日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=トランプ・リスク

コラム 2017.01.23 11473号 01面

 米国ドナルド・トランプ大統領の就任で、世界は政治的・経済的に新たな局面を迎えた。行き過ぎたグローバル化の鬼子ともいえる人物が大統領となり、産業界はトランプ・リスクへの警戒をいよいよ強めている▼16年に世界の富豪の資産評価額の合計は5.7%、約27兆9000億円増加したという。また国際NGOの調査によると、世界の富裕層上位8人が貧しい半分の36億人超に匹敵する資産を所有していることが分かった。中国やインドの実態が明らかになり、格差拡大が顕著になったという▼トマ・ピケティが『2...続きを読む

その他

  • コラム

    胃心伝真=トランプ・リスク(2017.01.23)

     米国ドナルド・トランプ大統領の就任で、世界は政治的・経済的に新たな局面を迎えた。行き過ぎたグローバル化の鬼子ともいえる人物が大統領となり、産業界はトランプ・リスクへの警戒をいよいよ強めている▼16年に世界の富豪の資産評価額の合計は5…

  • コラム

    ポイント=盛り付けとロボット(2017.01.23)

     日本ロボット工業会がまとめた「ロボット産業需給動向2016」によると、食品・飲料業界への産業用ロボットの年間出荷台数は2006年度から15年度までの10年間で約2倍に増加した。背景は助成制度など政府による後押しと近年の人手不足だ▼ニ…

  • セミナー・催し物

    鵜飼良平理事長

    日本食品衛生協会、新春賀詞交歓会を開催 HACCP取組み推進(2017.01.23)

     日本食品衛生協会は13日、東京都港区の明治記念館で17年新春賀詞交歓会を開催して、400人が参加した。昨年3月に厚生労働省でHACCP義務化・制度化が始まったことを受け、協会としての取組みを進める年にしていくことを共有した。

  • 展示会

    静岡県、「ふじのくに総合食品開発展2017」を開催(2017.01.23)

     【静岡】静岡県、静岡県JAグループ、公益財団法人静岡県産業振興財団は11日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ(静岡市駿河区)で「ふじのくに総合食品開発展2017」を開催した。

     今回で8回目の開催となった…

  • セミナー・催し物

    本紙中部支社主催「第4回中部食品界賀詞交歓会」開催 500人参集(2017.01.23)

     【中部】日本食糧新聞社中部支社が主催する「第4回中部食品界賀詞交歓会」=写真=が6日、ホテルメルパルク名古屋で開催され、中部地区を代表する食品スーパー、外食、中食、卸、メーカーなど500人が参集し、食品界の新年の門出を祝福した。

  • セミナー・催し物

    本紙中部支社主催「第44回静岡県食品業界賀詞交歓会」開催 過去最高の309人参加(2017.01.23)

     【静岡】「第44回静岡県食品業界賀詞交歓会」=写真=が5日、本紙主催のもと、静岡食品卸同業会と静岡食品メーカー同業会の共催によって、静岡商工会議所(静岡市葵区)で開催された。当日は、過去最高となる309人(127社)のメーカー、卸売…

  • 展示会

    名古屋銀行、地方創生をテーマにした商談会を3月3日に開催(2017.01.23)

     【中部】名古屋銀行は3月3日、6次産業化・農商工連携による地方創生をテーマにした「第2回あいち・じもと農林漁業成長応援『食』と『農』の大商談会」を名古屋市千種区の名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)で開催。豊橋信用金庫、瀬戸信用金…

  • ニュース

    農水省、「加工食品の原料原産地表示制度」に関する説明会を名古屋で開催(2017.01.23)

     【中部】農林水産省は13日、「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」に関わる説明会を桜華会館(名古屋市中区)で開催した。当日は、事前申し込みで当選した東海エリアの食品関係者約260人が、午前と午後に分かれ参加した…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会「アスリートと栄養(スポーツ選手の栄養摂取)」2月8日開催(2017.01.20)

     運動やスポーツによって身体活動量の多い人に対して、栄養補給や食に関わる事項に関して特別な管理が必要だとされている。「スポーツ栄養学」「スポーツ栄養マネジメント」として研究が進められ、体系化が進んでいる。

     スポーツ栄養と…

  • ニュース

    レジェンド・アプリケー ションズが全国10都市で開催している「HACCP3日間実践研修」

    食品安全研修、参加者層広がる HACCP義務化が背景(2017.01.20)

     農林水産省が実施する「食品の品質管理体制強化対策事業」の一環で助成を受け、各民間組織が開催する食品安全研修の一部では、参加者層の広がりが目立っている。当初の主な対象だった食品メーカーだけでなく、近年は流通や設備メーカー、設計事務所、…

  • コラム

    胃心伝真=ポスト真実(2017.01.20)

     英国オックスフォード大学出版局は、昨年を象徴する言葉に「ポスト真実」を選出した。客観的事実(真実)よりも、感情に訴えかけることで世論が動く現象を差し、あの「英国のEU離脱」や「米国大統領選挙」にも大きな影響を与えた▼現象の背景には、…

  • ニュース

    大阪市内の保育所栄養士ら約100人が参加した

    農水省、子育て世代に向け和食推進 近畿地区で講演と実演(2017.01.20)

     【関西】農林水産省が今年度からスタートさせた「『和食』と地域食文化継承推進委託事業のうち子育て・若者世代への和食文化普及推進委託事業」の近畿地区の専門職向けワークショップとして、大阪市内の保育所栄養士向けの講演・調理実演会(大阪市私…

  • セミナー・催し物

    日本ユニバーサルマナー協会、検定3級認定講座を開催 もてなし力を向上(2017.01.20)

     日本ユニバーサルマナー協会(大阪府)は高齢者や障がい者への適切な向き合い方を普及・啓発する「ユニバーサルマナー検定3級」認定講座を1月23日、日清医療食品の「nu dish Mousse Deli & Cafe(ニューディッシュ ム…

  • セミナー・催し物

    食品分析センター、2月27日に高松で講演会開催(2017.01.20)

     食品分析センターは2月27日、香川県高松市のサンポートホール高松で講演会を行う。定員は150人。参加費は無料。

     セミナーの概要は次の通り。

     ▽午後1時30分~開場▽2時~開会あいさつ▽2時5分~3時5分「…

  • ニュース

    エイジングケアの「セラインスティム クリーム」

    日本デイリーヘルス、セラミド配合化粧品を2月発売(2017.01.20)

     日本製粉グループの日本デイリーヘルスは、セラミド配合化粧品「セラインスティム クリーム」を2月1日から発売する。同品は、乾燥した角質層に潤いを与えるためのエイジングケアクリーム。日本製粉の独自技術で抽出したコメ由来セラミドと人型セラ…

  • セミナー・催し物

    関西食品界・新春の集い:加速化する時代変化へ対応(2017.01.20)

     17年の幕開けから3週間が経過するが、関西食品界でもこの間、新春恒例の賀詞交歓会や新年会が多数開催された。代表者のあいさつは、加速化する時代への変化対応が求められる中にあって、「酉(とり)年にふさわしく、商機・運気を“取り”込もう」…

  • セミナー・催し物

    日本政策金融公庫、「茶業交流会」を2月15日に開催 アオキ・青木豊彦会長が講演(2017.01.20)

     【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)奈良支店農林水産事業は2月15日、奈良市のホテル日航奈良で「平成28年度関西地区茶業交流会」を開催する。

     人工衛星「まいど1号」の打ち上げに成功したアオキ(大阪府東大阪市)の青木豊彦…

  • コラム

    胃心伝真=シェアリング(2017.01.18)

     さえきセルバホールディングス主催の新年特別講演で、伊藤元重東京大学名誉教授はいくつかのキーワードを示した。シェアリング、ビザスク、ウーバー、ウーバーイーツ、サブスクリプション・ビジネスなどだ▼人手不足対策として注目されるのがシェアリ…

  • ニュース

    サプライチェーンも調達コード適用範囲 東京2020大会組織委(2017.01.18)

     2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の開催に必要な物品・サービスに関する調達の基準や運用方法などを定める「持続可能性に配慮した調達コード」の適用範囲にはサプライチェーンも含まれる。大会組織委の持続…

  • セミナー・催し物

    沖縄県、投資環境PRセミナー開催 食品関連企業が対象(2017.01.18)

     沖縄県は27日、東京都港区のTKP新橋内幸町ビジネスセンターで県外の食品関連企業などを対象に、沖縄を拠点としたセントラルキッチン事業の展開状況や同県への立地メリットを紹介する「沖縄県投資環境PRセミナー」を開催する。

     …

  • セミナー・催し物

    (左)國本裕会長(右)北島智子厚労省部長

    日本食品添加物協会、賀詞交歓会を開催 食の安全・安心さらに向上(2017.01.18)

     日本食品添加物協会(日添協)は11日、東京都千代田区の如水会館で平成29年賀詞交歓会を行い、関係者380余人が集まった。

     國本裕会長は「協会では従来培ってきた“食の安全・安心”のさらなる向上と“お客さまとの信頼関係”の…

  • セミナー・催し物

    医薬基盤・健康・栄養研究所、2月に都内でセミナー開催(2017.01.18)

     医薬基盤・健康・栄養研究所は2月18日、「健康づくりのための身体活動」をテーマに東京都千代田区のよみうりホールでセミナーを開催する。

     九州大学基幹教育院の熊谷秋三教授による基調講演「健康寿命延伸のための身体活動・運動-…

  • ニュース

    農畜水産・加工食品調達基準の骨格固まる 東京2020大会組織委員会(2017.01.16)

     2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の開催に必要な物品・サービスに関する調達の基準や運用方法などを定める「持続可能性に配慮した調達コード」の骨格が、農産・畜産・水産それぞれの生鮮食品、加工食品の個…

  • コラム

    胃心伝真=感情労働(2017.01.16)

     「その電子マネーなら“いける”と思います」。年明けにCVSで、年賀状を電子マネーで購入しようとした時の若いスタッフの対応だ。丁寧語を使い切れておらず、あまりいけていないが、態度がまじめだったので思わず噴き出した。そのスタッフも誤用に…

  • ニュース

    ネット販売時の義務表示、提供促進で参考例 消費者庁、有識者報告書で(2017.01.16)

     消費者が購入時に食品の義務表示事項と同等の情報の内容を確認できるような環境の整備について、消費者庁が有識者の検討を基にまとめた「食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会報告書」(http://www.caa.go.jp…

  • インタビュー

    2017新春の抱負:日本食品衛生協会・鵜飼良平理事長 「食の安全」守り抜く(2017.01.16)

     昨年の熊本地震災害直後の支援活動においては、会員の皆さまをはじめ食品関係企業など多くの方からの義援金や衛生用品の支援物資、さらには近県市食協からの食品衛生指導員や役職員による人的支援のご協力などを賜りましたことに、あらためて御礼申し…

  • インタビュー

    2017新春の抱負:大塚ホールディングス・樋口達夫社長兼CEO 強み生かしサービス(2017.01.16)

     昨年は、米国・英国で世界に影響を与えるサプライズが起こった。過去の延長線上で未来を考えることがますます難しい時代になるだろう。

     世界では新たなビジネスモデルが次々と生まれる中にあって、大塚は常に新しいものに挑戦し続けて…

  • ニュース

    (上)復旧・復興は始まったばかり=糸魚川市提供(中)まちのシンボル奴奈川姫像(手前左)と糸魚川駅 (下)加賀の井酒造 (2016年3月撮影)

    食で「糸魚川」再生へ 糸魚川なりわいネットワークに期待(2017.01.16)

     新潟県西域に位置し、西は富山県、南は長野県に接する糸魚川市。北陸新幹線開業(2015年3月)、国内唯一の産出地である「翡翠(ヒスイ)」の国石決定(16年9月)など明るいニュースに沸き、市や観光協会、商工会議所など関係機関は、これを推…

  • セミナー・催し物

    食品産業文化振興会、「消費者志向黎明期から成熟期までの50年」前田ちえ子氏が1月30日講演(2017.01.13)

     日本食糧新聞社主催の食品産業文化振興会は、消費と生活社・前田ちえ子編集長を迎え、30日に東京・アキバプラザで開催する。講演内容は、(1)立場の弱い消費者の権利の保護時代(2)消費者の権利意識が高まる時代(3)消費者と企業の共生・協働…

  • ニュース

    日本食糧新聞、毎月1回「食の統計」スタート(2017.01.13)

     日本食糧新聞が創刊75周年を迎えることを記念して「食の統計」を毎月1回掲載します。加工食品と酒類の輸出入額、主な加工食品、飲料、菓子の生産量、食料・飲料卸売業、農畜産・水産物卸売業、スーパー、百貨店、コンビニエンスストア、ドラッグス…