缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集:瓶詰=海苔佃煮・ジャム増 原料状況好転見られず

びん・缶詰 2020.09.18 12116号 07面

 瓶詰は主力のジャム、海苔佃煮がともに増大して推移している。19年までは減少続きで停滞。20年はコロナ対策の内食増が追い風になり、一転して大幅に規模を拡大した。課題の原料状況は大きく変わらず、需要増に応え続けられるかが懸念材料。調味料使いといった価値向上を通じて収益改善、市場継続を探りたい。
 ジャムは朝の欠食率の高止まりと糖質制限、海苔佃煮はご飯食の長期停滞で縮小傾向にあった。市場は一変させたのが2月末からの新型コロナ対策。ウイルス感染を防ぐ外出自粛

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 缶詰・瓶詰・レトルト食品特集

    びん・缶詰

     缶詰・瓶詰・レトルト食品市場の20年は、新型コロナウイルスの影響によりかつてない需要の急変に見舞われている。需要急増がピークとなった3~4月の混乱期は受注と生産・輸入業務に追われ、製配販ともに多忙を極めた。規模の面から […]

    詳細 >