日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「“日本の食品”輸出EXPO」説明会に400人以上参加 農水・ジェトロが全面協力

展示会 2017.05.26 11529号 01面

企業の社長クラス70人も参加した説明会

 東京・丸の内のJPタワー・ホール&カンファレンス「KITTE」で10月11~13日まで千葉・幕張メッセで開催する「“日本の食品”輸出EXPO」の説明会を、展示会ビジネスを展開するリードエグジビジョンジャパンが24日開いた。出展募集は300社だが、説明会には400人以上が参加した。そのうち約70人が企業の社長クラスという。(伊藤哲朗)

 “日本の食品”輸出EXPOは、2019年に農林水産物・食品の輸出額1兆円の実現に向けて、農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)の全面協力の下...続きを読む

その他

  • 展示会

    企業の社長クラス70人も参加した説明会

    「“日本の食品”輸出EXPO」説明会に400人以上参加 農水・ジェトロが全面協力(2017.05.26)

     東京・丸の内のJPタワー・ホール&カンファレンス「KITTE」で10月11~13日まで千葉・幕張メッセで開催する「“日本の食品”輸出EXPO」の説明会を、展示会ビジネスを展開するリードエグジビジョンジャパンが24日開いた。出展募集は…

  • セミナー・催し物

    「食品技術者養成学校」第16期受講生を募集(2017.05.26)

     食品製造現場の監督者、中堅幹部候補者、製造や品質管理の担当者、生産委託先工場の管理指導者などを対象に、食品工場の改善活動の推進に不可欠なリーダーシップを持ち、必要な知識と技術を兼ね備えた“食品技術者”を養成します。

     修…

  • コラム

    胃心伝真=好みのご飯(2017.05.26)

     コメ離れは深刻だが、新精米法で栄養機能性に優れるコメや新たな用途を創造する多様な加工品が誕生し、話題に上る▼中でも日本生まれの「ライスバーガー」ビジネスを米国カリフォルニア州で展開するコメ卸最大手の神明は、日本に逆輸入し、グループで…

  • 統計・分析

    介護食作り、約7割「大変」 日清オイリオグループが実態調査(2017.05.26)

     日清オイリオグループはこのほど、在宅介護(要介護1~3)の家族を対象に「介護食作りに関する実態調査」を実施し、その結果をまとめた。約7割の家族が介護食作りを「大変」と回答しており、65%が食事作りに関して専門家の指導を受けていないこ…

  • 統計・分析

    日食笑味川柳(2017.05.26)

     ・真っすぐに アスパラ伸びて 五月晴れ

     ・日本の 食材魅力と 世界の目

     ・咀嚼の字 書けずこの頃 憂鬱に

     ・我が家では 生前退位 かなり前

     ・霊園や 老人ホームの 増える広告<…

  • セミナー・催し物

    農水省、FOOMA特別講演会開催 JAS規格の新たな活用法テーマに(2017.05.26)

     農林水産省は6月16日、午前11時と午後1時30分の2回、東京都江東区の東京ビッグサイト東8ホールの商談室でFOOMA特別講演会を行う。テーマは「自社の魅力をJAS規格でアピール!!~新たなJAS規格の活用方法~」。JAS規格の新た…

  • セミナー・催し物

    マーケティング本部健康食品事業部 向山嘉一氏

    ファンケル、ダイエットセミナー開催 「大人のカロリミット」機能性表示食品に(2017.05.26)

     ファンケルは、「大人のカロリミット」が6月20日から機能性表示食品になることに合わせ、18日に東京・ファンケル銀座スクエアで「脱!頑張るダイエット」セミナーを開催した。

     同社が長年のダイエット研究で着目しているのは、カ…

  • 展示会

    さまざまな手法で商品の魅力を紹介

    第6回「ふれあいクッキング☆スタジアム」一押し多彩に 食とライフスタイル提案(2017.05.26)

     日本食糧新聞社主催のBtoCの展示会「第6回ふれあいクッキング☆スタジアム」が4月27~29日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト東4ホールで開催された。

     「第2回漬物グランプリ2017」「第10回ホビークッキングフ…

  • ニュース

    景表法違反・不当な原産国表示、故意・過失なくも措置命令 再び事業者周知徹底(2017.05.24)

     景品表示法に違反する不当表示は、事業者側に故意・過失がなかったとしても措置命令が行われる--。行政の担当官は、業界団体主催の総会に事業者が集まる機会をとらえて、法令などの周知徹底を図っているが、17日に新潟市で開かれた新潟県漬物工業…

  • コラム

    胃心伝真=直虎(2017.05.24)

     NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、戦国時代に数奇な運命に翻弄(ほんろう)されながらも、「井伊」の家督を後世につなぐ大きな役割を担った女城主の物語だ▼主人公の「井伊直虎」は、遠江・井伊谷(現在の静岡県浜松市)の領主(井伊谷城主…

  • 展示会

    左から若槻勲北おおさか信用金庫理事長、志賀英晃近畿経済産業局産業部長、松浦宏大阪彩都総合研究所社長

    北おおさか信用金庫、「きたしんうまいもん市」開催 隠れた逸品をPR(2017.05.24)

     【関西】北おおさか信用金庫は12、13日、大阪彩都総合研究所と共催で、北大阪の隠れた逸品・名品をPRするイベント「きたしん うまいもん市~食の彩展in北おおさか」を大阪市北区のハービスHALLで開催した。6回目となる今回は特徴ある和…

  • ニュース

    森永製菓、「トレーニングラボ」で堀琴音と個人契約 栄養指導などサポート(2017.05.24)

     森永製菓は18日、女子プロゴルファーの堀琴音選手と同社が運営するトレーニングラボにおけるコンディションづくりのためのトレーニングと栄養指導について個人契約を締結したと発表した。

     堀プロは、2016年日本女子オープン2位…

  • コラム

    胃心伝真=順応力(2017.05.22)

     わが社には野球部がある。チーム名は「トリアエズ」という。もちろん練習もする。昨年はキャッチボールをしただけで、翌日は肩に激痛が走った。今年も覚悟して半年ぶりにボールを握ったが、翌日はちょっと肩が張った程度だった▼数年前、フルマラソン…

  • 連載

    休日で歩行者天国のパウリスタ大通り(サンパウロ)

    世界に羽ばたく日本の食 外務省「食産業担当」現地ルポ(11)ブラジル(2017.05.22)

     ◇日系移民が育み、現地生産進む

     日本の農林水産物や食品の輸出先として考えた場合、ブラジルの最大のハードルは、煩雑な手続きや複雑な税制、国内物流システムの未整備などのいわゆる「ブラジルコスト」と呼ばれるものであろう。一方…

  • セミナー・催し物

    中野勘治会長

    食品経営者フォーラム開催 中野勘治氏が講演 企業は進化必要(2017.05.22)

     食品産業文化振興会の中野勘治会長は、日本食糧新聞社主催の食品経営者フォーラム5月定例会で「変化する国際化と日本の食品流通業界の新視点、過去の常識が通用しない時代~バリューチェーンとニュースタンダード~」のテーマで講演し、「第4次産業…

  • ニュース

    「赤0」マーク付き商品のパッケージ(右は表示部分拡大)

    ニュートリー、スマイルケア食投入 「赤0」マーク3種9品(2017.05.22)

     ニュートリーは、6月から主に全国の病院・介護施設で利用されている「プロッカZn(ゼットエヌ)」「アイソトニックゼリー」「ブイ・クレスゼリー」の3種9品目で農林水産省スマイルケア食「赤0」マーク付き商品を順次出荷する。

     …

  • ニュース

    スタンドタイプ(左)からBOXタイプの新型容器へ

    ニュートリー、手間減らす新型容器「イノボックスOR」 嚥下補助食品の競争力強化(2017.05.22)

     ニュートリーは、三重県四日市本社と隣接する敷地に新工場を建設・稼働させ、4月から新型容器「イノボックスOR」で、とろみ材・ゲル化材「ソフティア」シリーズの出荷を開始した。投資額は16億円。

     とろみ材、ゲル化材のオリジナ…

  • コラム

    胃心伝真=さとうとしお(2017.05.19)

     17年の最優秀川柳は「手相より血圧計で知る未来」、キャンペーン動画は「戦国キッチン 命は一度きり」。日本高血圧学会の減塩啓発は明るく、笑いを誘う▼社会全体での低血圧の価値共有に向けて、上から目線でない施策が揃う。第2回の川柳・標語は…

  • ニュース

    プレミアム高麗人参マカ45粒〈アルミ袋〉

    バイオ・サプリ、プレミアム高麗人参マカを発売(2017.05.19)

     健康食品通信販売事業者のバイオ・サプリは、このほどマカの中でも鉄分とアントシアニンが豊富なモラーダ種粉末を配合した健康補助食品「プレミアム高麗人参マカ」(90粒入〈瓶〉税込み8640円、45粒入〈アルミ袋〉同4320円)を新発売した…

  • ニュース

    埼玉西武ライオンズの自主開催(2016年)

    「WFPウォーク・ザ・ワールド」自主開催の輪広がる 今年は長崎など4ヵ所(2017.05.19)

     途上国の子どもたちを支援し、教育機会の増加と飢餓の撲滅を目指す国連WFPのチャリティーイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド」を自主開催する取組みが日本全国で広がっている。

     「WFPウォーク・ザ・ワールド」は、国連WF…

  • セミナー・催し物

    4000人以上が参加した第12回「WFPウォーク・ザ・ワールド」

    国連WFP、横浜「第12回ウォーク・ザ・ワールド」に4439人が参加(2017.05.19)

     国連WFP協会は14日、横浜みなとみらい地区で恒例のチャリティー・イベント「WFPウォーク・ザ・ワールド」を開催した。同イベントの開催は今回で12回目、気温20度Cとウオーキングに最適な陽気となった会場には4439人が参加した。28…

  • セミナー・催し物

    第15回四国・食品産業文化振興会定例セミナー「マルナカの戦略」6月15日開催(2017.05.19)

     〈テーマ〉“ベストローカル”としてあり続けるマルナカの戦略

     〈講師〉株式会社マルナカ 取締役営業本部本部長 川田直樹氏

     〈開催日時〉6月15日(木)午後2時から

     〈会場〉高松国際ホテル・新館…

  • コラム

    胃心伝真=人手不足(2017.05.17)

     現在および将来に向けての人手不足を懸念して、事業制度の変更や独自の人事制度を導入する企業が増えている▼これまで年中無休で事業を行ってきた企業が定休日制を導入したり、介護休暇を認める企業も現れた。また、新入社員確保のため、学生に奨学金…

  • 展示会

    「東北復興水産加工品展示商談会2017」仙台で6月6~7日開催 商品のブラッシュアップ期待(2017.05.17)

     6月6~7日、仙台国際センター展示棟で「東北復興水産加工品展示商談会2017」が開催される。東日本大震災からの復興を目的に、被災地域の水産加工業者115社が出展し、販路拡大・情報発信を図る。出展者らは、商談のための具体的なノウハウを…

  • インタビュー

    上野登氏

    FABEX2017:FBCインターナショナル・上野登氏に聞く 第2期ラテアート時代(2017.05.17)

     米国・シアトル発祥で世界最大のフリーポアー・ラテアート大会。その世界大会が日本で初めて開催されたのが2014年の「第11回デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展」。シロップやピックなどの道具を使わず、ミルクを蒸気で温めたスチーム…

  • セミナー・催し物

    準優勝・田中大介氏の作品

    FABEX2017:コーヒーフェスト ラテアート世界選手権第4回東京大会 田中大介氏が準優勝(2017.05.17)

     「コーヒーフェスト ラテアート世界選手権 第4回東京大会」が4月12~14日、第14回デザート・スイーツ&ベーカリー展「カフェ&ドリンクExpo」会場内特設ステージで開催された。世界16ヵ国280人の応募の中から、予選を勝ち抜いた1…

  • セミナー・催し物

    前列中央は優勝の高木真理子氏、後列右端が稲村省三会長

    FABEX2017:ヴァンドゥーズコンクール開催 稲村会長「協会活動に意欲」(2017.05.17)

     「第14回 デザート・スイーツ&ベーカリー展」で4月12日、「第2回全日本ヴァンドゥーズコンクール」が実施され、全日本ヴァンドゥーズ協会推薦・選抜の5人のヴァンドゥーズがラッピングと接客技術の腕を競い、高木真理子氏が優勝した。

  • ニュース

    バイヤー必見!!近畿・中国・四国を本拠地とするメーカー夏季の新製品・いち押し商品(2017.05.17)

     右ページはここ10年間の食品界の商品、出来事の一部を写真で掲載したものである。

     10年一昔と言われた時代があったが、今や環境の変化、IT技術など科学の進展はめざましく、そのスピードは早くなっている。環境も人口の高齢化、…

  • ニュース

    日本産食材・酒類の海外販売、公式認定200店突破(2017.05.15)

     海外で日本産の食材や酒類を使用・販売する飲食店、小売店のうち、農林水産省の定めた指針などに基づき接客などを通じて顧客に日本産食材や日本産酒類の魅力や特徴を伝える公式認定の「日本産食材サポーター店」が209店と200店を突破した。日本…

  • ニュース

    奥野長衛会長

    GAP、まずは教育 JA全中・奥野会長「必要認識している」(2017.05.15)

     全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は11日、定例の記者会見で適正農業規範(GAP)について、「必要性を認識している」として「各農協や生産部会へ教育が必要」と考えを示した。自民党・農林水産業骨太方針実行プロジェクトチーム…