=人財(2018.01.15)

     生産年齢人口の減少から、このごろ頻繁に人手不足ということを聞く。人員さえ投入すれば仕事は何とかなると考えられてきた中にあって、ようやくその質ややり方が問われるようになった▼人材育成セミナー企画のきっかけは某化学薬品工場の爆発事故だっ…

  • セミナー・催し物

    製配販3層が勢揃いし熱気あふれる会場

    本紙関西支社主催「関西食品業界賀詞交歓会」開催 時代変化に連携誓う(2018.01.12)

     【関西】日本食糧新聞社関西支社は10日、新春恒例の「18年関西食品業界賀詞交歓会」を開催した。18回目の今回、会場の帝国ホテル大阪(大阪市北区)に、メーカー・卸・スーパーの製配販3層から328社1014人が参集し、変化対応での連携を…

  • コラム

    胃心伝真=襷つなぐ(2018.01.12)

     箱根駅伝を生で初観戦した。最終区の優勝校OB十数人が応援している近くで見ていた。母校のため、あれこれと応援の練習で盛り上がっていたが、目当ての走者は一瞬に通り過ぎ、「ワーッ」と歓声しか上げられていなかった。でも、皆満足そうだった▼よ…