日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=家計調査

コラム 2018.04.20 11691号 01面

 総務省統計局は3月15日、「家計調査(2人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(15年~17年平均)」を発表した。15年に「焼肉」が「洋食」から独立して初のランキングだ▼「焼肉」は全国平均6675円、1位金沢市(1万1430円)、2位大分市(1万1006円)、3位福井市(1万0898円)。人口10万人当たりの焼肉軒数が多い1位石川県、2位福井県、4位の大分県と、店舗数と比例する結果だ▼外食支出金額は全国平均16万8780円と14~16年平均より0.4...続きを読む

その他

  • コラム

    胃心伝真=家計調査(2018.04.20)

     総務省統計局は3月15日、「家計調査(2人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(15年~17年平均)」を発表した。15年に「焼肉」が「洋食」から独立して初のランキングだ▼「焼肉」は全国平均6675円、1位金沢…

  • 展示会

    主催・来賓が勢揃いしテープカットが行われた

    FABEX2018など7展、参加者は過去最高の7万8011人(2018.04.20)

     13日までの3日間開催した日本食糧新聞社主催の「第21回ファベックス2018」「第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展」、同時開催の「第6回食品&飲料OEMマッチングEXPO」「第5回ハラールマーケットフェア(併催=第1回オーガニ…

  • セミナー・催し物

    森田満樹氏

    FABEX2018:主催者特別セミナー=東京海洋大学非常勤講師・森田満樹氏 食品表示テーマに(2018.04.20)

     FABEX2018主催者特別セミナーとして11日、東京海洋大学非常勤講師で消費生活コンサルタントの森田満樹氏が「食品表示制度の現状と課題」と題したセミナーを開催した。当日は多くの受講希望者が来場し、立ち見となる希望者も多く見られた。…

  • 展示会

    左から準優勝の中野克浩氏、優勝した光畑滋充氏、第3位の山元雄太氏

    FABEX2018:アシエットデセール・コンテストで光畑滋充氏が優勝(2018.04.20)

     全日本洋菓子工業会と日本食糧新聞社の共催による「第12回グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト」の決勝大会が11~12日、「第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展」で開催された。応募総数80点による予選を突破した12…

  • 統計・分析

    日食笑味川柳(2018.04.20)

     ・蕗蕨 筍 入荷 若葉の候

     ・二刀流 鮮烈デビュー 大谷君

     ・すぐにでも 帰っておいでと 日ハムが

     ・備忘録 どこに置いたか つい忘れ

     ・記憶ない 記録にないと 言い逃れ

  • ニュース

    関西旅日記

    大阪国際空港、中央商業エリアを全面リニューアル(2018.04.20)

     【関西】大阪国際空港(大阪府豊中市)は18日、ターミナル中央の商業エリアを全面改装してオープンする。改装では到着口の中央集約と商業エリア拡充、屋上エリアのリニューアル、小型機対応フィンガー(桟橋)が新設。同空港は利用者に「新しい旅の…

  • セミナー・催し物

    胴上げされる国分中部の近藤匡志監督

    第28回日食杯争奪中部食品業界親善野球大会 攻守噛み合い、国分中部が初V(2018.04.20)

     4月1日、8日に行われた第28回日食杯争奪中部食品業界親善野球大会は、国分中部が初優勝を果たし、初の決勝進出となった中央設備エンジニアリングが準優勝に輝いた。大会規定により3位決定戦は行わないため、6年連続入賞の井村屋グループと中部…

  • 展示会

    FABEX2018:近畿・四国エリア82社出展(2018.04.20)

     【関西】日本食糧新聞社主催の「FABEX2018」(第21回ファベックス2018、第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展)が11~14日、東京ビッグサイトで開催され、近畿・四国エリアから82社が118小間を形成した。同時開催の「第…

  • 展示会

    ファベックスとデザート・スイーツ&ベーカリー展にダブル出展したフジッコ

    FABEX2018:フジッコ 幅広く洋風メニューも(2018.04.20)

     【関西】フジッコは、昆布製品を中心としたドライ商品は「ファベックス」に、カスピ海ヨーグルトを中心としたチルド商品は「デザート・スイーツ&ベーカリー展」にそれぞれ出展した。

     ファベックスでは、きざみ塩ふき昆布を調味料替わ…

  • コラム

    胃心伝真=経済効果(2018.04.18)

     18年度のプロ野球ペナントレースが始まった。わが広島カープの夢の3連覇へ向けた長い戦いがスタートした▼好不調の波を乗り越えて秋には美酒に酔いしれたいところだが、ここのところのチケットの入手困難な状況には閉口するばかりだ▼昨シーズンの…

  • ニュース

    CM総合研究所、17年度企業別好感度ランキングを発表 日清食品が自己最高スコア獲得(2018.04.18)

     CM総合研究所はこのほど、2017年度CM好感度ナンバーワン企業「ベスト・アドバタイザー」として、ランキング上位の顔触れを発表。併せて、前年度からCM好感度の順位を飛躍的に伸ばした「躍進企業」も公表した。

     CM好感度は…

  • セミナー・催し物

    竹田クニ氏

    FABEX2018:主催者特別セミナー=外食産業テーマ 最新技術で人の力活用(2018.04.18)

     FABEX2018の主催者特別セミナーで、ケイノーツの竹田クニ社長は「変『質』する市場、『食』の大競争時代をいかに戦うか?~マーケットの読み方と付加価値の高め方~」と題した講演を行った。外食産業は「デジタルとテクノロジーを活用して生…

  • 新刊紹介

    新刊紹介:林茂著『和食で愉しむイタリアワイン』(2018.04.18)

     和食にこそイタリアワインを、寿司・天ぷら・懐石料理・京都おばんざい・すき焼き・ウナギ・鉄板焼き・しゃぶしゃぶ・焼き鳥・串揚げ・鳥料理など和食にイタリアンをどう合わせるか。イタリアの主なブドウ品種を取り上げながら、品種別の料理の合わせ…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会「ゲノム編集技術の現状と課題」テーマに開催(2018.04.18)

     日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は、3月6日に東京・秋葉原で「ゲノム編集技術の現状と課題」をテーマに開催した。日清製粉グループ本社・原田隆常務取締役が座長を務め、同会員など約40人が参加した。講演は(1)農研機構生物…

  • セミナー・催し物

    収量性向上を目指したゲノム編集イネ系統の野外栽培(つくば市・農研機構)

    食品ニューテクノロジー研究会講演:農研機構生物機能利用研究部門 上級研究員・小松晃氏(2018.04.18)

     ◆私たちの、そして世界の食生活を支える品種改良 ~従来の品種改良からゲノム編集まで(穀類を中心に)~

     近年、遺伝子の目的とする箇所にのみ特異的に塩基配列を書き換える(編集する)ことができる「ゲノム編集技術」が注目され、…

  • セミナー・催し物

    食品ニューテクノロジー研究会講演:筑波大学生命環境系・江面浩教授(2018.04.18)

     ◆ゲノム編集技術を活用した農作物の改良―トマト―を事例に

     新しい品種改良の方法として、ゲノム編集技術が注目されている。品種改良は人にとって有用な方向に農作物を変える営みであり、持続的な食料生産を続けるには不可欠の作業だ…

  • セミナー・催し物

    内装、外観を日本的繊細な美しさを表すデザインにした新オフィス

    日本能率協会、新オフィス内覧会を開催(2018.04.18)

     日本能率協会(JMA)は12日、報道各社を集めて新オフィス内覧会を実施した。新オフィスは1964年に建設された旧オフィスをリノベーションしたもの。「人の能力」「設備の性能」「材料の機能」というJMAが培ってきた資産を継承するため、新…

  • 統計・分析

    国内加工食品市場はプラス成長 22年22兆8626億円へ 富士経済調べ(2018.04.16)

     2022年の国内加工食品市場は22兆8626億円に拡大する--。富士経済が17年8月から6回に分け調査してきた27カテゴリー411品目の国内加工食品の市場調査結果を総括分析し、22年までの将来を展望した。17年から22年の年平均成長…

  • セミナー・催し物

    食品産業文化振興会、齋藤農水大臣を迎え「ご講演・朝食交流会」5月14日開催(2018.04.16)

     日本食糧新聞社主催の食品産業文化振興会は、齋藤健農林水産大臣を迎え、5月14日に東京・ホテルニューオータニで、「ご講演・朝食交流会」を開催する。

     ▼会合名=食品産業文化振興会▼日時=5月14日(月)午前7時45分~9時…

  • コラム

    胃心伝真=春来たりて(2018.04.16)

     「歳月人を待たず」月日のたつのは早いことを示しているが、「光陰矢のごとし」という難解な言葉もある。目まぐるしく変わる日々に時を忘れることを意味している▼本当はかくありたいと思いながら流されていく日々を送っている。その中でも確実に四季…

  • 新刊紹介

    日本食糧新聞社、『2018年版食品業界ビジネスガイド(食糧年鑑)』好評発売中(2018.04.16)

     日本食糧新聞社発行の『2018年版食品業界ビジネスガイド(食糧年鑑)』が完成しました。本書の「資料・統計編」は、2017年の食品産業界の総括および12業種108品目の業界別動向記事や、物価と家計消費の動き、食料需給表、家計調査、工業…

  • セミナー・催し物

    佐賀県、蔓餃苑コラボ第2弾 有明の珍魚堪能ツアー募集(2018.04.16)

     佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガサプライズ!」の一環として、日本で最も予約が取りにくい会員制ギョウザ店「蔓餃苑(まんぎょえん)」とのコラボレーション企画の第2弾「パラダイス山元さんと行く珍魚苑ツアーin佐賀」が開催さ…

  • セミナー・催し物

    来場者は家族連れが多く、無農薬野菜やクラフトなどを楽しそうに見て回っていた

    大泉工場、地域活性化目指し「マーケット」開催(2018.04.16)

     大泉工場は7、8の両日、本社敷地内にこばやし農園、えがおファームなど有機栽培農家11社をはじめ、約50社の出店者を集め、埼玉県川口市領家地区活性化イベント「アルチザン ファーマーズ マーケット」を開催した。2日間で約1400人が来場…

  • 展示会

    未来ビジネスの芽をつかむ出会いの場

    「FABEX2018」きょうまで 初日は2万5099人(2018.04.13)

     東京ビッグサイトで開催中の日本食糧新聞社主催「FABEX2018」(第21回ファベックス2018、第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展)と、「第6回食品&飲料OEMマッチングEXPO」はきょう最終日を迎える。

     麺産…

  • コラム

    胃心伝真=八丁味噌(2018.04.13)

     14年にスタートしたGI(地理的表示保護制度)を巡り「八丁味噌」が騒動の渦中にある。「八丁味噌」といえば、愛知県岡崎市の老舗2社を思い浮かべるが、農林水産省はより一般的な製法をとる愛知県味噌溜醤油工業協同組合の申請を登録した。経緯は…

  • ニュース

    カネカ、小麦の品種改良短期化 ゲノム編集技術を開発(2018.04.13)

     カネカはこのほど、小麦の品種改良を短期化するゲノム編集技術「インプランタゲノム編集技術」を開発した。国立研究開発法人である農業・食品産業技術総合研究機構研究員の今井亮三主席との共同によるもので、小麦などの有用品種の開発を大幅にスピー…

  • ニュース

    ユーグレナ社、原料エキスを規格化 飲料や食品用途拡大(2018.04.13)

     ユーグレナ社は9日、微細藻類ユーグレナを用いた新たな食品原料として、「食品用ユーグレナエキス」を規格化したと発表した。

     原料として品質基準を定めることで、新たな食品原料として訴求する。

     食品用ユーグレナエ…

  • ニュース

    新潟県中小企業団体中央会ものづくり支援センター、ものづくり補助金申請促す(2018.04.13)

     中小企業の投資を後押しする「ものづくり補助金」の公募が今月27日に締め切られる。それを前に、新潟県中小企業団体中央会ものづくり支援センターが、県内各所で同補助金の仕組みやメリットを企業担当者に紹介する説明会を開催、県内中小企業に申請…

  • 統計・分析

    2月家計調査 消費支出0.9%減(2018.04.13)

     総務省が発表した18年2月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は26万5614円だった。物価変動の影響を除いた実質で前年同月比0.9%(変動調整値)減少した。名目は0.9%増だった。惣菜・外食などを含む…

  • ニュース

    日清ペットフード、犬用アレルギー対応療法食発売(2018.04.13)

     日清製粉グループの日清ペットフードは、国産療法食「JPスタイル ダイエティクス」ブランドから、犬用食物アレルギー対応療法食おやつ「アレルゲンセレクトカット おやつキューブ」(写真)を9日に新発売した。

     同品は、食物アレ…