日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 機械・資材・IT

    ウエノフードテクノ、高い洗浄・除菌力「バントロポールT」発売 対EU輸出水産食品施設で使用可(2018.01.31)

     【関西】ウエノフードテクノはこのほど、対EU輸出水産食品取扱施設で使用できる洗浄・除菌剤「バントロポールT」(写真)を発売した。「バントロポールT」は食品腐敗の原因となる耐熱性菌や、陽性界面活性剤に抵抗性がある細菌にも十分な除菌力を…

  • 調味

    来場者から好評を得た「朝市汁」

    カゴメ、三崎朝市協組と「朝市汁」を共同提案 魚臭抑え減塩実現(2018.01.31)

     カゴメは、三崎朝市協同組合(神奈川県三浦市)と共同で、同組合が開催する三崎朝市メニューの「まぐろ汁」にトマトケチャップを隠し味として使用することで、マグロの魚臭さを抑え、減塩を実現した「朝市汁」としてメニュー提案を行い、14日に開催…

  • 調味

    「緑キャップ」シリーズ4品目となる「マンゴードレッシング」

    キユーピー、緑キャップ4品目に「マンゴードレッシング」発売(2018.01.31)

     キユーピーは2月2日から、果実酢と果汁の組み合わせで野菜本来の風味を引き立てる「緑キャップ」シリーズから「マンゴードレッシング」を全国発売する。

     「緑キャップ」4品目となる新アイテムで、シリーズで訴求している「パワーサ…

  • 小売

    堀内淳弘代表

    CGC商品施策、5カテゴリー重点展開 共配強化しPC挑戦(2018.01.31)

     CGCグループ(本部=シジシージャパン)は、18年度の商品施策として五つのカテゴリーに重点を置く。中南米、冷凍食品、米飯商品、雑貨、サラダ関連商品で商品開発や販売を強化する。包装の適正化も進め、環境配慮や物流、陳列での効率化を図る。…

  • 小売

    「スペシャルプライス」のPOPで価格訴求

    ヨークベニマル「日立河原子町店」、広域対応の価格戦略 海沿い克服へ(2018.01.31)

     ヨークベニマルは19日、茨城県日立市に売場面積693坪(2292平方m)の日立河原子町店を開設した。国道に面した商業集積の核店舗で、ダイソーやサンドラッグのほか、温浴施設も隣接している。市内3店目で、南北に位置する既存店の空白地域を…

  • 小売

    澤田貴司社長(中央)

    ファミリーマート、フィットネス事業1号店で集客効果検証(2018.01.31)

     ファミリーマートはフィットネス事業の1号店「Fit&GO」大田長原店(東京都大田区上池台1-43-2)を2月14日に開店し、集客で相乗効果を検証する。併設のコンビニエンスストア(CVS)を利用する主要客と近いため、親和性が高いと判断…

  • 小売

    ローソン、鍵の受け渡しに店舗活用(2018.01.31)

     ローソンは、店舗の新たな機能として鍵の受け渡しサービスを開始した。キーカフェ・ジャパンとの協業によるもので、店内に専用のキーボックス端末を設置する。1号店として22日、GINZA SIX店(東京都中央区)に19個の保管庫を備えたボッ…

  • 小売

    ローソン、木質建築材で省エネ化(2018.01.31)

     ローソンは19日、国産杉の直交集成板(CLT)を店舗の構造部分や内装に使用した環境配慮モデル店を群馬県館林市に開設した。CLTは木目を直交させた木版を複数重ねたもので、強度の高さと断熱性に優れている。コンビニ店舗に使用した初めてのケ…

  • 小麦加工

    安藤徳隆社長

    日清食品、新シニアへ需要創造 ロングセラー進化も(2018.01.29)

     日清食品の安藤徳隆社長は、「主力ロングセラーブランドをさらに進化させると同時に、次世代ユーザーの若者や新世代シニアに向けた需要創造をしっかりと行って即席麺市場全体の活性化、さらに創業100周年に向けてブランドに磨きをかけて100年ブ…

  • 調味

    ハウス食品グループ本社、プライベートファンド設立 事業シナジー期待(2018.01.29)

     ハウス食品グループ本社は24日、SBIホールディングスの100%子会社SBIインベストメントと共同で、プライベートファンド「ハウス食品グループイノベーションファンド」を設立した。規模は50億円で、運用期間は5年。1号案件として生産者…

  • 小売

    楽天、ウォルマートと提携 西友と合弁でネットスーパー(2018.01.29)

     楽天とウォルマート・ストアーズ・インクは26日、日本と米国における業務提携を発表した。日本では、ネットスーパー事業の新会社をウォルマート子会社の西友との合弁で3月に設立する。合弁会社は7~9月をめどに「楽天西友ネットスーパー」を開始…

  • 小売

    ユニー、PB商品のパッケージに水性グラビア印刷採用 環境配慮で切替え(2018.01.29)

     【中部】ユニーはプライベートブランド(PB)商品のパッケージに水性グラビア印刷を採用し、15日から順次切り替えを行っている。従来の油性グラビア印刷と比べ、有機溶剤削減と労働環境問題の改善が期待でき、パッケージを作る側も買う側も「健康…

  • 酒類

    新商品の「ボタ・ミニ」を手に持つ福北耕一マーケティング第四部長

    アサヒビール、ワイン単価を底上げ 入門者、中高価格帯へシフト(2018.01.29)

     アサヒビールのワイン事業は18年、中高級ワインの販売を強化し、単価の底上げを図る。主力ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」で初となる上級品を投入するほか、これまで手薄だった有機ワインなど中高級帯の品揃えを大幅に拡充。低価格のチリ産ワ…

  • 小麦加工

    エースコック、「スーパーカップ」30周年でボンカレーとタイアップ(2018.01.29)

     エースコックは22日、発売30周年を迎える「スーパーカップ1.5倍」の新春第1弾商品として発売50周年を迎える大塚食品「ボンカレー」とのタイアップ商品を発売した。

     村岡寛社長は、東京都内で開かれた発表会で「当商品は世界…

  • 小麦加工

    おけがわマイン店頭で水上幸重社長(右端)と杉村壽哉副社長(左端)

    サンヨー食品、恒例の「カップスター」店頭販売を展開(2018.01.29)

     サンヨー食品は、18日に発売43年目を迎えた主力カップ麺「サッポロ一番 カップスター」を中心とした年明け恒例の店頭販売プロモーションを1月中旬から2月初旬まで全国15企業16店舗で展開。20日には埼玉県桶川市の東武ストアおけがわマイ…

  • 冷凍・チルド

    新商品2品を持つ星野創取締役常務執行役員食品営業本部本部長

    イートアンド・18年春夏商品 「日本の餃子をより多彩に、より楽しく」(2018.01.29)

     【関西】イートアンドは18年春夏の家庭用調理冷食を新3品・リニューアル10品、ドライ品を新2品・リニューアル1品を2月末から順次発売する。新商品はすべて大阪王将ブランド。

     星野創取締役常務執行役員食品営業本部本部長は1…

  • 調味

    新ブランド「&Bull-Dog」などの新商品群

    ブルドックソース、時代の変化に対応 「新たな展開へ」(2018.01.29)

     昨年創業115周年を迎えたブルドックソースは時代の変化に対応し、新たな一歩を踏み出す。新容器の採用や新商品に加え、ブルドックソースで新ブランドを展開する。また館林工場に総投資額28億円を投じ生産能力を40%アップさせ、2月から本格稼…

  • 農産加工

    小山典宏理事長

    雑賀技術研究所、「食の3重丸」30年に3000品目 国産農産物自給率向上目指す(2018.01.29)

     雑賀技術研究所は17日、東京都内の八芳園で「食の3重丸」方針発表会を開催し、18年度57社95品を30年には3000品を目指すと発表した。「食の3重丸」は09年に国産農産物の自給率向上、環境負荷軽減、食の安全・安心を主な目的にスター…

  • その他

    「恋する鯉丼」と「鯉のあらい」

    郡山市、ヤフー本社の社食にコイ料理 食の連鎖効果期待(2018.01.29)

     福島県郡山市は18~19日、東京都千代田区のヤフー本社社員食堂「BASE11」で、特産品であるコイを使った特別メニューを提供した。

     これは、20日から郡山市内で開催する「鯉食キャンペーン“旬”」のプレイベントで、先頭に…

  • 菓子

    ギー・クレンザー氏

    サロン・デュ・ショコラ開催 「ルノートル」ブースでクレンザー氏が登場(2018.01.29)

     【関西】世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が20日に東京新宿NSビルでスタート。今年で2度目の登場となる「ルノートル」のブースは、書斎をイメージしたものとなった。

     キュイジニエ部門・トレトゥール部…