即席味噌汁特集

即席味噌汁特集:20年POSデータ分析 2強がけん引 アサヒグループ食品に存在感

味噌・醤油 2021.04.12 12213号 04面

 日本食糧新聞社が代理販売するPOSデータ(KSP-SPが独自に集計し、流通システム開発センターを通じて収集された全国975店舗から構成されたデータ)を分析し、コロナ禍に揺れた2020年通期(1~12月)の即席味噌汁・お吸い物の売上げランキングを作成した。永谷園とマルコメが“2強”を形成する中、個食ニーズを取り込んだアサヒグループ食品が存在感を示した。
 1~10位では永谷園が7品ランクイン。定番の「あさげ」「ゆうげ」に加え、「松茸の味お吸いもの」など

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 即席味噌汁特集

    即席味噌汁特集

    味噌・醤油

     2020年の即席味噌汁市場は、コロナ禍に伴う内食回帰の影響で大きく伸長した。市場をけん引するのはフリーズドライ(FD)商品。個食タイプはもちろんアソートタイプやカップ味噌汁などさまざまなバリエーションが増えてきた。一方 […]

    詳細 >