東北乾物・乾麺特集

東北乾物・乾麺特集:山形屋商店 簡便即食向け追求 アフター見据え新商品

冷凍・チルド 2021.07.28 12267号 07面

 仙台麩で知られる山形屋商店の4月期決算は減収減益となった。諸経費の見直しがあって減益幅は改善された。コロナ禍で内食需要が伸びているとはいえ、観光土産の不振、催事中止、帰省客減少が響いている。さらに近年力を入れてきた業務用が厳しく、市販用増加の足を引っ張っている。ただ、さまざまな可能性を秘めている仙台麩の挑戦が続いている。
 商品開発ではアフターコロナを見据え業務用向けの商品を開発、業務用卸などから改良点など意見を聞いている。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 東北乾物・乾麺特集

    総合

     ●コロナ禍“簡単”乾物品揃え 健康面から肉代替商品に期待 原料事情が悪化し、販売も低迷が続いていた乾物が昨年度は前年を上回ったというメーカー、卸、小売が多い。コロナ禍での食生活の一端がうかがえる。コープ東北サンネット事 […]

    詳細 >